WaWaFrontierの特徴・価格・機能を紹介!

WaWaFrontierは、業績向上を支援する機能が低価格で利用できるSFAツールです。リーズナブルな価格から利用をスタートできてシンプルな操作性であるため、SFAを初めて導入する企業にも向いています。コストを抑えられて使いやすいSFAをお探しの企業は、WaWaFrontierをぜひ検討してみてください。

WaWaFrontierとは

WaWaFrontierとは、アイアットOEC社が提供するSFAツールです。多くのSFAが提供されているなか、WaWaFrontierはシンプルな操作性と導入しやすい価格帯によって、数々の企業に導入されています。

簡単操作で入力できる日報機能や用途に合わせてカスタムできる柔軟さ、戦略的営業を支援する多彩な機能が、WaWaFrontierの強みです。「まずは気軽にSFAを使ってみたい」「コストを抑えたいけど基本的な機能は妥協できない」という企業には、非常におすすめです。
個人にとどまりがちな営業情報をシステム上で共有することで、個人営業から組織営業への転換が図りやすくなるでしょう。

WaWaFrontierの特徴

WaWaFrontierは、導入しやすい価格帯と操作性の高さ、業務を効率化する効果が高い点が魅力のシステムです。まずは、WaWaFrontierならではの強みについてみていきましょう。

月額1,000円から使える初心者にやさしいSFAツール

WaWaFrontierには2つの料金プランがあり、簡易版の「WaWaFrontier Light」であれば1IDあたり1,000円、機能が充実している「WaWaFrontier」であっても1IDあたり2,000円から利用することができます。

SFAに興味があっても、なかなか導入できないという企業でも、WaWaFrontierであればリーズナブルなので、気軽に導入しやすいでしょう。

シンプル設計でカスタマイズ性が高い

WaWaFrontierは、PCに不慣れな人でも使いやすいシンプルな設計であることが特徴です。日報は、グループウェアに登録されているスケジュールから簡単に登録可能です。また、入力されたデータは顧客や案件、日報などはカテゴリごとに確認でき、項目も自社で自由にカスタマイズできます。

このように、WaWaFrontierは使いやすいだけではなくカスタマイズ性が非常に高い点が強みです。使いやすさを追求したシステムは、融通がきかなかったり機能が不足していたりすることもありますが、WaWaFrontierは使いやすさと柔軟なカスタマイズ性を両立しています。

データや進捗の管理をおこないやすい

WaWaFrontierでは、登録したデータを確認しやすいように自由にフィルターを作成することが可能です。また、入力された案件ごとにどのプロセスまで商談が進んでいるのか、どのようなフィードバックがあったのかを一覧で確認できます。とにかくデータや進捗の管理をおこないやすい点が、WaWaFrontierの強みです。

社内全体の進捗管理を共有できるため、チーム単位での営業も進めやすくなります。放置案件や対応漏れの減少や、より高品質なサービスの提供も目指せるようになるでしょう。

営業活動を分析して効率化できる

WaWaFrontierでは、営業担当社の行動を分析することで、より業務の効率化を図ることが可能です。日報として入力された日々の行動記録は、日付や時間、業務内容などでソートできます。

また、担当別日報集計や顧客面談履歴、行動分析表などの確認にも対応しています。営業活動を客観的なデータとして視覚化できるため、課題の発見につなげることもできるでしょう。

シリーズ製品との連携でより効率化を図ることができる

WaWaFrontierは単体でも導入可能ですが、社内情報共有やコミュニケーションの向上、業務効率化を支援する「WaWaOffice」と連携することで、より業務の効率化が図れます。

また、申請業務を効率化する「WaWaFlow」やExcel管理をWeb共有できる「WaWaD-Be」などといったシリーズ製品も豊富にラインアップされています。SFAの導入とともに社内の業務をシステム化して生産性を向上したいという場合は、関連製品も一緒に活用してみるといいかもしれません。

