グルーフォース980の特徴・価格・機能を紹介!

グルーフォース980は、無料で利用をスタートできるSFAシステムです。徹底して営業担当の目線で設計されたSFAで、必要な機能を押さえつつ、誰でも使いこなせるシンプルな構成に仕上がっています。グルーフォース980の特徴や機能について、本記事で詳しく解説します。

グルーフォース980とは

グルーフォース980とは、アスペックス社が提供するSFAです。法人向け営業(BtoB)、個人向け営業(BtoC)のどちらの形態にも対応しています。顧客管理はもちろん、スケジュール管理や案件管理が可能で、各種レポート機能なども搭載されています。

グルーフォース980は、PCだけではなくスマートフォンからも利用できます。出先でも顧客情報を確認しやすいという点は、グルーフォース980の大きな強みでしょう。まずは「試験的にSFAを導入してみたい」「手軽に使えるSFAを探している」という企業は、ぜひグルーフォース980を検討してみてください。

グルーフォース980の特徴

グルーフォース980の特徴は、お手頃な料金プランとモバイルデバイスに対応しているSFAである点です。ここからは、グルーフォース980の特徴を3点紹介します。

20以上の機能を無料で利用できるSFAシステム

グルーフォース980は、20以上の機能を2IDまで無料で利用できるSFAシステムです。SFAの基本となる顧客管理機能や案件管理機能はもちろん、活動管理機能や自動日報機能など、営業活動をサポートする機能が豊富に搭載されています。もちろん、1人からの利用も可能なので、小規模の企業でも安心して導入できます。

2ID以降は料金がかかりますが、低価格で利用できるので、スタートアップの企業や営業部門のリソースが少ない企業にもおすすめのシステムです。

スマートフォンやタブレットからの利用も可能

グルーフォース980は、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスからのアクセスが可能です。外出先から気軽に顧客情報を確認できるため、営業活動が大幅に効率化されます。

周辺サーチ機能がついており、訪問予定の顧客に近い別の顧客が自動で検索され、表示されるようになっています。このような便利機能を使いこなせると、より成果につながる営業活動ができるでしょう。

ステップ動画でSFAについて学べる

グルーフォース980では、初めてSFAを導入する企業や活用しきれていない企業に向けて、「SFAを3カ月で運用に乗せるプログラム」を提供しています。公式サイトでは1カ月目、2カ月目、3カ月目と3つのフェーズに分けてSFAを活用するための動画が配信されており、基本的な使い方から効果を最大化するための方法まで解説してくれています。

動画だけなら、グルーフォース980を実際に利用していなくても閲覧可能です。導入の流れや導入後の活用法をイメージしたいときは、ぜひ参考にしてみましょう。

価格・料金プラン

グルーフォース980の料金は非常にシンプルです。2IDまでは無料で利用が可能で、3ID目以降は1IDあたり980円が課金されていきます。

なお、2IDまでは20MB、3ID以降は1IDあたり500MBまでディスク容量が利用できます。容量を拡大するときは500MBあたり500円の料金がかかるため、注意しましょう。

料金プランは以下の通りです。

プラン名
初期費用無料
月額費用980円/1ID(2IDまで無料)

機能一覧

グルーフォース980は、顧客・案件・活動などを管理する基本的な機能をしっかりと網羅しています。くわえて、自動で活動内容をまとめる自動日報機能、スケジュール管理機能、商材管理機能など、営業活動を効率化する機能も豊富に搭載しています。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

グルーフォース980の対応OSは、Windows XPとVista、Windows7です。対応ブラウザはInternet ExplorerとFirefoxです。また、スマートフォンでも利用できます。推奨環境はSoftbankですが、docomoやauでも動作させられます。

ただし、機種によっては利用できないこともあるようです。上記以外の環境の場合や自社環境で動作するか気になる場合は、まずは無料でグルーフォース980を利用してみて、問題がないか確認しておきましょう。

提供形態
問い合わせ

OS

  • Windows
  • Android

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Firefox

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

グルーフォース980には、既存システムと連携して顧客データをインポートする機能が用意されています。そのため、外部サービスとの連携をおこなうことが可能です。ただし、サービスによって連携ができるかどうかは変わってくるため、希望する企業はあらかじめ連携の可否を問い合わせておきましょう。

セキュリティ

グルーフォース980の通信は、SSLで暗号化されています。したがって、登録した内容が第三者に閲覧される心配はありません。
ただし、モバイルデバイスでグルーフォース980を使うときは、どうしても情報セキュリティリスクが生じてしまいます。外でシステムを稼働させるときは、自社でもしっかりと対策を取ることが大切です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

グルーフォース980では、導入後の無料メールサポートをおこなっています。システムの使い方でわからないことがあるときも、安心して相談できます。

また、導入コンサルティングや定着支援サービス、電話によるサポートをオプションでつけることが可能です。より手厚いサポートを希望する場合は、お気軽に相談してみてください。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. Goalousの機能・価格・評判を紹介!

  2. WAVE225旅費・経費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  3. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  4. 楽テルの機能・価格・評判を紹介!

  5. AQStage IPコールセンタサービスの機能・価格・評判を紹介

  6. 自治体こそWeb会議システムが役に立つ!実際の導入事例も紹介!

  7. クラウド型名刺管理システム比較10選|法人向けから個人向けまであわせて紹介

  8. Salesforceと連携できる名刺管理7選|無料で使えるツールも!

  9. Dr.オフィスBackupEYE2の機能・価格・評判を紹介!

  10. 楽楽明細の機能・価格・評判を紹介!