電子契約の浸透率は?2020年に浸透したビジネスシーンの電子化 #SaaSトレンド

8割以上が導入企業に|2020年、契約の電子化が推進

電子絵契約の認知についての質問
PR TIMESより

「脱ハンコ」が注目された背景には、押印関連の業務がテレワークの推進を妨げる出社要因になっていたことがありました。経費精算の申請書・稟議書・発注書の手続きといった毎月発生する業務や、時期ごとに必要になる手続き業務など、出社を強いる押印業務が多く残されていました。

2020年4月、メルカリ社が取引先との契約締結時に必要な捺印や署名の手続きを電子契約サービスに切り替える方針を発表したり、GMOグループが印鑑廃止を宣言したりしたことにより、電子契約サービスの存在も広く認知されることになりました。6月には内閣府、法務省、経済産業省が取引の契約で押印が必ずしも必要でない旨を示し、押印関連のルールが急速に見直されるきっかけにもなりました。

電子契約の導入についての質問
PR TIMESより

ペーパーロジック社は2020年12月18日、電子契約に関する実態調査の結果を発表。東京都内在住で、法務・財務・経理・人事部門に所属する会社員108名を対象にアンケートを実施しました。調査によると、「Q1. 「電子契約」をご存知ですか?」という問いに対して「はい」という回答が83.3%。Q1で「はい」を選んだ回答者を対象に「Q2. あなたの会社では、「電子契約」を導入していますか?」という問いに対しては、63.3%が「導入済」という回答でした。押印関連の議論が世間で始まった4月から、契約業務の電子化がかなり推進されたことが読み取れます。

電子契約サービスの基本的な仕組みや導入手順に関しては、以下の記事をご覧ください。

電子契約サービスとは?仕組みや導入手順、おすすめのサービスも紹介!

注目の背景は「業務効率化」と「コスト削減」

電子契約への興味についての質問PR TIMESより

Q2で「未導入/把握していない」を選択した回答者を対象に「Q3. 会社で電子契約を導入することに興味はありますか?」と質問したところ、63.6%が「興味はある」と回答。興味があるポイントについてのアンケート(複数回答可)の結果として、「業務効率化」が90.5%、「印紙税の削減」と「文書保管費用の削減」というコストカットの項目が同率66.7%という結果となりました。

電子契約について興味がある項目PR TIMESより

「業務効率化」に関して、押印のために出社するといったこれまでかかっていた工数を削減できることはもちろん、契約情報をデータで一元管理できたり、やり取りの際の送受信ミス・紛失のリスクを低減したりすることができます。

コストの削減に関しては、書面では通常「印紙税」がかかるところ、電子契約では原則不要になります。請負契約では場合によって60万円もの印紙税が発生することもあるため、企業によってはかなりのコスト削減につながることもあるでしょう。また、契約業務に発生する人件費・郵送費・保管料などを加味すると、紙での契約業務を一つ電子化することで、およそ500円程度のコストカットが実現できると言われています。

参考:請負に関する契約書|国税庁

電子契約はビジネスのスタンダードになるか|今後の動向に注目しよう

2019年の電子契約サービスの市場規模は前年比74.4%増の68億円、2020年中には100億円のマーケットに成長すると言われています。「契約」というビジネスシーンにおいて不可欠なフローだからこそ、近年の働き方の多様化にともなって、ほかの業務システムと比較しても急速度で拡大を進めています。

企業にとって、契約業務の電子化はリモートワークへの対応という意味合いだけではなく、社員の多様な働き方を約束し、サスティナビリティを重視した経営の姿勢を表現することにもつながっています。例えば、2020年9月、ユニリーバ・ジャパン社は2021年3月までに「100%電子契約化」することを発表しました。同社は電子契約の導入を、社員の新しい働き方を推進し、サスティナブルなブランド育成のための取り組みの一環と位置づけています。

参考:ユニリーバ・ジャパン、2021年3月までに「100%電子契約化」へ|ユニリーバ・ジャパン

2021年以降も、各社の電子契約サービス導入はさらに進んでいくと予想されています。それと同時に、各社から複数提供されている電子契約サービス。自社に適したサービスの選定には、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

【最新版】主要な電子契約サービス比較14選|価格や機能を紹介!

「クラウドサイン」とIDを統合管理する「KDDI Business ID」のシステム連携から読み解く #SaaSトレンド

「paperlogic 電子契約」とは?料金や評判、他サービスも紹介!

 


「電子契約」に関する実態調査の詳細

本記事は、「PR TIMES」を参照して執筆しました。
参考:電子契約導入済み企業63.3%、昨年調査比較で34.5%アップ 2020年大きく浸透したビジネスシーンにおける電子化の流れ|PR TIMES

調査実施主体の詳細は以下をご覧ください。

【ペーパーロジック株式会社】

  • 東京都品川区東五反田一丁目6番3号 いちご東五反田ビル3階
  • 代表取締役 横山 公一
  • 事業内容:経理・総務・法務の領域で、法律で原本保管を義務付ける書類を完全にペーパーレス化(紙原本廃棄)するクラウドソリューションを提供
  • URL:https://paperlogic.co.jp

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. かんたん電子契約forクラウドの特徴・価格・機能を紹介!

  2. MessagePODの特徴・価格・機能を紹介

  3. 無料のCRM比較10選|クラウドとオープンソースに分けて紹介

  4. Callingの機能・価格・評判を紹介!

  5. 画面共有ができるWeb会議システム10選

  6. カイクラの特徴・料金・システムを紹介

  7. MarkONEシリーズの機能・価格・評判を紹介!

  8. Virtualex iXClouZの特徴・価格・機能を紹介!

  9. アルテマブルーの特徴・価格・機能を紹介

  10. AIを活用したSFAシステム「Senses」の魅力や特徴、料金プランをご紹介