価格・料金プラン

WaWaFrontierでは、簡易日報管理プランである「WaWaFrontier Light」と、さまざまな機能が搭載された「WaWaFrontier」の2プランから、自社に合った料金プランを選べます。

なお、どちらも基本料金として月額2,500円かかります。この料金は1契約単位の請求で、IDごとに請求されることはありません。WaWaFrontierはわかりやすい料金プランと低コストが魅力の、気軽に導入しやすいシステムです。

以下、料金プランの表になります。(※税抜価格)

プラン名 WaWaFrontier WaWaFrontier Light
初期費用問い合わせ問い合わせ
月額費用2,000円/1ID
2,500円/基本料金
1,000円/1ID
2,500円/基本料金

機能一覧

WaWaFrontierの機能は、「WaWaFrontier Light」と「WaWaFrontier」でまったく異なります。それぞれの主な機能をまとめたので、プランを選ぶときの参考にしてみてください。

プラン名 WaWaFrontier Light WaWaFrontier 
主な機能・コメント機能
・簡易日報入力機能
・依頼機能
・日報照会
・CSV取込/出力機能
・案件照会
・顧客照会
・WaWaFrontier Lightの機能
・受注予定表
・受注確度別受注予定
・担当者別商談管理表
・顧客面談履歴照会
・部門別予算入力
・行動分析表
・担当別予算入力

日報機能だけを利用したい場合は、「WaWaFrontier Light」でも十分でしょう。しかし受注や予算の管理、行動分析などをおこないたいときは、「WaWaFrontier」のほうが適しています。ぜひ自社のニーズに合わせて、最適なプランを選びましょう。

その他機能詳細については、以下に記載の通りです。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

WaWaFrontierは、WindowsとMacの両方で動作させることが可能です。iPhoneやiPad、Androidといったモバイル端末からの利用もできます。ただし、機種によっては動作しない可能性もあるため注意が必要です。

WaWaFrontierには14日間の無料体験期間が設けられているため、まずは無料で使ってみて自社の環境で利用できるかどうかを確認しておくと安心でしょう。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Microsoft Edge
  • Safari

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

WaWaFrontierは、関連サービスはもちろんのこと、企業が導入している既存システムとの連携も可能です。ワークフローやデータベースなどと連携させれば、より業務効率の向上を目指せるでしょう。APIとCSVでの連携が可能なので、希望するシステムがある場合は、気軽に相談してみることをおすすめします。

セキュリティ

WaWaFrontierはセキュリティ対策を重視したシステムであるため、大切なデータを安心して預けられます。SSLやアクセスログなどは標準装備されており、各ユーザーのアクセスについては管理者が確認可能です。

また、自社データセンター(ISMS取得)でデータを保護し、24時間365日有人監視をおこなっているので、外部からの攻撃にも備えられます。万全のセキュリティ体制で、社内と社外、両方のリスクからデータを保護してくれます。

セキュリティ詳細については、運営会社へ問い合わせください。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン

ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

WaWaFrontierにはサポートサイトがあり、そこからスタートアップの流れや操作方法について確認できます。ほかにも、フリーダイヤルやメール、チャットによるサポートに対応しています。リモートの操作サポート対応もあるため、ITシステムが苦手な企業でも安心して導入できるでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. 領収書に印鑑は必要ない?個人事業主はシャチハタでもいいのか?印鑑の押し方も解説!

  2. BizMagicの特徴・価格・機能を紹介!

  3. DataClasysの評判や価格は?Boxと連携できるファイル暗号化ソフト

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. アウトバウンド・プロの特徴・価格・機能を紹介!

  6. CAMCARD BUSINESSの特徴・価格・機能を紹介

  7. CallConnectの機能・価格・評判を紹介

  8. FastHelp5の特徴・価格・機能を紹介!

  9. Cyber CTIの機能・価格・評判を紹介

  10. 自分で機能が選べて組み合わせられるSFA「Ecrea」の特徴や機能、料金は?