クラウドスタンプの特徴・価格・機能を紹介!

テレワークやリモートワークの急速な普及と拡大を受け、電子データによる契約書の導入が進んでいます。電子契約サービスは比較的簡単に導入することができるうえ、メリットが豊富です。この記事では、電子契約サービスの一つであるクラウドスタンプ(CLOUD STAMP)の特徴や機能、価格などを詳しく紹介します。

クラウドスタンプとは

クラウドスタンプは、これまで紙の契約書でおこなっていた契約関連業務を全てクラウド上で完結させることができるクラウド型の電子契約サービスです。

作成した契約書をクラウド上にアップロードし、相手から電子署名をもらうことで契約を完了させることができるため、契約書を印刷して製本したり、相手に郵送したりする必要もありません。オフィスなどに出社し、契約に立ち会う必要もなくなります。そのため、場合によっては数分で取引先との契約を締結させることができ、業務時間の大幅な短縮につながります。

また、クラウドスタンプは、単純に電子契約サービスを提供するだけではなく、経営面のトラブルについて専門家に相談できたり、契約書の雛形を利用できたりするプランも用意されています。

クラウドスタンプの特徴

クラウドスタンプの大きな特徴としては、以下が挙げられます。

  • 押印と同じ法的効果をもつ電子署名を採用している
  • データがクラウドに保管される
  • 契約書以外にも豊富なサービスが利用できる
  • 導入前後のサポートが充実している

それぞれの特徴について、詳しく解説していきます。

押印と同じ法的効果をもつ電子署名を採用している

電子署名を使った契約に対して、法的効力や真正性の観点から不安を感じる人もいるでしょう。しかし、契約締結の方式というのは、従来の書面によるもの以外に口頭やEメール、クラウド上などのさまざまな方法も、日本の私法における「契約方式の自由」として認められています。
契約締結時に当事者同士がクラウドスタンプ上で契約に合意し、クラウド上で電子署名をおこなえば、法的にも問題なく契約が成立します。

なお、クラウスタンプで契約締結をおこなう場合、以下のタイミングで電子署名を付与することになります。また、クラウドスタンプの電子署名の有効期限は1年間ですが、電子署名の有効期限を過ぎた後も、法的効力がなくなることはありません。

契約書類送信時契約書類の作成ならびに送信時に、送信者が書面に対して同意した記録として電子署名が付与されます。
契約書類受信者による書類の転送時契約書類の受信者が、同様の権限を持つ第三者に書類を転送した場合、転送をおこなった記録として転送をした受信者の電子署名が付与されます。
契約書類への同意時契約書類の受信者が、内容に同意した旨の操作をおこない、契約の合意が締結した時点で、契約に同意した旨の記録として電子署名が付与されます。

データがクラウドに保管される

クラウドスタンプでは、作成した文書や合意された文書などを全てクラウド上に保管しておくことができます。データで保管をするため、用紙や印刷にかかる費用が削減できるうえ、郵送の費用はかかりません。

データの保管期限はなく、契約期間中は容量および期間無制限で保管することが可能です。また、稟議書などの承認状況を表すステータスの確認や、契約書名を指定することによる文書の絞り込み検索などをおこなうこともできます。
さらに、合意が締結した契約書類についてはPDF化され、送信者と受信者の双方にメールで送信されます。必要であれば印刷し、紙の書類として保管しておくことも可能です。

なお、当サービスを利用解除する場合は、クラウド上に保管されたデータは全て削除されます。そのため、必要な書類については、利用解除までにPDFデータをダウンロードし、保存しておくことをおすすめします。

契約書以外にも豊富なサービスが利用できる

クラウドスタンプでは、契約締結をおこなう双方の捺印を必要とする契約書類だけではなく、注文書や納品書、請求書、領収書など、さまざまな書類に対応しています。

また、管理者はメンバーの追加や、編集や閲覧に関するメンバーの権限の設定、パスワードや認証方法の設定なども可能です。よく利用するメンバーについてはあらかじめ連絡先として登録しておくこともできます。

一方、利用規約への同意があれば、アカウント登録をしていない人でも書類の確認や同意をおこなうことが可能です。よく利用する契約書や合意文書をテンプレート化することも可能で、あらかじめテンプレートを新規作成しておくこともできます。

