VQSコラボ Businessの機能・価格・評判を紹介!

テレワークなどのさまざまな働き方に対応するために、Webでもミーティングを快適におこないたいという企業が増えています。しかし近年では、数多くのWeb会議システムが登場しているため、どのようなシステムを選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。
当記事では、Web会議システム「VQSコラボ Business」の特徴や機能、導入が適している企業について詳しく紹介します。Web会議システムの導入を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

VQSコラボ Businessとは

VQSコラボ Businessとは、VQS社が提供しているWeb会議システムです。
高音質と通信の安定性を重視しており、スムーズで快適にWeb会議をおこなうことが可能です。

また、セキュリティ対策として暗号化技術「Camellia」が搭載されており、すべての通信が暗号化されるため、安心してWeb会議をおこなうことができます。
さらに、VQSコラボ Businessでは、15拠点で映像表示ができ、会議の視聴は16拠点でおこなえるため、合計で31拠点からWeb会議に参加可能となっています。

このように、VQSコラボ Businessには、Web会議に便利な機能が数多く搭載されているため、多拠点でのWeb会議でも問題なくコミュニケーションを取ることができます。

VQSコラボ Businessの特徴

ここでは、Web会議システム「VQSコラボ Business」の特徴について詳しく紹介します。

映像と音声のズレがないWeb会議

VQSコラボ Businessでは、音声符号化技術である「TwinVQ」が使用されています。そのため、高い圧縮率の状態で高音質を持続させられるので、実際に対面で話し合いをしている感覚で、Web会議をおこなうことができます。

また、VQS社は、映像と音声それぞれの信号のズレを補正するリップシンクにこだわったシステム開発をおこなっています。
このように、VQSコラボ Businessでは、映像と音声のズレを最小限に抑えたWeb会議をおこなうことが可能です。

アプリ型による通信の安定性

VQSコラボ Businessは、通信の安定性の観点からブラウザ型ではなく、アプリ型のシステムとして開発されているのが特徴です。

使用する通信帯域によっては、Web会議をおこなっているときに、電波干渉により通信が途絶えてしまうなどトラブルが発生する可能性があります。

しかしVQSコラボ Businessでは、使用する通信帯域を固定しているため、通信の安定性が高い状態を維持しながらWeb会議をおこなうことが可能です。

タブレットやスマートフォンからの利用も可能

VQSコラボ Businessは、WindowsやiOS、Androidといった、さまざまな端末に対応しているのが特徴です。そのため、PCだけではなく、タブレットやスマートフォンでもWeb会議に参加できます。

また、利用できるシステムはすべてクラウドで稼働しているため、ネット環境と端末を用意すれば、Web会議をおこなうことが可能です。

このように、VQSコラボ Businessは、さまざまな端末から簡単にWeb会議に参加することができるため、場所を問わずに利用ができます。

VQSコラボ Businessの導入が適している企業

ここでは、Web会議システム「VQSコラボ Business」の導入が適している企業について詳しく紹介します。

映像や通信の安定性を重視したい企業

VQSコラボ Businessの大きな特徴は、音声符号化技術である「TwinVQ」を採用している点や、リップシンクにこだわって開発されている点です。また、アプリ型のシステムによって通信帯域を固定させることで、通信の安定性が高められています。

これらの点から、映像や通信の安定性を重視したい企業は、VQSコラボ Businessの導入がおすすめです。

国産のシステムで安心して使いたい企業

VQSコラボ Businessは、VQS社が開発をおこなっている国産のWeb会議システムです。
また、セキュリティ対策として使用している暗号化技術「Camellia」も国産であるため、安心してWeb会議をおこなうことができます。

このように、国産の万全のセキュリティ設計のもとで、安心してWeb会議をおこないたいと考えている企業は、VQSコラボ Businessを導入するのがおすすめです。

価格・料金プラン

プラン 同時3接続の場合
初期費用 40,000円
月額費用 19,800円
補足 同時3接続以上の場合は問い合わせ

機能一覧

VQSコラボ Businessには、ホワイトボード機能や画面共有機能などのWeb会議に便利な機能から、効果音機能や投票機能などの独自の機能までさまざまあります。

効果音機能を使用すれば、「クイズ」「正解」「笑い」などのユニークな効果音を出すことができ、Web会議の参加者に一体感をもたせることが可能です。

また、投票機能を使用すれば、数字やアルファベットを利用した選択肢を作成し、Web会議の参加者に対して投票させることができるため、参加者の意見を聞きたいときなどに便利な機能です。

このように、VQSコラボ Businessでは、Web会議の参加者に対して、積極的な参加を促進できる機能が充実しているのが特徴です。

ブラウザ通話バーチャル背景
スマホアプリ通話通話前の設定確認・プレビュー
デスクトップアプリ通話表示レイアウト変更
画面共有字幕・翻訳
資料共有ダイヤルイン
ホワイトボード文字起こし
チャットQ&A
リアクション挙手
メモピクチャ・イン・ピクチャ(モバイル)
画面録画使用状況管理
録画共有グループ管理
アンケート権限割当
任意ルームID設定ビジネスチャット連携
ルームパスワード設定カレンダー連携
ブレイクアウトブラウザ拡張機能
背景ぼかしメール拡張機能

提供環境・技術情報

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

  • PC – Windows
  • PC – Mac
  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

公式サイトには連携についての記載がありません。
気になる方は直接、問い合わせをおこなってみてください。

セキュリティ

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. RICOH Unified Communication System(ユニファイドコミュニケーションシステム)の機能・価格・評判を紹介!

  2. 【法務DX】電子契約推進のカギは組織横断的コミュニケーションにあり #SaaS導入ストーリー(クラウドサイン×ウォンテッドリー)

  3. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  4. ワンズ営業日報の特徴・価格・機能を紹介!

  5. OSORAの機能・価格・評判を紹介!

  6. ちきゅうの特徴・価格・機能を紹介!

  7. DPS for Salesの特徴・価格・機能を紹介!

  8. Zoho Meetingの特徴・価格・機能を紹介

  9. PhantomIIの機能・価格・評判を紹介!

  10. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も