BizBaseテレマーケティングの機能・価格・評判を紹介

コールセンターでCTIを導入するメリットはさまざまです。たとえば、架電件数増加や生産性の向上、業務の効率化などにつながる可能性があります。今回は数あるCTIのなかでも、BizBaseテレマーケティングの特徴や魅力、料金プランなどを紹介します。

BizBaseテレマーケティングとは

BizBaseテレマーケティングはクラウド型のコールセンターシステムです。インターネット環境とパソコンなどの機材が用意できればすぐに業務を始めることができるのは、クラウド型ならではの強みといえるでしょう。

コールセンターにはそれぞれ「架電件数を増やし生産性を向上させたい」「無駄を省いて効率をアップさせたい」という意識があるでしょう。BizBaseテレマーケティングは、こういった悩みを解消したい企業に最適なシステムです。

BizBaseテレマーケティングには徹底した架電管理システムが備わっています。また、オペレーターのタイムロスを削減できるプレディクティブ機能が搭載されており、より効率よく業務をおこなうことができます。

また、BizBaseテレマーケティングは秒課金方式を採用しており、通話料金は全国一律に設定されています。電話機や電話番号の取得が不要なので通信費や初期費用を削減でき、スマートに業務を開始させることができます。

クラウドシステムには場所を選ばず活用できるという良さもあります。BizBaseテレマーケティングは、テレワーク化を推進したいコールセンターにもおすすめのシステムです。

BizBaseテレマーケティングの特徴

BizBaseテレマーケティングの大きな特徴は、架電効率を飛躍的に高めるプレディクティブ機能が実装されていることです。プレディクティブ機能では、システムが顧客リストや電話番号リストに沿って自動的に架電をおこない、つながった通話のみをオペレーターに転送することができます。

これまでのコールセンターでは、オペレーターが電話をかけても通話中や不在のために、大幅なタイムロスにつながっていました。また、架電先リストの検索や電話番号のプッシュ、コール音が流れる時間も大幅なロスとなります。

プレディクティブ機能を使えばこれらをすべてシステム側が処理してくれます。プレディクティブ機能を活用することで架電効率が向上しやすくなり、より多くの顧客との通話が可能となります。また、「ピックアップ」や「均等」など架電先の割り当て方法を状況に応じて選べます。

プレディクティブ機能を活用することで、架電の総数は導入前よりも大幅に増加するでしょう。成約数を増やして売上につなげることができるほか、顧客満足度の向上を目指すこともできます。

また、BizBaseテレマーケティングにはコールフローを最適化する機能も備わっています。着信自動分配(ACD)機能を使えば、状況に応じて対応オペレーターを切り替えたり、特定の部署につないだりといった工夫が可能となります。着信自動分配はウェブ画面から簡単に設定できるので、ストレスなく活用できます。

BizBaseテレマーケティングに実装されているトークスクリプトの管理機能やレポーティング機能もうまく活用したいものです。これらの機能を用途に合わせて使うことで業務効率化や対応品質の向上が図られ、さらにコストを削減することも可能となります。

価格・料金プラン

BizBaseテレマーケティングの導入価格は公式サイトに明記されていません。まずはお問い合わせや見積りをおこない、価格をチェックすることをおすすめします。

なお、BizBaseテレマーケティングには無料で使えるオンラインデモが用意されています。導入前にシステムの画面構成や機能面、使用感を確認しておきたい場合には、デモンストレーション画面を活用しましょう。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

BizBaseテレマーケティングには、自動音声応答(IVR)や着信自動分配(ACD)、クリックコールなど、状況に応じてシステムをフレキシブルに活用することができます。

リアルタイムで集計がおこなわれるレポート機能では、架電結果がレポートに順次反映されるため、テレアポ業務に必要なデータを適切に管理したりデータリアルタイムで分析をおこなったりすることができます。

また、トークスクリプトの管理機能も便利に活用できます。テレアポ業務ではテンプレートとなるトークスクリプトが必須ですが、BizBaseテレマーケティングには必要なトークスクリプトを登録しておくことが可能です。

トークフローの分岐を設定することもできるので、スクリプト完了率も自動集計されます。この機能を活用すれば、応対品質の向上や改善につなげることができます。

BizBaseテレマーケティングにはそのほかにも、通話録音機能やアクション管理、FAQ管理機能、メール送信管理機能なども用意されています。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

BizBaseテレマーケティングの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows

ブラウザ

  • Internet Explorer

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

BizBaseテレマーケティングでは、クラウドやインターネットを経由してデータセンターのIP-PBXを利用する連携が可能です。BizBaseテレマーケティングが管理するデータセンターを活用する連携方法なので、導入する側に初期投資の負担がかかりにくくなっています。また、短い準備期間で業務を開始することも可能となります。

ソフトウェアをインストールするか推奨ハードウェアを活用すれば、ネット回線のみでコールセンター業務をスタートさせることができます。

BizBaseテレマーケティングのCTI/PBX連携はクリックコールやポップアップに対応しています。さらに、通話録音やショートメッセージ送付などの連携機能も付帯しているので、状況に応じて活用しましょう。

セキュリティ

BizBaseテレマーケティングはベリサイン社のSSL暗号化通信を利用して通信がおこなうため、情報の改ざんや漏洩のリスクを防ぐことができます。また、拠点別にIPアドレスを登録したり、ログイン時間を制限したりといった設定も可能です。

BizBaseテレマーケティングは携帯電話からも利用できます。携帯電話からシステムを利用する場合であっても、アクセス権やデータの管理方法もメニューごとに設定できるので、セキュリティ上の心配は少ないといえます。

権限に基づいてセキュリティ設定ができるのもBizBaseテレマーケティングの大きな特徴です。権限をもつ人が詳細なアクセス権を決定したり、システム運用者がアクセス履歴を監査したりと工夫し、有効なセキュリティ対策を施しましょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

BizBaseテレマーケティングを提供するフレンディット社では、導入時にさまざまなサポートをおこなっています。

初めて顧客管理システムを使う方やITに慣れていない方にとって、新システムの運用というのは不安なものです。専門スタッフのフォローを受けることができれば、システムの導入フェーズをスムーズに進めることができます。

詳しいフォロー体制についてはBizBaseテレマーケティングの提供元に問い合わせることをおすすめします。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  2. AURAの機能・価格・評判を紹介!

  3. eセールスマネージャーnanoの特徴・価格・機能を紹介!

  4. Dojoの機能・価格・評判を紹介!

  5. プレディクティブダイヤルの機能・価格・評判を紹介!

  6. Chatterの特徴・価格・機能を紹介!

  7. 領収書に印鑑は必要ない?個人事業主はシャチハタでもいいのか?印鑑の押し方も解説!

  8. 名刺管理アプリでつながりたくない!SNS機能を上手く利用しよう

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. Web会議の背景9選|ビジネスで利用できる背景を紹介