導入前後のサポートが充実している

一般的なクラウドサービスは手軽に導入できるというメリットがある反面、導入前、導入後のサポートが簡素化されていることも少なくありません。
クラウドスタンプでは、公式サイト上で業種別、あるいは書類別の「ケーススタディ」を公開しています。導入事例を参考に、自社の課題解決にマッチするかどうかの参考にするとよいでしょう。

また、同サイトでは「業務コスト削減シミュレーション」を使って、現在の契約書類の運用にかかっているコストから、クラウドスタンプ導入後のトータルコストを算出することもできます。
導入前には電話や専用フォームから個別に相談をおこない、契約内容を確認したのちに本契約となるため、不安な点や疑問点は導入前にしっかりと解消することが可能です。

また、導入後、ベーシックプランの場合は電話によるサポートに加えて、専門のスタッフが訪問し、初期設定をサポートするサービスも受けることができます。
さらに、クラウドスタンプでは契約書類の作成やチェックなどをプロに依頼することも可能で、事前に一括見積を取ることができるので、料金面でも安心です。また、契約書関係だけではなく、経営面のトラブルなどを専門家に相談できる電話サービスも利用することができます。

価格・料金プラン

クラウドスタンプの料金プランは「ライトプラン」と安心サポート付きの「ベーシックプランの」2種類です。料金の内訳は「初回費用」、契約期間24カ月の「月額利用料」、「従量料金」から構成されています。詳細についてはいずれのプランも事前に問い合わせが必要です。

なお、あらかじめ用意された契約書のテンプレートを使用したい場合や、サポートを必要とする場合には「ベーシックプラン」の選択が必須となるでしょう。
料金プランは以下の通りです。

プラン名 ライトプラン ベーシックプラン
初期費用問い合わせ問い合わせ
月額費用問い合わせ問い合わせ
補足安心サポート付き

機能一覧

現在クラウドスタンプで対応しているファイル形式はPDF形式のみとなっていますが、今後順次対応する予定があるなど、機能については拡張されていくことが予想されます。そのため、詳細な機能については、ホームページ上の専用フォームまたは電話での問い合わせをおすすめします。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

クラウドスタンプの提供環境と技術情報は以下の通りです。
ブラウザの提供環境については、Cookie及びJavaScript が利用可能なことが条件なので、注意しましょう。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS

ブラウザ

  • Firefox
  • Google Chrome
  • Internet Explorer
  • Safari

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

クラウドスタンプのAPI連携・サービス連携に関する情報は、現時点では公開されていません。詳細については問い合わせによる確認が必要となります。

セキュリティ

クラウドスタンプの利用時は、サービス上のデータが毎日自動でバックアップされます。さらに、合意締結時に送信者と受信者双方への原本ファイル送付をすることで、データの保全を一層強化しています。

また、情報漏洩対策として、通信には鍵長2048bitの公開鍵暗号を用い、暗号化を強化しています。
なお、サービス提供上必要な場合にのみ、情報の機密性を図ったうえで、必要な書類の内容の閲覧などがおこなわれる場合があります。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

導入前の詳細な相談や見積りについては、電話やホームページ上の専用フォームから個別におこなうことが可能です。また、「ベーシックプラン」を導入した場合は、初期設定時の専門スタッフによる訪問サポートに加え、電話によるサポートを受けることができます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. 【日本語にも対応】無料で使える3つのオープンソースCRMを比較!

  2. U ミーティングの機能・価格・評判を紹介!

  3. Web会議システム「Zoom」とは?使い方や料金などを紹介!

  4. GlobalMeet コラボレーションの特徴・価格・機能を紹介

  5. ビズトラの特徴・価格・機能を紹介!

  6. 今さら聞けないCTIとCRMの違いや基本的な活用方法

  7. DataClasysの評判や価格は?Boxと連携できるファイル暗号化ソフト

  8. jinjerミーティングの機能・価格・評判を紹介!

  9. Web会議で役立つSkypeの使い方|ほかのサービスとの違いも解説!

  10. V-CUBE ミーティングの機能・価格・評判を紹介!