CMサインの特徴・価格・機能を紹介!

紙の契約書から電子契約書に変更することで、業務の効率化をはじめとした多くのメリットを享受することができます。このような電子契約書ツールは複数あり、それぞれに特徴があります。今回は数ある電子契約書ツールのなかから、「CMサイン」の特徴を紹介します。

CMサインとは

CMサインとは、契約作業をデジタル上で手際よくおこなうことを可能にする立会人型電子署名サービスです。契約プロセスを電子署名でおこなうことによって、契約という行為自体がよりシンプルなものになります。認定タイムスタンプを採用しており、法的に安心なサービスであることも、利用するうえでは大きなメリットです。

CMサインの特徴

CMサインの特徴としては、以下のようなことが挙げられます。
ここでは、それぞれの特徴について説明します。

  • 非改ざん証明が可能
  • 本人認証をおこなえる
  • 署名依頼の手段を選べる
  • デジタル印鑑を利用できる

非改ざん証明が可能

CMサインは、立会人型の電子署名です。世界中で信頼されている電子文書の委託サービス、Adobe Approved Trust ListのメンバーであるGlobalSignの電子証明書を用いて、「誰が」「何を」「いつ」契約したかを、技術的に証明することができます。そのため、契約において重要な要素である「非改ざん性」の証明も可能です。

本人認証をおこなえる

CMサインでは、SMS(ショートメッセージ)を用いて本人認証をおこないます。SMSは本人確実性・到達率・開封率が高いとされているので、本人認証をおこなう際には非常に有効な手段です。
企業間だけではなく企業と個人の間の契約でも利用することが可能なため、利用シーンや相手先に合わせて柔軟な対応が可能です。

署名依頼の手段を選べる

署名依頼は、メールでもSMSでもおこなうことができます。メールは相手のメールボックスの中で埋もれてしまったり、迷惑メールフォルダに振り分けられたりしてしまう可能性がありますが、SMSはメールのように受信時に別のフォルダに振り分けられてしまうといった心配がありません。そのため、とくに企業と個人の間で契約を結ぶ際には、SMSが役立ちます。

デジタル印鑑を利用できる

認印・社判・代表者印の3種類を、契約書にデジタル印鑑として付けることができます。テキスト署名だけでなく、マウスパッドやタッチペンでの自署にも対応しています。

価格・料金プラン

CMサインの料金体系に関しては、現時点ではホームページ上に記載はありません。
導入を検討している方は、問い合わせが必要です。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

CMサインには、「かんたん契約書作成」や「クラウド文書管理」、「ワークフロー管理」などのさまざまな機能が搭載されています。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどからの署名にも対応しています。

契約書テンプレート三者間契約
データ取り込み印影登録
契約書レビューメールによる本人認証
コメント機能電子認証局による本人認証
ファイル添付手書きサイン
一括作成ダッシュボード
検索・絞り込み通知・催促アラート
契約更新通知承認状況の確認
閲覧制限グループ管理
文書エクスポートAPI連携
電子帳簿保存法対応ATS(採用管理システム)連携
文書スキャンERP連携
一括承認CRM連携
一括締結SFA連携

提供環境・技術情報

CMサインの提供環境と技術情報は、以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

CMサインは、さまざまなシステムとAPI連携させることが可能です。自社で利用しているシステムとAPI連携させることで、より使いやすくカスタマイズすることができます。

セキュリティ

CMサインは、SMSによる本人認証で署名環境の安全性や本人確実性を確保しており、取引先の希望に合わせて設定することが可能です。日本国内の電子署名法・アメリカのESIGN法・ヨーロッパのEIDASに準拠しているため、顧客に対して国内・国際取引に対応した電子署名機能を提供することができます。
また、企業として情報技術サービスマネジメント(ISO/IEC 20000-1)や情報セキュリティマネジメント(ISO/IEC 27001)を取得しています。

暗号化通信- データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

CMサインの利用にあたっては、メールでのサポートを受けることが可能です。電話やチャットなどでのサポートに関してはホームページ上で記載がないため注意が必要です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. コールセンター業務でチャットボットの導入がおすすめな9つの理由

  2. 経費精算での勘定科目の種類・仕訳方法をわかりやすく解説

  3. コールセンターにおけるアウトバウンドとは?成功のコツも紹介!

  4. 経費精算幕僚の特徴・価格・機能を紹介!

  5. NetSuite CRMとは?評判・使い方・価格などを紹介!

  6. ちきゅうの特徴・価格・機能を紹介!

  7. Web会議アプリ比較8選|スマホやタブレットで使えるものを厳選!

  8. IP Messengerの特徴・価格・機能を紹介!

  9. ECOAS経費・旅費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  10. 無料のCTIシステム7つを比較|顧客管理機能付きなど