NSTechno-phone Managerの機能・価格・評判を紹介!

CTIは他ツールと連携することでより効率的な業務実現が期待できます。連携できるツールは各CTIによって異なりますが、チャットツールのようにコミュニケーションツールと連携することで、迅速な情報共有が可能になります。今回は他ツールとの連携が可能な「NSTechno-phone Manager」の機能や価格を紹介します。

NSTechno-phone Managerとは

NSTechno-phone Managerは、証券システムのプライムベンダーである日本証券テクノロジー社が提供するCisco認定のCTIアプリケーションです。
日本証券テクノロジー社では、電話・メール・チャットなど多様化するコミュニケーションツールを統合させることで、情報を一元化しコミュニケーションを円滑にさせる、UC(ユニファイドコミュニケーション)ソリューションを提案しています。

同社のUCソリーションのひとつであるNSTechno-phone Managerも、社内外のコミュニケーション手段を統合させることによって、作業の迅速化やビジネスの活性化が期待できます。

NSTechno-phone Managerの特徴

NSTechno-phone Managerは、電話での営業活動をサポートする機能を、PC画面上に集約していることが、特徴として挙げられます。次にPC画面上からどのようなことができるのか、特徴を詳しく紹介します。

PC画面からワンクリックで相手先に発信

多くの電話受信・発信業務をおこなうコールセンターの現場では、作業工数を減らして、より少しでも多くの顧客対応をおこなうことが求められます。固定電話での発信は、顧客の連絡先から1件ずつダイヤルを押す必要があり、手間と時間がかかって面倒です。

NSTechno-phone Managerでは、これらの作業をワンクリックで完了させることができます。NSTechno-phone Managerに保管されている3つのアドレス帳(内線電話帳・外線電話帳・共通電話帳)から、通話したい相手を検索してクリックするだけで発信が可能となります。
電話帳の検索は、顧客名だけでなく組織名、役職、電話番号、コメントなどからキーワード検索で相手先を抽出することもできます。検索手段が幅広くあることで、名前が不明な時でも、顧客情報を抽出することが可能となります。

着信時に相手先情報をPC画面に自動表示

NSTechno-phone Managerは、着信が入ると相手先の情報をPC画面にポップアップ表示します。画面には、電話帳に登録されている会社名や氏名などの情報が表示されます。

このような機能が無い受電業務では、相手が氏名しか名乗らなかった場合は、電話を切った後に会社名など顧客情報を調べる作業が増えることもあります。しかし、NSTechno-phone Managerの着信機能を使えば、顧客情報を見ながら通話ができるため、このような作業の手間が増えることがありません。

また、通話する前に相手先の情報を確認できることによって、その後のコミュニケーションを支障なく取ることも可能になります。

相手の在席状況もPC画面から確認が可能

NSTechno-phone Managerは、在席・離席のボタン操作とIP電話の状態を監視することによって、相手の在席状況もリアルタイムでPC画面上に表示します。在席状況に応じて、連絡を電話、メール、伝言メモ、Web会議の中から適した手段を選択できるので、相手により確実にメッセージを伝えることができます。

また、「伝言メモ機能」を使えば、代理応答した社員が通話内容をサーバーに登録することで、伝言メモとして保管され、イントラネット内のほかのパソコンからもでも本人が内容を確認できるようになります。これらの機能を上手く使い分けることで、連絡ミスによる機会損失を防ぐことも可能となります。

価格・料金プラン

価格・料金プランについては、公式ホームページに記載がありません。導入を検討する場合には、ベンダーに直接お問い合わせください。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

NSTechno-phone Managerは、電話応対業務を効率的におこなうのに必要な機能が充実しています。主な機能は、「電話帳検索・発信機能」、「在席管理・話中確認機能」、「着信監視・表示機能」、「伝言メモ機能」などがあります。

また、オプション機能も豊富に取り揃えています。一例をあげると、「不在時転送機能」は、外出時などにかかってきた電話をスマートフォンなど携帯端末に自動転送し、発信者情報をメールでも通知する機能です。また、使用者にあわせて画面を英語表示に切り替える機能もあります。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

NSTechno-phone Managerの提供環境と技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows

ブラウザ

  • Internet Explorer

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

いずれもオプションでのサービス提供となりますが、以下のシステムとの連携が可能となっています。「Cisco Unity」との連携では、ボタン押下でCisco Unityメッセージシステムの接続用番号へ自動発信します。

また、不在時の転送機能として、転送先にボイスメールを指定することもできます。「Cisco Jabber IM」との連携では、プレゼンスの表示や、チャットをおこなうことが可能です。さらに、「Cisco WebEx」と連携させることによって、Web会議の予約をおこなうことができます。

セキュリティ

セキュリティに関しては、日本証券テクノロジー社のホームページ上において、「情報セキュリティ基本方針」が公開されています。この基本方針内で、全社における情報セキュリティーポリシーを定め、事業リスク管理委員会のもとで、水準の高い安全対策・リスク管理全体の運営を維持する旨を謳っています。

同様に、「個人情報保護方針」内では、個人情報の取り扱いに関する同社の方針が明記されています。具体的なセキュリティ対策までは、現時点ではホームページ内で公開されていないので、システム導入にあたり確認が必要なことがあれば、直接ベンダーまで問い合わせることをおすすめします。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

NSTechno-phone Managerに関する問い合わせは、日本証券テクノロジー社で対応しています。また、不定期で展示会やイベントへの出展などもおこなっているので、HPより確認してみてください。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. TeleOfficeの特徴・価格・機能を紹介

  2. U メッセンジャーの特徴・価格・機能を紹介!

  3. List Navigator.の機能・価格・評判を紹介!

  4. DeeBoardの機能・価格・評判を紹介!

  5. ラクラク電子契約の特徴・価格・機能を紹介!

  6. 無料のおすすめWeb会議システム8選比較|ブラウザ対応、画面共有

  7. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  8. テレアポ職人の機能・価格・評判を紹介

  9. ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】

  10. 経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」を紹介|使い方、料金、評判など