Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

Web会議システムは、インターネット環境と接続端末さえあれば、場所を問わずWebで会議をおこなうことが可能です。近年では、ビジネス環境の変化に対応したり、テレワークを促進したりするために、Web会議システムを導入する企業は増加傾向にあります。
当記事では、Web会議システム「Lite FreshVoice」の特徴や料金プラン、機能、「FreshVoice」との違いについて詳しく紹介します。Web会議システムを導入したいと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)とは

Lite FreshVoiceとは、エイネット社が提供している国産のWeb会議システムです。そのため、海外製品のサポート体制に抵抗がある方でも安心して利用することができます。また、Lite FreshVoiceには、セキュリティ保険が付いているのが大きな特長です。

さらに、ブラウザ型のWeb会議システムであるため、アプリをインストールする必要がありません。メールアドレスを登録する必要もないため、誰でも簡単にWeb会議に参加することができます。会議主催者がアカウントを新しく作成し、Web会議に参加するためのURLを参加者に送付すれば、Web会議を開催することが可能です。

このように、Lite FreshVoiceでは、セキュリティについて心配することなく、手軽にWeb会議をおこなうことができます。また、クラウド型だけではなく、オンプレミス型など、自社の環境にあわせてWeb会議システムをカスタマイズすることも可能です。

Lite FreshVoiceの特徴

ここでは、Web会議システム「Lite FreshVoice」の特徴について詳しく紹介します。

万全のセキュリティ設計で安心

Lite FreshVoiceはブラウザ型のWeb会議システムであり、最新バージョンのGoogle Chromeブラウザを使用すれば、Chromeを基盤として通信が暗号化されるため、セキュリティ面は十分に担保されます。

また、スマホやPCにアプリをインストールする必要がないことで、セキュリティ強度は、アプリ型のWeb会議システムと比べると高いです。なお、対応ブラウザは、原則としてGoogle Chrome・Microsoft Edge・Safariです。

さらに、Lite FreshVoiceには、すべてのアカウントに対して、セキュリティ保険が付いているのが特徴です。情報漏洩によって損害賠償が発生した場合には、1,000万円までの補償を受けることができます。

このように、Lite FreshVoiceは、セキュリティ体制がしっかりしているため、企業間や社内で重要な情報をやり取りする際でも、安心してWeb会議をおこなうことが可能です。

海外からも参加しやすい

Lite FreshVoiceの使い方は非常にシンプルで、参加者は事前登録が不要なため、誰でも簡単にWeb会議に参加することができます。また、ブラウザ型のWeb会議システムで、端末に依存しないため、インターネット環境とPCやスマホなどの接続端末があれば、場所を問わずWeb会議に参加することが可能です。

したがって、海外からでもスムーズにWeb会議に接続することができます。さらに、Lite FreshVoiceには、言語変更機能があるため、外国の方にも配慮したWeb会議をおこなうことも可能です。

感覚的な操作で簡単に使える

Lite FreshVoiceは、直感的にWeb会議画面を操作できるのが特徴です。そのため、パソコン操作を苦手としているような従業員でも、安心して簡単に使用することができます。

また、参加者であれば、共有されたURLにアクセスするだけで、Web会議に参加することが可能です。Web会議主催者を除いて、事前登録が不要な点も特徴といえます。

FreshVoiceとの違い

FreshVoiceとは、Lite FreshVoiceと同様にエイネット社が提供しているアプリ型のWeb会議システムです。最大同時接続数について、FreshVoiceが250拠点であるのに対して、Lite FreshVoiceは15拠点が推奨されています。

Lite FreshVoiceでは、アプリをインストールする必要はないため、簡単にWeb会議を始めることができます。

価格・料金プラン

Lite FreshVoiceでは、IDとURLの契約数が増加するほど、料金が加算される仕組みとなっています。IDとは、Web会議のアカウント管理者のことであり、参加人数とは関係ありません。またURLとは、会議室のことを指します。

たとえば、同じ時間帯に1人で2つのWeb会議を同時進行したい場合には、IDは1つ、URLは2つ必要です。また、3人が同じ時間にWeb会議を開催したい場合には、IDは3つ、URLは1つ必要です。
Lite FreshVoiceには、14日間の無料トライアル期間が用意されているので、導入を検討している方は、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

プラン名
初期費用11万円
月額費用16,500円~(1ID,1URL)
補足初期費用コロナウイルス対策緊急キャンペーンで9/30まで無料

機能一覧

Lite FreshVoiceには、管理者画面と通話画面でそれぞれ利用できる機能があります。

管理者画面の機能には、会議室の作成・削除機能や招待URL機能、ノック機能、入退室ログ機能などがあります。参加する人数や参加者の特徴にあわせて、Web会議の設定を変更することが可能です。

一方、通話画面の機能には、画面で資料を共有できる機能や録音・録画機能、テキストチャット機能などがあります。

ブラウザ通話バーチャル背景
スマホアプリ通話通話前の設定確認・プレビュー
デスクトップアプリ通話表示レイアウト変更
画面共有字幕・翻訳
資料共有ダイヤルイン
ホワイトボード文字起こし
チャットQ&A
リアクション挙手
メモピクチャ・イン・ピクチャ(モバイル)
画面録画使用状況管理
録画共有グループ管理
アンケート権限割当
任意ルームID設定ビジネスチャット連携
ルームパスワード設定カレンダー連携
ブレイクアウトブラウザ拡張機能
背景ぼかしメール拡張機能

提供環境・技術情報

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS

ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

アプリ

問い合わせ

セキュリティ

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. 無料で使える経費精算システム6選|無料トライアルができるシステムも紹介!

  2. Web会議に役立つマイクスピーカー8選!少人数向け、大人数向け

  3. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  4. SATSIGN(サットサイン)の機能・価格・評判を紹介!

  5. 社内SNSアプリ10選!無料で使えるものも多数あり!

  6. 案件管理にはSFAが便利!メリットや案件管理に強い3つのシステムを徹底紹介

  7. リモートトークの特徴・価格・機能を紹介

  8. 【最新版】主要な電子契約サービス比較14選|価格や機能を紹介!

  9. アプリ対応CRMツール7選|無料や定番サービスの活用事例も

  10. CallTreeの特徴や魅力、料金プラン、機能一覧をご紹介