UPWARDの特徴・価格・機能を紹介!

営業システムの一元化は、企業の業務効率をアップさせる有効策になり得ます。顧客情報や営業情報をまとめて蓄積すれば社内での共有に役立ちますし、効率的な分析もおこなえます。
非効率な営業手法からの脱却を目指すのであれば、豊富な機能をもつシステムを導入するのがおすすめです。ここでは営業に役立つツール、UPWARDの特徴を詳しくご説明します。

UPWARDとは

UPWARDは営業現場のデータを一元化し、営業組織を強化していくために役立つ営業支援システムです。
企業の営業チームにはそれぞれ、営業計画やターゲティング、ノウハウの蓄積がうまくいかず、営業効率が上がらないといった悩みがあると思います。UPWARDは、営業ならではのこういった悩みを解決できる豊富な機能を有しています。
UPWARDのシステムには企業の営業担当者の顧客接点データが蓄積されていきます。システムを使用し続けることで、UPWARDは企業の資産へと進化していくのです。
営業担当者にとっての使用しやすさにこだわって開発されたUPWARDは、パソコンからだけでなくスマートフォンやタブレットからでも自在にアクセスできます。
操作が難しいツールを導入しても、営業の現場で十分に役立てることはできません。営業の効率を高めるためには、すべての従業員が直感的に操作できるシステムである必要があります。
また、質の高い情報が豊富に蓄積されていることも、営業ツールにおける必須条件といえるでしょう。UPWARDでは営業のデータがすぐに集計され、効率的な分析によってパターン化されていきます。これによってアプローチの方法や勝ちパターンが可視化され、営業の効率が飛躍的に高まるのです。

UPWARDの特徴

操作しにくい営業支援ツールは営業担当者に敬遠されがちです。しかし、UPWARDは直感的に操作できるシンプルな仕様になっており、システムに慣れていない従業員でも気軽に操作できます。
現場での営業に集中できるよう、モバイルでの利用を前提とした作りになっているのがUPWARDの大きな特徴です。従業員が必要な情報を入力すれば報告書が簡単にできあがり、さらにアタックリストなども自動で生成されます。
UPWARDにはエリアの情報や地図が入っており、現在地の近くにいる顧客や成約につながりやすい顧客の情報も自動的に抽出されます。外出先で近隣の顧客検索ができれば移動の時間を短縮でき、営業の効率が高まりやすくなります。
UPWARDによって顧客データの蓄積や分析をおこなえることは、営業部門のマネージャーにとっても大きなメリットにつながります。
マネージャー視点での大きな問題は、営業の現場で何が起きているのかを把握できないという点にありました。しかしUPWARDを導入すれば営業データが自動的に蓄積されていくので、現場の営業活動を具体的に把握することが可能となります。
従来の営業では日報の提出などを通して現場の情報を収集していました。しかし、定型の日報や活動報告のみでは効率的な分析はおこなえません。
UPWARDには営業の記録が詳細に集まっていくため、顧客への効率的なアプローチ方法が把握しやくすなります。システムを有効活用することで、非効率な手法からの脱却を図り、営業を最適化することが可能となるのです。

価格・料金プラン

UPWARDにはSTARTER、STANDARD、ENTERPRISEという3つのプランがあります。
STARTERプランは1ユーザーあたり月額2,200円とリーズナブルな価格設定になっています。Salesforceの標準連携に加えてスケジュールやダッシュボードの作成、地図作成や設定などの機能が付帯しており、過不足なく活用できます。
最も多くの人に選ばれているスタンダードプランは1ユーザーあたり月額5,500円となっています。STARTERプランの機能に加えて活動時間や電話の記録、付近の顧客検索など、便利な機能を柔軟に使うことができます。
組織の形態に合わせて必要なプランをカスタマイズしたいのであればエンタープライズプランを選びましょう。UPWARDは顧客の要望をヒアリングし、最適なプランの提案をおこなっています。カスタマイズをするときにはベンダーに直接詳細な希望を相談し、見積りを作成してもらいましょう。
状況によっては複数のプランを組み合わせて使用することもできます。最少ユーザー数は5IDからとなっているので、必要に応じて複数のプランを柔軟に利用するのもよいでしょう。

