BtoBプラットフォーム 契約書の機能・価格・評判を紹介!

BtoBプラットフォーム 契約書とは

BtoBプラットフォーム 契約書は、契約書の締結・保管を電子化することができます。また、ワークフロー(社内承認)をWeb上でおこなうこともできます。

1. 『BtoBプラットフォーム 契約書』の概要

『BtoBプラットフォーム 契約書』は、契約書の締結・保管だけでなく、ワークフロー(社内承認)をWeb上で行うことができる電子契約システムです。
最大5社間契約可能で、電子帳簿保存法にも対応しています。

電子契約

取引先との契約締結を電子化する、いわゆる電子契約システムとして利用可能です。契約書発行側でも受領側でも導入可能となっています。クラウド上で進行状況の把握や締結ができるため、業務のスピードアップと効率化を実現します。また、印紙税などのコスト削減も可能になります(※5社間契約まで契約締結可能)。

対象:今後発生する未来の契約

電子保管(自社保管)

契約書の電子保管庫として利用可能です。保管スペースの有効活用、契約書の管理の簡素化、安全な社内共有を実現します。

対象:

  1. 過去に締結した紙の契約書
  2. 今後、紙で締結する契約書
  3. 契約書以外の文書

ドキュメントScanサービス

紙で締結した契約書などをスキャンして、『BtoBプラットフォーム 契約書』で保管・管理するサービスです。手間がかかる文書のスキャン作業を一括代行し、システムに一括でアップロードできるほか、電子締結した契約書と合わせて一元管理できます。

電子帳簿保存法にも対応

『BtoBプラットフォーム契約書』なら、取引先も含めて電子帳簿保存法に対応。大事なお取引先様にも、安心して電子データ化の依頼が可能です(※契約書、発注書等は国税関係書類です)。

▶対応可能な文書:
請負契約書 / 基本契約書 / 金銭借用書 / 売買契約書 / 秘密保持契約書 / 発注書 / 発注請書 / 納品書 / 検収書 … など

BtoBプラットフォーム 契約書でできること

2. 『BtoBプラットフォーム 契約書』の特徴

商行為の柱をすべて電子化できる

商取引行為(見積・契約・受発注・請求)で発生する書類・帳票類をBtoBプラットフォームですべて電子化できます。

見積・契約・受発注・請求が1つのID / 画面で管理できる

BtoBプラットフォームなら、見積・契約・受発注・請求が1つのインターフェースで可能です。

契約書の発行・受領、両方を電子化できる

各社が複数の取引先と、契約書の発行・受領の両方を電子化可能です。1社の電子化が連鎖的に他社へ拡がり、電子化を促進します。

取引先の賛同を得やすい

60万社以上が既にBtoBプラットフォームを利用しているため、導入がスムーズです。取引先は無料で利用できます。

電子データ化後のイメージ

3. 『BtoBプラットフォーム 契約書』が悩みを解決します

契約業務、こんなお悩みありませんか?

  • 印紙税・郵送費など、コストがかかる
  • 契約書面のやり取りに時間がかかる
  • 回収・未回収の状況や契約期間の管理ができない
  • 保管場所をとり、探すのに手間がかかる

『BtoBプラットフォーム 契約書』を導入すると

契約書の締結・管理を電子化して、契約業務の効率化を実現!
クラウドだから契約締結まですぐに完了します。

コスト削減:契約書の郵送代・印紙税がかからないので、コストを大幅削減できます!

時短・業務効率化:契約書の締結業務がスピード化・効率化!「未締結」「締結済」の進行状況もすぐに把握できます。

保管・管理改善:クラウド管理のため保管スペースをとらず、契約書の一元管理や検索性もアップします!

コンプライアンス強化:契約書の紛失・劣化・棄損、データの改ざん等のリスクを軽減できます!

機能一覧

契約書管理契約書の一覧表示、検索、並べ替えする機能 ※特定ユーザに参照権限を付与することも可能
契約書発行合意済み契約書をアップロードにて登録し、取引先に送る機能
契約書保管契約書の電子保管機能(紙締結した契約書もPDF化してアップロード登録することで保管可能)
契約期限切れアラート機能
契約書の有効期限の90日前に更新確認通知をおこなう機能
管理機能印影管理・電子証明書管理・ワークフロー連係設定をする機能
ワークフロー機能(申請・承認)
作成した契約書を社内に承認依頼する機能、および依頼された契約書を承認する機能、テンプレート、承認グループ、承認ルートなど柔軟な管理が可能

価格・料金プラン

項目フリーシルバーゴールド
初期費用
月額費用0円~10,000円~30,000円~
詳細

導入実績

株式会社エース・オートリース、株式会社岡崎組、株式会社フィーリスト、玉野総合コンサルタント株式会社、ファンズソリューションズ株式会社、JTビジネスコム、クリナップ、株式会社船場、スタイルズ、株式会社グローバル・デイリー、ニスコム、日本ケアコミュニケーション、株式会社ニッセン、株式会社産経デジタル、日本電算企画株式会社、株式会社フードコネクション、株式会社ナウプロダクション、ロイヤル株式会社、株式会社HS情報システムズ、アイザワ証券株式会社、株式会社エイブル、クオカード、株式会社日本アクセス、日本生活協同組合連合会、株式会社サイバーエージェント、NRI、株式会社メガ、株式会社ハートス、株式会社アスカグループ、ダイヨシ・コーポレーション株式会社、株式会社関電システムズ、日清医療食品株式会社 など (敬称略)

企業情報

企業名インフォマート
資本金3,212,510,000円
代表者名長尾收
従業員数300~599名
設立年1998年
上場区分上場

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. ZONEの特徴・価格・機能を紹介!

  2. Zoho Meetingの特徴・価格・機能を紹介

  3. 領収書とは?役割をわかりやすく解説!レシートとの違いや書き方、注意点を理解しよう

  4. ラクラク電子契約の特徴・価格・機能を紹介!

  5. コールセンターの立ち上げ方とは?必要なシステムやポイントを理解しよう

  6. BtoBプラットフォーム 請求書の機能・価格・評判を紹介!

  7. RICOH Unified Communication System(ユニファイドコミュニケーションシステム)の機能・価格・評判を紹介!

  8. 領収書の保管方法を紹介!保管期間はいつまで?保管の義務や法律についても解説

  9. SFAの機能まとめ|主要SFAの機能比較もあり

  10. 無料で使える名刺管理アプリ6選|安全性や注意点も解説!