電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

昨今では、デジタルでのやりとりが普及し、契約書や請求書などの書類が電子化されることが多くなってきました。そのデータのやりとりのなかで重要になってくるのが、電子署名です。
この記事では、電子署名の役割や電子契約についてなど幅広く紹介していきます。契約書や請求書の電子化を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

電子署名とは

電子署名は、データ化されたオンラインでの文書に対し、正式な署名であるか証明するものとして機能しています。

電子署名が導入されるまでは、紙の書類を用いて、その書類内のサインや印鑑をスキャンして正式な署名としていましたが、オンライン化の普及が進み、作業の効率化を促進させる制度の一つとして電子署名が生まれました。電子署名は、紙の書類の際におこなっていたように直接的にサインや押印をすることはできません。しかし、書類を作成したことの証明や、改ざんがされていないことの証明をする役割を担っています。

この2つの役割を担うことで、オンライン上でも信頼性の高い署名として利用できるでしょう。

電子署名の仕組み

まず、電子署名を利用する文書にハッシュ値というものを作成します。ハッシュ値とは、電子文書内の関数で得られた数値のことで、ハッシュ値が同じであれば元の電子文書も同じであることが証明できます。このハッシュ値を利用して、改ざん性や署名の有効性を証明することができるのです。

また、電子署名には、データを守るための仕組みとしてがあります。公開鍵は、その名の通り一般に公開できる暗号鍵のことをいい、反対に秘密鍵は一般には公開されず、所有者が管理をする暗号鍵のことをいいます。公開鍵と秘密鍵は、ハッシュ値の暗号化・復号化の際に活用されます。 

電子署名を利用する流れとしては、この暗号化される仕組みを利用し、電子書類の送受信時に正式なデータかどうかを確認します。秘密鍵で暗号化した書類とともに、公開鍵と電子証明書も添付して送信し、受信側は認証局を通して電子証明書の有効性を確認します。電子証明書の有効性を確認できた後、公開鍵を利用して暗号化された情報を確認することができれば、その電子署名は本人のデータであり、有効ということが証明されます。

電子証明書の役割

電子証明書には、電子署名が有効なものであるかを証明する役割があります。
電子証明書は第三者である認証局が発行するものであるため、法的効力が担保されているのが特徴です。

電子証明書は、電子契約において紙の場合の印鑑や印鑑証明にあたります。データの作成者を偽りなく、本人だと証明するためのものになります。オンライン上で安心してやりとりをおこなうための手法として使用されており、改ざんやなりすましなどのリスクを防ぐことにも有効な技術として使われています。

電子証明書は、発行者と発行元が容易に確認ができるという点で悪用がしにくくなっている役割もあります。誰が誰に対して発行したものかが明記されているので、より信頼ができるでしょう。   
  

電子署名の方式|立会人型と当事者型

ここでは、電子署名の方式について解説していきます。電子署名には、立会人型と当事者型があり、それぞれの違いやメリットについて詳しくみていきましょう。

立会人型の仕組みとメリット

立会人型の電子署名は、第三者である事業者が署名をおこなうことをいいます。電子文書作成者が依頼をし、請け負った事業者が署名をおこなう方法です。

立会人型のメリットは、メールアドレスなどを利用して本人証明をおこなうことができるという手軽さです。時間も費用も抑えられて、簡単に導入できるので多くの企業が導入している電子署名の方式です。信頼している顧客とのやりとりであれば、充分な効力を発揮するでしょう。

後述する当事者型の電子署名のような、より強固な法的効力はないですが、取引先の電子証明書が不要な点からも先方とのやりとりにおける手間が省けるため、おすすめです。

当事者型の仕組みとメリット

当事者型の電子署名は、電子認証局と呼ばれる機関で本人確認をし、その上で発行された電子証明書を利用して署名をおこないます。

当事者型のメリットは、第三者の公的機関で本人確認をおこなうため、証明される法的効力はより厳格となるでしょう。改ざんやなりすましなどのリスク回避ができ、本人性をより強く持たせることが可能になります。

一方で、先述した立会人型の電子署名よりも手間と費用がかかってしまうため、注意が必要です。

立会人型の電子署名に対応している電子契約

ここでは、立会人型の電子署名に対応している電子契約サービスについて紹介していきます。導入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

かんたん電子契約 for クラウド

かんたん電子契約 for クラウドの公式ページ

「かんたん電子契約 for クラウド」は、セイコーソリューションズ社が提供する電子契約サービスです。オンラインで契約業務をおこなうことで、効率化を実現できます。

かんたん電子契約 for クラウドは、立会い型署名の機能や送信先を登録できる機能、契約ステータスの状況を確認できる機能などさまざまな機能が搭載されています。
セキュリティ対策として、アクセスログの確認やアカウント管理の権限設定ができるようになっているため、安心して電子契約をおこなうことができます。