プラン名 STARTER STANDARD ENTERPRISE
初期費用100,000円100,000円100,000円
月額費用2,200円5,500円問い合わせ
補足STARTERのみ契約:4,200円×5IDの管理者パッケージの購入が必要

機能一覧

UPWARDには地図機能があり、顧客の位置情報を把握したりルートを検索したりとフレキシブルに活用できます。地図は大きさを変更したりカラー分けしたりと柔軟に使うことができ、顧客データを手軽に可視化できます。
UPWARDに搭載された自動チェックイン・チェックアウト機能やアサイン機能、報告機能は、現場の営業担当者にとって使いやすい仕様になっています。顧客管理画面で業種や規模、履歴などを詳しく検索できるのも、UPWARDならではの特徴です。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

UPWARDの提供環境と技術情報は公式HPに記載がありませんでした。導入時には運営会社へ問い合わせましょう。

提供形態

  • クラウド

OS
問い合わせ

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • FireFox
  • Google Chrome
  • Safari

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

UPWARDの大きな特徴は、システムと地図の連携がおこなえるという点にあります。
Salesforce連携をすればUPWARDに登録している顧客情報や営業情報の自動チェックがおこなわれ、マップ上に顧客の位置を表示することができます。
地図の情報は色分けして表示できるため、顧客との関係性や営業の進捗に応じて色分けをしていくなどの対処が可能です。UPWARDには、一定期間訪問していない顧客の情報をアラート表示するなどの機能も備わっています。
地図と連携するメリットは顧客の検索ができることだけではありません。システムを活用すれば効率的な訪問ルートの自動生成ができ、営業にかかる手間を短縮できます。この機能を活用すれば、営業の訪問量を増加させることが可能となるのです。

また、UPWARDは営業の現場で活用できる多くの連携機能を有しています。最近ではMicrosoft Dynamocs365やMicrosoft Teams、LINE WORKSなどと連携ができるようになり、より使いやすいシステムに進化しました。
システムの導入時にこれらのサービスとの連携をすれば、より機能性の高い営業ツールとして活用できます。

セキュリティ

UPWARDのセキュリティは金融情報システムセンター(FISC)が定める安全対策基準に準拠しています。
営業という分野において、顧客情報や取引情報は何にも代えがたい財産といえるでしょう。金融機関のセキュリティに匹敵する高度なセキュリティ対策を講じているUPWARDであれば、安心して利用できます。
また、UPWARDのデータセンターは全世界に分散されています。単一障害点のないシステムになっているので、物理的なリスクを分散してデータを守ることが可能となります。
ほかにもUPWARDでは、サーバーへの通信をHTTPSで暗号化したり、データの定期的なバックアップをおこなったり、Platform暗号化に対応したりといった方法でデータを保護しています。
UPWARDは、セキュリティの適切な情報管理体制となっていることを、第三者審査登録機関ISMSによって認証されています。安心して業務に集中するためにも、確かなセキュリティ対策が講じられているシステムを選びましょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

せっかくSFAシステムを導入してもオフィスで定着化しなければ意味がありません。
UPWARDの導入時には、システムの設定支援や運用方法のアドバイスをおこなうプレミアムサポートを利用することができます。
プレミアムサポートでは、カスタマーサクセス担当がシステムの運用に関する細かいアドバイスをおこないます。推奨設定での運用のほか、機能のカスタマイズをおこなうことも可能なので相談してみましょう。
なお、購入後の環境構築や保守が必要な場合には、UPWARDのパートナー企業を紹介してもらうこともできます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. Web会議に必要なもの|Web会議に適したモニターやカメラの選び方も紹介

  2. NINJA SIGN(ニンジャサイン)とは|料金・使い方・評判を解説

  3. HubSpot Sales Hubの特徴・価格・機能を紹介!

  4. 社内SNSとは?導入する4つのメリットもあわせて解説!

  5. プレディクティブダイヤルの機能・価格・評判を紹介!

  6. elganaの特徴・価格・機能を紹介!

  7. Chat&Messengerの特徴・価格・機能を紹介

  8. Typetalkの特徴・価格・機能を紹介!

  9. FreshVoiceの機能・価格・評判を紹介!

  10. 名刺管理アプリ「マイブリッジ」とは?機能や他のアプリも紹介!