かんたん電子契約forクラウドの特徴・価格・機能を紹介!

DX化の推進が注目されている現代において、電子契約サービスの需要は高まっています。この記事では、セイコーソリューションズ社が提供している「かんたん電子契約forクラウド」の機能や特徴を紹介します。かんたん電子契約forクラウドの導入がおすすめの企業や、他社サービスとの違いについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

かんたん電子契約forクラウドとは

かんたん電子契約forクラウドは、Webブラウザ上で契約書の締結、保存、閲覧ができる電子契約サービスです。簡単な操作で契約業務を効率化することができ、業務プロセスの改善とコスト削減に貢献できるサービスとして注目されています。

かんたん電子契約forクラウドを導入すれば、契約の依頼から締結、契約書の保管までをデジタルで完結できる、印刷や印鑑、収入印紙、郵送が不要で、手間もコストも削減できる、ファイルの保管や検索が容易になるといったさまざまなメリットがあります。 

かんたん電子契約forクラウドの特徴

かんたん電子契約forクラウドがもつ、他社の電子契約サービスと異なる特徴について紹介します。

大企業のシステム構築を想定

かんたん電子契約forクラウドを提供するセイコーソリューションズ社は、電子契約サービスを含む複数のITサービスを提供しています。
大手企業に向けた総合的なシステム構築を想定したサービス展開をおこなっています。かんたん電子契約forクラウドとセイコーソリューションズ社が提供する複数のサービスを組み合わせることで、大手企業に適したシステムの構築が可能です。

電子契約に必要な最低限の機能のみ搭載

かんたん電子契約forクラウドは利用者が使いやすいよう、電子契約に必要最低限の機能だけが搭載されているのが特徴です。「契約締結」や「タイムスタンプ」、「契約書の保管・検索」など、シンプルでわかりやすい機能が備わっています。

契約ステータスが管理しやすい

かんたん電子契約forクラウドは、承認済や締結待ち、否認済など、契約ステータスが画面上で確認することができます。契約がどの段階なのかといった確認や管理がしやすくなるでしょう。

価格・料金プラン

業種や用途にあわせた、各種料金プランは以下の通りです。

プラン名 スタンダード版 ビジネス版 エンタープライズ版
月額費用10,000円10万円20万円
初期費用0円0円0円
アカウント発行0円0円0円
電子契約機能100円/1ファイル送信100円/1ファイル送信100円/1ファイル送信
保管機能0円0円
ファイル管理機能上限2,000ファイルまで無料上限20,000ファイルまで無料上限50,000ファイルまで無料
SMS送信30円/1送信30円/1送信30円/1送信

機能一覧

かんたん電子契約forクラウドサービスの豊富な機能は以下の通りです。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

ホームページ上には、詳しい提供環境・技術情報は記載されていません。
導入を検討している企業は、一度問い合わせをおこなってみるとよいでしょう。

提供形態

クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

かんたん電子契約forクラウドでは、API連携・サービス連携をおこなうことができます。自社で利用しているサービスと連携することで、より使いやすさが向上するでしょう。
また、セイコーソリューションズ社が提供する「自動化ツール」を連携すれば、契約文書の配布を自動化できるといったサービスもあります。

セキュリティ

かんたん電子契約forクラウドのセキュリティについて詳しく知りたい場合には、一度問い合わせしてみることをおすすめします。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

かんたん電子契約forクラウドは、サービス導入前からサポートを受けることができます。また、定期的なセミナーの開催では、電子契約導入のメリットや書面契約との違い、導入のポイントを解説してくれます。導入前の疑問や不安を解消できるので、活用するとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. ネオ・クイックコールの特徴・価格・機能を紹介!

  2. Chat&Messengerの特徴・価格・機能を紹介

  3. TASKALの特徴・価格・機能を紹介!

  4. 【法務DX】電子契約推進のカギは組織横断的コミュニケーションにあり #SaaS導入ストーリー(クラウドサイン×ウォンテッドリー)

  5. GrooForce for Businessの特徴・価格・機能を紹介!

  6. 有料のWeb会議9選|ZoomやWebexなど無料版との違いを比較!

  7. CTIの機能を理解・比較したうえで理想的なシステムを導入しよう

  8. KDDI TeleOfficeの機能・価格・評判を紹介!

  9. GoodCallの機能・価格・評判を紹介!

  10. RemoteMeetingの機能・価格・評判を紹介!