MEDIA-CTIの機能・価格・評判を紹介!

MEDIA-CTIとは

コールセンター対応の豊富な機能を揃えています。オフィスで利用する際は、必要な機能を絞り込んだミニマムパッケージも選択可能です。自動発信システムで発信業務を効率化したい、自動音声応答やあふれ呼で顧客対応の満足度を上げたいなど、導入ニーズはさまざまです。売り上げUPや店舗拡大など、導入効果事例も多数あります。
要望に合わせ、機能やツール連携などの各種カスタマイズ、テレワークにも対応しています。

1. 発信業務を効率化!テレワーク対応の自動発信機能

自動発信機能の特徴

発信リストによって発信倍率を変えることが可能:リストをシステムに投入するだけで自動発信が可能です。不在や即切は省いて、繋がった発信先のみオペレータに着信させます。

待機オペレータがいなくなったら自動で発信をストップ:発信数を増やしながら業務の手間を削減することが可能。繋がった発信先のみオペレータに繋がるので無駄な時間をつくりません。

簡単操作で大量発信:発信業務を自動化することでオペレータの架電の手間を削減し、時間の無駄を省きます。掛け間違いもおこりません。

自動発信機能のメリット

  • オペレータの待ち時間を減らし、人件費の無駄を省くことができます。
  • 自動発信で発信数が倍になり、売上アップに直結します。
  • 架電業務を自動発信にして業務効率UPが可能です。

2. 豊富なコールセンター機能!オフィスにも活用可能!

1席から導入可能、カスタマイズにも対応!

コールセンターだけでなく、オフィスでも活用できるミニマム機能のプランもあります。また、発信元の情報表示や、通話録音などオフィスで活用できる便利な電話機能も提供しています。


業務や規模に合わせた構築

顧客毎に業務に合わせて自由な構成による構築が可能です。希望や相談内容に合わせて、さまざまな構成の提案や構築をします。

クラウド型もしくはオンプレ型/電話機についてはソフトフォン(自社開発)やハードフォン、すでに利用している回線も自由に選択できます。
※フリーダイヤルの場合には一部制限が入ることがあります。

MEDIA-CTIの機能

3. 選べる構築方法

クラウド型・オンプレ型を用意。次のような要望・相談に合わせて、最適な提案をおこないます。

  • スタートアップはまずは最小限でやりたいな・・・
  • 今後〇席まで席数を拡大したい!
  • 今すぐに始めたいけど費用はどのくらいになるのかな・・・
MEDIA-CTIの利用形態

機能一覧

全通話録音内線・外線の通話をすべて録音し、対応履歴画面から再生・削除ができます
着信振り分け機能着信をスキルや稼働状況など設定に応じてオペレータに着信させることができます(ACD)
座席表着信中、ワーク中、離席中などオペレータのステータスが座席レイアウトで把握できます
待ち呼着信させるオペレータがいない場合にガイダンスを再生し、呼び出しを待機させます
サイレントモニタ管理者がオペレータと顧客の声をモニタリングできます。研修やクレーム対応に活用できます
待ち呼数表示画面管理画面から通話待ちの着信数が確認できるため、オペレータの意識向上が図れます
ささやきモニタオペレータのみに聞こえる会話が可能です。管理者から対応のアドバイスが可能です
統計/レポート機能月別・日別・オペレータ別に統計情報やレポートを抽出可能です
トークスクリプト・メモ自動で着信番号に応じたトークスクリプトを表示させ、簡単なメモを入力できます
各種設定変更管理画面から、いつでも各種業務の設定や顧客の登録・変更等が可能です
音声認識機能通話をテキスト化し、OK・NGワード表示することができます
自動発信倍率を設定し、顧客リストからシステムが自動で発信します。倍率やリストの変更も可能です
リスト一括登録発信リストや電話帳などのリストはCSVで一括登録ができます。管理画面から自由に変更も可能です
自動音声応答着信時は自動音声応答で担当オペレータに振り分けることができます
カスタマイズご要望がありましたら、カスタマイズ対応もしております
CRM連携他社CRMと連携して顧客情報を入力・変更することができます
テレワーク対応ネット環境さえあればどのデバイスでも利用可能。場所を問わずに利用できます

価格・料金プラン

項目料金
初期費用別途相談
月額費用別途相談
詳細別途相談

導入実績

【導入実績のべ1,200社以上】

CTIシステム(受電業務)…食品通販会社
CTIシステム(受電業務)…官公庁
CTIシステム(3者通話)…通訳コールセンター
ビジネスフォン…学習塾
アウトバウンドシステム(プレディクティブ発信)…リフォーム会社
IVRシステム(キャンペーン自動受付)…金融機関
FAXシステム(受注業務)…大手食品会社
FAXシステム(一斉同報)…某協会  

企業情報

企業名メディアシステム
資本金18,000,000円
代表者名石井光弘
従業員数10~49名
設立年1997年
上場区分非上場

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. GRIDY 名刺CRMの特徴・価格・機能を紹介

  2. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  3. COLLABOS PHONEの機能・価格・評判を紹介!

  4. VQSコラボ Businessの機能・価格・評判を紹介!

  5. Traveler’s WANの特徴・価格・機能を紹介!

  6. エクセルで名刺管理する方法は?自作でシートを作成する手順を解説!

  7. T-SQUARE/CTの機能・価格・評判を紹介!

  8. CallConnectの機能・価格・評判を紹介

  9. JANDIの特徴・価格・機能を紹介!

  10. B-Roomの料金・機能は?インストール不要のオンライン商談ツールを解説!