360度評価支援システムの機能・価格・評判は?

360度評価支援システムとは

360度評価支援システムは、360度評価(サーベイ)を簡単かつ低コストで実施できるWebサービスです。360度サーベイの実施に最適化されたシンプルなUIで、スマートフォンからの入力にも対応しています。また、360度サーベイ成功の鍵である匿名性の担保も実現できます。

1. 360度評価支援システムの概要

360度評価(360度フィードバック)とは、上司や同僚・部下などの周囲の人間が、さまざまな関係性・角度からフィードバックをおこなう手法です。行動変容につながる気づきが得られるとして、人事考課・能力開発・文化醸成といった、さまざまな人事課題の解決に役立てられています。

「360度評価支援システム」は、その360度評価をWeb上で簡単に実施できるシステムです。

  • 評価項目にオリジナルの項目を置くことが可能
  • スマホからも評価を入力できる
  • 入力した評価の匿名性を担保
  • 評価の作成、依頼、回収など、管理が簡単
  • 利用料金は、評価実施時のみの課金

など、さまざまなメリットを提供しています。

「成果評価以外に行動側面からも評価を行いたい」
「管理職の課題特定・フィードバックをしたい」
「企業理念・行動指針を浸透させたい」
といったニーズがあれば、ぜひ「360度評価支援システム」を利用してみるとよいでしょう。

360度評価支援システムの概要

2. 360度評価支援システムでできること

360度評価支援システムでは、企業独自の評価項目を設定し、360度評価を実施することが可能です。作成・依頼・回収などが簡単におこなえ、割当の設定・メール配信など、便利な機能も数多く備えています。評価完了後は、自動で結果帳票を出力することが可能です。結果帳票には、評価項目に対する「自己認識」と「他者からの本人への認識」および、その「ギャップ」がシンプルに表されます。「自らの立ち位置を理解し、明日からの行動変容につながる」として、さまざまな人事施策に活用されています。

360度評価支援システムの流れ

3. 360度評価支援システムの特徴

スマホ・タブレットで簡単入力

Webシステムなのでパソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットからも簡単に評価の入力ができます。

準備が簡単

画面の指示に従いながら設定するだけで評価を開始することができます。お申し込みから最短2営業日で評価を開始できます。

評価がシンプルで簡単

1つの画面の中で被評価者を比較しながら入力することができます。また、入力補助機能、仮登録機能を備えており、短時間で評価をおこなうことができます。

結果資料を自動作成

結果のグラフがワンクリックでわかりやすくExcelに生成され、フィードバック資料として利用できます。

利用時のみの課金でコスト削減

利用料金が発生するのは評価を実施した30日間のみです。管理画面はそれ以外の期間も自由に利用することが可能です。

評価項目はカスタマイズ可能

評価項目はお客様の目的に沿った内容を設定できます。また、登録後も自由に編集することができます。

360度評価支援システムの機能

機能一覧

評価項目・利用者・割当の登録管理者は評価の詳細を独自に設定することができます
メール配信機能利用者のメールアドレスを登録することで、「評価開始」「回答催促」「評価完了」時にメールをシステム上から送信することができます
評価対象の一覧表示ユーザーが評価する対象が一覧で表示され、各評価対象を比較しながら入力することが可能です
入力補助機能スムーズに評価をおこなえるよう、評価値の入力に合わせてカーソルが自動移動します
コメント入力機能コメント欄(自由入力欄)を活用することで、コメントやアドバイス等のテキスト入力も可能です
スマートフォン・タブレット標準対応スマートフォンやタブレットでの評価入力にも標準対応しているため、シーンを問わず利用できます
被評価者ごとにExcelシートを自動集計管理者はボタン一つで評価結果の集計・出力をおこなうことができます。被評価者ごとの結果帳票が個別のExcelシートで生成されます
項目別平均値一覧設定した評価項目における被評価者のランキングが一覧表で抽出できます
個別結果帳票評価項目に対する自己評価値、他者から本人への評価の平均値、その差異、コメント一覧が反映されます
Webフィードバック機能【オプション】被評価者がWeb上で個別結果を確認することができます

価格・料金プラン

利用料金は、評価を実施した期間のみを対象としているため、無駄なコストは発生しません。
ただし、1カ月を超えて利用する場合は、1週間単位での延長が可能です。利用料金の1/4が1週間あたりの延長料金になります。また、利用の更新に応じて、毎年11,000円~110,000円の更新費用が別途必要です。

項目料金
初期費用110,000円
月額費用44,000円~
詳細

導入実績

株式会社一蘭、住商セメント株式会社、三井物産人材開発株式会社、株式会社ジェイック、株式会社ウィルグループ、山口フィナンシャルグループ、クラスメソッド株式会社、GMOインターネット株式会社

業種・企業規模を問わず1,000社以上の企業に利用されています。

企業情報

企業名Fusic
資本金10,000,000円
代表者名納富貞嘉
従業員数50~99名
設立年2003年
上場区分非上場

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. GRIDY 名刺CRMの特徴・価格・機能を紹介

  2. 経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」を紹介|使い方、料金、評判など

  3. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  4. ワンズ営業日報の特徴・価格・機能を紹介!

  5. Zoho Meetingの特徴・価格・機能を紹介

  6. コールセンターのインバウンドとアウトバウンドの違いを解説

  7. 案件管理にはSFAが便利!メリットや案件管理に強い3つのシステムを徹底紹介

  8. Ci*X Expenseの特徴・価格・機能を紹介!

  9. SATSIGN(サットサイン)の機能・価格・評判を紹介!

  10. LegalForceキャビネの特徴・価格・機能を紹介!