DISHの機能・価格・評判を紹介

インサイドセールスやコールセンターは、業務に特化したツールを導入することで現場の業務をよりスムーズにおこなえます。たとえばマーケティングに特化したDISHは、現場で柔軟に活用できる戦略的コンタクトセンターシステムとして挙げられます。今回はDISHの特徴や料金プラン、機能一覧などを紹介します。

DISHとは

DISHはリリース後に顧客からの要望を踏まえ、何度もバージョンアップをおこなっています。最新版では顧客情報を一元管理できるCRM機能や分析に活用できる集計機能が強化され、より使いやすいシステムとなりました。
DISHはマーケティングの現場で導入されることを想定したシステムです。DISHにはCTIやCRMの充実した機能が搭載されているので、あらゆる現場で便利に活用できます。
DISHは開発以降多くの企業に導入されています。近年では誰もがその名を知る大手企業での導入例も増加しています。

DISHの特徴

複数の顧客データやコミュニケーション、プロモーションを一元管理できるのが、DISHの大きな特徴です。

DISHを導入すれば発信業務(アウトバウンド)だけでなく、受電業務(インバウンド)にも対応できます。DISHはマルチチャネルサービスに対応しており、顧客対応と並行してメールやFAXの送受信をおこなうことも可能です。
また、運用状況をリアルタイムで把握したり、集計による結果分析を総合的に管理したりといった使い方もできます。
DISHでは、ドラッグアンドドロップなどのマウス操作のみで顧客データの記録や業務設計をおこなうことが可能です。簡単な仕組みになっているので、初めてシステムに触る方でも抵抗なく操作できます。

コールセンターの目的は、顧客のリレーション獲得や育成です。DISHは、システムの導入によって業務の効率化を実現し、確かな収益を上げていくことを目的として開発されています。
たとえば既存顧客へのテレアポの場合には、商品の買い替え時期や催事イベントの開催時期を狙ってコンタクトを取るのが有効です。また、ダイレクトメールの送付後にあらためてテレアポをする手法もあります。
DISHはすべての顧客のコンタクト履歴を記録できるため、タイミングよく訴求をおこなうことができます。また、顧客の属性に応じて電話のほかにFAXやメールを使った営業をするなど、最適なアクションプランを自動で構成してくれるのも、DISHならではの強みといえます。

提案のタイミングを逃さないためには、適切なターゲティングができるシステムが必須となります。DISHは、顧客情報をもとに営業パフォーマンスの効率化を実現できる仕組みが搭載されている、おすすめのシステムです。

価格・料金プラン

DISHのウェブサイトには具体的な価格情報が掲載されていません。とはいえ、DISHは比較的低価格で導入できるシステムとして、多くの企業からの注目を集めているようです。

コールセンター業務に活用できるシステムを導入するときには、見積りを取って価格を比較検討することをおすすめいたします。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

コールセンターで使用するシステムには、受電や架電を手軽におこなえるシステムが必要です。DISHにはナンバーディスプレイと連動したスクリーンポップアップ機能が備わっており、即座に受電対応ができます。
DISHには便利なデータインポート機能やデータエクスポート機能も備わっています。データが重複したときにアラートを出したり名寄せをおこなったり、指定した範囲のデータのみを出力したりと柔軟に活用できます。

アウトバウンドの場合には、複数回線に先行発信をして応答した回線をオペレーターにつなぐプレディクティブダイヤリングの機能を使えます。
ほかに、発信先をオペレーターが選ぶプレビューダイヤリングや、着信をオペレーターに均等に振り分ける振り分け機能、上司や管理者に電話を転送するエスカレーションなどの機能も搭載されています。

DISHに特別な設定をしない限り、プレディクティブダイヤリングなどの機能によって効率良く架電をおこなうことができます。
顧客から申し出があった場合には、特定の番号をDo Not Callリストに入れることでシステムが発信を自動でストップさせます。また、災害が起きた地域など発信を止めたい地域を設定して、そのエリアへのコールを一時的にストップさせることも可能です。

DISHでは、自動または手動でのトークスクリプトの設計業務がおこなえます。最適なトークスクリプトを設定すれば、コールセンター業務の効率は高まりやすくなるものです。
コール内容がシステムに音声ファイルとして保存され、必要に応じてすぐに再生できるのもDISHの便利な機能の1つです。また、上役がリアルタイムでのモニタリングをしたり、一部または全部のオペレーターにメッセージを送信したりする機能も付帯しています。

DISHではFAXやEメールの送受信、ダイレクトメールの送付に関する支援もおこなえます。ほかに、顧客管理画面の表示設計機能や地図連携機能などもあり、状況に応じて便利に活用できます。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

DISHの提供環境や技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

DISHの導入後には、ランドスケイプ社が構築した日本最大級のデータベースとの連携が可能です。連携をおこなえば、未開拓市場の発見やアプローチできるターゲットの選定をサポートしてもらうことが可能となります。
強力なインサイドセールスツールとしてDISHを活用するためにも、ぜひ連携を検討しましょう。
また、DISHのシステム管理画面では、他システムとのAPI連携を設定することが可能です。自社の既存システムや既存データとの連携を手軽におこなえることは、DISHを導入する大きなメリットといえます。

セキュリティ

DISHを提供するランドスケイプ社では、データベースの保護のために高度なセキュリティ対策を講じています。
データ管理に関してはアクセス制限をかけ、さらにアクセスログ管理をおこなうなどの手法が取られており、大切なデータを安心して預けられます。また、データを適切に管理するための仮想デスクトップの導入や、外部機関によるセキュリティ検査もおこなわれています。
詳しい対策についてはセキュリティ上公開されていないため、不安な点がある場合には直接問い合わせることをおすすめします。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

DISHをリリースするランドスケイプ社では、必要に応じてシステム導入時のサポートをしています。
コールセンターにとって顧客管理システムの導入は大きな決断です。せっかくシステムを導入したにもかかわらず機能を十分に活用できずに終わってしまえば、成果を上げることができません。
DISHの導入時にはコールセンターの専門スタッフによる管理者講習やオペレーター研修を受けられるので安心です。
また、ランドスケイプ社では、システムのユーザー向けのセミナーや展示会、ユーザー勉強会を積極的におこなっています。DISHの機能を余すところなく活用して業務効率を高めたい場合には、ぜひセミナーや勉強会に参加してみましょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. Appvisor Push(アップバイザープッシュ)の機能・価格・評判を紹介!

  2. コールセンターのインバウンドとアウトバウンドの違いを解説

  3. NINJA SIGN(ニンジャサイン)とは|料金・使い方・評判を解説

  4. アウトバウンド・プロの特徴・価格・機能を紹介!

  5. Web会議アプリ比較8選|スマホやタブレットで使えるものを厳選!

  6. Web会議システムのハウリングトラブルを解決!6つの対策を紹介

  7. アルテマブルーの特徴・価格・機能を紹介

  8. 名刺de商売繁盛の特徴・価格・機能を紹介

  9. 無料のおすすめWeb会議システム8選比較|ブラウザ対応、画面共有

  10. BizCompassの特徴・価格・機能を紹介