GrooForce for Businessの特徴・価格・機能を紹介!

「GrooForce for Business」は、売れる営業担当を育成するためのSFAです。営業担当にとって便利な機能を搭載しつつ、必要最低限の操作で簡単にデータが入力でき、そのデータを最大限に活用することをコンセプトに開発されています。本記事では、GrooForce for Businessの特徴や機能、料金などについて紹介します。

GrooForce for Businessとは

GrooForce for Businessとは、アスペックス社が提供する営業支援システムです。無駄な作業を削減し、本来の業務へ集中できるように設計されていて、とくにプロセスなどの目的・ゴール管理に重点を置いている点が特徴です。

日々の活動登録や顧客管理機能はもちろんのこと、タイムカード機能や設備予約、ワークフローなどといった社内管理の機能まで完備しています。営業活動を効率化したい企業、SFAと社内管理を一元化にしたい企業には、非常におすすめです。

GrooForce for Businessの特徴

GrooForce for Businessの特徴は、シンプルな料金体系と営業プロセスに特化した機能です。まずは、ほかのSFAとは違ったGrooForce for Businessならではの特徴をみていきましょう。

月額1,980円で営業担当と社内のマネジメントができる

GrooForce for Businessは、1人あたり月額1,980円で利用できるシンプルな料金体系です。同じ会社が提供するサービスに「グルーフォース980」というものもありますが、GrooForce for Businessのほうがより機能性が充実しています。

営業担当の活動を登録する機能やコメントや指示を残せる機能、受注予定リストなどをトップ画面から一覧で確認可能です。営業報告や日報作成、打ち合わせの議事録作成などといったムダな作業を削除し、コア業務へ集中できるように設計されている点がポイントです。

タイムカードや施設予約、プロジェクト管理や社内掲示板もあるので、営業活動だけではなく、社内管理もまるごと任せることができるでしょう。

営業プロセスに特化

SFAの多くは「契約の獲得」という成果に焦点を当てていますが、GrooForce for Businessは営業プロセスごとに目的とゴールを管理できます。製品紹介やヒアリング、見積もりの提出や契約の締結などといったように、フェーズごとに管理をおこなえるため、より成果につながる営業活動をサポートしてくれるのです。

価格・料金プラン

GrooForce for Businessの料金プランは非常にシンプルです。初期費用は無料で、1IDごとに1,980円の月額使用料がかかります。なお、ディスクの利用容量は1IDごとに500MBです。1カ月単位の利用が可能なので、気軽にSFAを試してみたいという企業にもおすすめです。

プラン名
初期費用無料
月額費用1,980円/1ID

機能一覧

GrooForce for Businessには、営業活動をサポートする機能が豊富に搭載されています。顧客管理機能や案件管理機能、活動管理機能はもちろん、自動日報や活動コメント、メッセージやファイルの共有機能もあるため、営業活動の管理はもちろん、コミュニケーションツールとしても非常に優秀です。

社内管理機能も搭載されていて、必要な情報はすべてトップ画面に集約されているため、使い勝手も抜群です。

パイプライン管理アトリビューション分析
商談・案件管理エリア分析
ユーザー割当・アサイン機能ユーザー管理
見積書・請求書作成組織管理
承認プロセス・ワークフロー任意の管理項目
スケジュール管理自動化・RPA
タスク管理組織単位のカスタマイズ
スコアリング機能個人単位のカスタマイズ
ドキュメント管理管理項目のカスタマイズ
予実管理レイアウトのカスタマイズ
日報管理フィード・コミュニティ機能
地図機能グループチャット
連絡先・取引先管理個人チャット
見込み客管理プロジェクト管理
活動履歴管理カレンダー機能
検索・フィルター掲示板機能
顧客セグメント・属性分類データインポート
(ローカルファイル)
キャンペーン管理データインポート
(競合システム)
メール配信API連携
Webフォームチャットツール連携
ランディングページCTI・BPX連携
A/BテストSNS連携
アンケート機能SFA連携
名刺管理MA連携
OCR・デジタル化メールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析経費精算システム連携
デシル分析

提供環境・技術情報

GrooForce for Businessは、WindowsとMacの両方で動作します。推奨ブラウザは、Internet Explorer、FireFox、Chrome、Safariです。

なお、GrooForce for Businessはスマートフォンでも利用できます。iPhoneとAndroid端末の両方に対応していますが、機種によっては利用できないこともあるため、自社環境で問題ないかどうかを事前に問い合わせておきましょう。

提供形態

問い合わせ

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS
  • Chrome OS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

GrooForce for Businessは、名刺管理ツールなどといった外部システムとの連携も可能です。外部システムと組み合わせれば、より効率的な営業活動を進めることができるでしょう。

ただし、システムによっては連携に対応できない可能性もあります。希望するシステムがある場合は、あらかじめ相談して可否を確認しておくことを推奨します。

セキュリティ

GrooForce for Businessは、SSLで暗号化をおこなって通信するため、登録した情報を第三者に閲覧される心配はありません。また、サーバーは物理的に外部と遮断をおこなっているため、外部からデータベースにアクセスされるリスクも非常に低いです。

GrooForce for Businessの社内では個人情報を取り扱う担当者を特定して、担当者以外は個人情報にアクセスできないよう厳格に運営しています。セキュリティ面に関しては、安心して利用できるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

GrooForce for Businessでは、導入後の無料メールサポートをおこなっています。システムの使い方でわからないことがあるときも、安心して相談できます。
追加料金はかかりますが、導入コンサルティングや定着支援サービス、電話によるサポートをオプションでつけることが可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. TeamViewer ミーティングの機能・価格・評判を紹介!

  2. AirCourse(エアコース)の機能・価格・評判を紹介!

  3. 360度評価支援システムの機能・価格・評判は?

  4. Virtualex iXClouZの特徴・価格・機能を紹介!

  5. 楽天コネクト Speedの特徴・価格・機能を紹介!

  6. 社労法務システムの機能・価格・評判を紹介!

  7. 経費精算システム『rakumo ケイヒ』とは|特徴や料金、評判など

  8. クラウド型CTI比較16選|クラウド型ならではのメリット・デメリットも紹介

  9. アプリ対応CRMツール7選|無料や定番サービスの活用事例も

  10. コールセンター業務に役立つCRM7選|システムの機能やメリットも紹介