T-SQUARE/CTの機能・価格・評判を紹介!

コールセンターにおいては、顧客の情報や問い合わせ内容をはじめ、さまざまな情報を入力する必要があります。そのため、シンプルで使いやすい操作性に長けたシステムを導入することで、業務の効率化が期待できます。今回は操作性に優れたコールセンターシステムである「T-SQUARE/CT」の機能や価格などを紹介します。

T-SQUARE/CTとは

T-SQUARE/CTは、コールセンターシステムに関する知識とノウハウを集約したシステムです。日本マイクロソフト社のクラウドサービス「Microsoft Azure」上にシステムを構築するため、Microsoft Azure上のさまざまなアプリケーションとの連携が可能になります。また、カスタマーサービス現場の声をもとにして、シンプルでわかりやすい画面と扱いやすい操作性にこだわって開発されています。

T-SQUARE/CTの特徴

T-SQUARE/CTは、同社が長年コールセンターシステム開発に携わってきたこともあり、効率的なコールセンター運営をサポートする機能が充実していることが特徴として挙げられます。次に、詳しく紹介します。

分かりやすさと操作性にこだわった画面設計

顧客の情報や入力フォームが複数画面にわたって表示されるようなシステムでは、画面をいちいち切り替えてなくてはならず、操作が非常に面倒です。
T-SQUARE/CTは、この課題を解決するべく、一画面にて顧客の情報表示から入力までをおこなえるように開発されています。これにより、スピーディーに問い合わせ対応の処理を完了することができます。

また、同社の特許技術でもある、入力にあわせて入力欄の縦幅を自動で伸縮する機能も備わっています。入力欄のスペースが大きい場合、情報を確認するために画面をスクロールしなくてはなりませんが、この機能によって、効率よく画面を使用することができ、必要な情報を長く画面に表示させておくことができるようになります。

カスタマーサービス業務で必要性の高い機能を標準搭載

カスタマーサービス担当者の声をもとに、特に現場ニーズの高い機能を標準搭載しています。問い合わせ内容によって、他部門へのスムーズな連携を可能にする「案件対応依頼」、同一顧客からの問い合わせ履歴を一覧表示する「お客様特定の過去案件検索」といった、顧客情報共有に役立つ機能があります。

ほかにも、商品ごとの受付件数やオペレーター別の受電件数など、電話応対業務に関連するデータを集計して、データ分析を行うことも可能です。
ユーザーによる、画面タイトルやフィールドの追加・削除といったセルフカスタマイズもでき、汎用性の高い仕様になっています。このほかにも、カスタマーサービス業務に役立つ便利な機能が、多数搭載されています。

価格・料金プラン

導入がしやすいクラウド型サービスのため、初期費用をなるべく抑えて設置したい場合に、最適なシステムです。企業内の複数部門にシステムを導入する場合、各部門の利用頻度に応じて、ライセンス価格を設定することができます。これにより、運用コストを無駄なく最適化することが可能になります。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

T-SQUARE/CTは、カスタマーサービスの現場ニーズにあわせて開発された機能が多数搭載されています。「案件対応依頼」、「お客様・商品情報特定のための過去案件検索」、「類似案件検索」、「選択商品アラート」といった、顧客情報の抽出や管理に役立つ機能が多いのが特徴です。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

T-SQUARE/CTの提供環境と技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

他ソリューションサービスと連携させることで、効率的にカスタマーセンター業務を管理することが可能になります。たとえば、Microsoft365のプロジェクト管理ツールなどと連携させることで、調査依頼といったタスクを直接反映させることができます。

また、東芝デジタルソリューションズ社の「コミュニケーションAI RECAIUSコンタクトセンター」と連携させることで、音声データを文字データに変換することができ、応対の振り返りなどに活用ができます。また、同社の「コミュニケーションAI RECAIUSナレッジエディタ」との連携では、膨大な応対履歴もとにFAQの作成を容易にすることが可能です。

このように、さまざまなサービスとの連携が可能となっています。

セキュリティ

現時点では、公式ホームページ上に記載がありませんので、詳細はメーカーに問い合わせましょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

公式ホームページ内には、お問い合わせフォームが設けられています。または電話での問い合わせも可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. Chatterの特徴・価格・機能を紹介!

  2. 「paperlogic 電子契約」とは?料金や評判、他サービスも紹介!

  3. Web会議の背景9選|ビジネスで利用できる背景を紹介

  4. Web会議での名刺交換方法やツール選びのポイントを徹底解説

  5. AIを活用したSFAシステム「Senses」の魅力や特徴、料金プランをご紹介

  6. 経費精算システム『rakumo ケイヒ』とは|特徴や料金、評判など

  7. LaXiTera(ラクシテラ)の機能・特徴・料金を解説

  8. ラクラク電子契約の特徴・価格・機能を紹介!

  9. maneKEY(マネキー)の機能・価格・評判を紹介!

  10. BtoBプラットフォーム 契約書の機能・価格・評判を紹介!