1カ月利用できる無料トライアルも期間限定でおこなわれているので、導入を検討している人はぜひ試してみてください。プランは3つに分かれていて、スタンダード版、ビジネス版、エンタープライズ版があります。自社の課題に合ったプランを選ぶようにしましょう。

jinjerサイン

Signingの公式ページ

「jinjerサイン」は、jinjer社が提供している電子契約サービスです。電子契約をオンライン化することでコストの削減や生産性の向上ができるメリットがあります。

jinjerサインは、使用頻度が高い契約書などをテンプレート化できる機能があり、契約書作成の手間を削減することができます。また、データはAWSのサーバーに保管されてバックアップも自動でおこなわれるなど、安全なデータ管理が徹底されています。さらに全ての通信で暗号化がおこなわれているので、データの改ざんや漏洩を防止することができます。
料金プランは、ライトプラン、ベーシックプラン、プロプランの3つから選べるようになっています。無料トライアルも可能なので、検討中の人はぜひ問い合わせてみましょう。

当事者型の電子署名に対応している電子契約

ここでは、当事者型の電子署名に対応している電子契約サービスについて紹介していきます。
導入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

電子印鑑GMOサイン

電子印鑑GMOサインの公式ページ

「電子印鑑GMOサイン」は、GMOグローバルサイン・ホールディングス社が提供する電子契約サービスです。立会人型・当事者型のどちらにも対応しており、各企業の電子文書の性質に合わせて電子契約をおこなうことができるため、電子印鑑GMOサイン1つでさまざまなシーンでの活躍が期待できます。

今までは紙の契約で、時間や手間がかかっていた契約書をスムーズに送付することが可能なので、社内工数の削減にも一役を買います。また、書類の管理もデータ化されることによって、契約データの散乱による情報漏洩や、紛失のリスクが低下します。
さらに、書類の閲覧権限を設定することも可能なため、セキュリティに関しても安心して導入できるでしょう。

有料プランの内容はシンプルで、基本料金に加えて、オプション料金や送信料がかかる仕組みとなっています。お試しで使用できる無料のフリープランもあるので、有料プランを導入する前に、一度利用してみるとよいでしょう。

BtoBプラットフォーム 契約書

BtoBプラットフォーム 契約書の公式ページ

「BtoBプラットフォーム 契約書」は、インフォマート社が提供している電子契約サービスです。今まで紙でおこなっていたフローをWeb上で完結できたり、過去の紙の契約書を電子データ化して登録したりすることもできます。

BtoBプラットフォーム 契約書は、社内における稟議承認といった承認フローを構築することができ、内部統制の強化が図れます。書類の紛失などのリスクを防ぐこともできるため、安心です。

BtoBプラットフォーム 契約書ではフリープランが用意されており、無料で利用することもできます。有料プランの場合は、シルバープラン・ゴールドプランの2種類から選ぶことができるので、導入を検討している人は、問い合わせをしてみましょう。

タイムスタンプで電子署名の信頼性を高める

タイムスタンプは、電子文書がいつ作成されたのかを証明する役割を持っています。
電子署名だけでは、該当する電子文書が作成された日時を把握することができません。また、直接文書に作成日時を記載するだけでは、改ざんがおこなわれるリスクもあります。

それらを防ぐためにタイムスタンプでは、付与時刻に文書が存在していたことを示す「存在証明」と、改ざんされていないことを示す「非改ざん証明」をおこないます。
このように、タイムスタンプをあわせて活用することで、電子署名の信頼性を高めることができます。

電子署名の仕組みを理解して、正しく電子契約を導入しよう

電子署名の仕組みについて詳しく解説してきました。電子署名と一言でいっても複数の種類があり、その中でも仕組みが分かれています。
電子署名の仕組みや、メリット・デメリットを理解したうえで、自社にあったサービスを選択するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. SFAとは?機能やメリットなどを徹底解説!システム比較も!

  2. BtoBプラットフォーム 契約書の機能・価格・評判を紹介!

  3. 経費精算幕僚の特徴・価格・機能を紹介!

  4. AIを活用したSFAシステム「Senses」の魅力や特徴、料金プランをご紹介

  5. ネオ・クイックコールの特徴・価格・機能を紹介!

  6. SFAの効果とは?費用対効果の計測手順や導入時の注意点を徹底解説!

  7. 経費精算ワークフローの意味やシステム化するメリットを解説

  8. LINC Bizの特徴・価格・機能を紹介!

  9. クラウドコントラクトの特徴・価格・機能を紹介!

  10. 【徹底比較】チャットとメールの違いは?メリットや使い分け方も