Blue Beanの特徴や料金を紹介

コールセンターを運営するためのサービスは数多く提供されていますが、サービスごとに使いやすさが異なります。ここではコールセンターを手軽にスタートできるCTIシステム「Blue Bean」の特徴や料金、サービス内容を紹介します。コールセンターの導入を考えている方はぜひご覧ください。

Blue Beanとは

Blue Beanはソフツー社から提供されておる、CTIコールセンターシステムです。クラウド型なのでアプリのインストールが不要で、インターネット環境があれば簡単にコールセンターが設置できます。

また、Blue Beanは業務の規模にかかわらず、インバウンドやアウトバウンド、多拠点、新規立ち上げなどに幅広く対応したサービスです。

さらに、Blue Beanはシンプルな料金プランも魅力です。オペレーターの数に合わせて契約することができるため、導入後のコストも最小限で済むでしょう。多くの他社ツールと連携することができるため、既に使っているシステムがある場合にもおすすめです。

Blue Beanの特徴

Blue Beanの特徴は契約するだけで、すぐにコールセンターの業務が始められる手軽さです。クラウド型なので手間のかかる工事も必要ありません。ここではBlue Beanの特徴4つを取り上げ、詳しく解説します。

簡単に導入できるBlue Beanは手軽にコールセンターの開設が可能

Blue Beanの特徴は、導入から利用開始までが非常に簡単なことです。クラウド型のシステムなので、インターネット環境があればすぐにコールセンターの業務をスタートできます。

Blue Beanは10年以上の稼働実績があり、豊富な経験からコールセンターに必要な機能が搭載されてきました。そのためコールセンターの立ち上げ経験がない場合でも、手軽に必要な機能を導入できます。

設定の柔軟性が高い

オペレーター画面のカスタマイズや、他社提供のサービス、ツールを連携できる柔軟性の高さも、Blue Beanの特徴の一つです。

実際にコールセンターの業務にあたる従業員に合わせてオペレーター画面を設計しなおせるので、働きやすさの改革にもつながります。この際に、難しい操作やプログラミングは必要ありません。画面操作だけで設定可能です。

各種機能でオペレーティング業務をサポートできる

搭載機能の多さもBlue Beanならではの魅力です。コールセンターに必須の機能から、あると便利な機能までおよそ40種類におよぶ機能がサービスとして提供されています。

発信時は自動発信や自動アンケート、クリック発信など発信業務を効率化する機能が備わっています。また、メール配信機能では、特定の顧客にメールを送信することもできます。

着信時には自動振り分けや待機中の顧客一覧表示、自動音声の機能を使って、顧客の待機時間をできる限り縮めることができます。スマホを内線電話として使える機能もあり、従業員同士の連絡も手軽にできます。スマホの内線化や顧客情報の管理はテレワークにも便利な機能なので、在宅勤務に切り替えたい企業にもおすすめのサービスです。

さらに顧客の管理機能、集計やレポート機能、迷惑電話の防止機能なども搭載しています。効率的な業務だけでなく、対応の質も高められるのもBlue Beanの特徴です。

14日間Blue Beanが無料体験できる

どのコールセンターサービスを使おうか迷っている人には、Blue Beanの14日間無料体験サービスというものがあります。サービスの内容を確認してから導入できるため、安心して契約できるでしょう。
なお、公式サイト内では、無料で利用できる料金シミュレーションも提供されています。

価格・料金プラン

Blue Beanは費用に無駄がない契約形態、料金プランが魅力です。同時ログインするオペレーターの数だけ契約すればよいので、費用の無駄が抑えられます。

Blue Beanの契約形態は1ライセンスごとで、1ライセンスとは、外線同時発着信とオペレーターの同時ログイン数を合わせた単位です。なお容量の拡張や、電話機器、ヘッドセットの設備もBlue Beanで提供しています。こちらもあわせてご確認ください。

プラン名
初期費用5,000円/1ライセンス
月額費用5,000円/1ライセンス
補足・ディスク標準容量:40GB・2ライセンスより契約可
・ディスク容量の拡張(100GB or 250GB)
・ヘッドセットなどの設備購入が可

機能一覧

Blue Beanではコールセンターシステムに特化した機能を提供しています。長年の経験が参考にされており、コールセンターを初めて使う人でも充実した顧客対応が可能です。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

Blue Beanはクラウドシステムなので、アプリをインストール必要はありません。適切なインターネット環境があればサービスを利用できます。以下、Blue Beanを利用するための推奨環境を紹介します。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows

ブラウザ

  • Google Chrome

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

Blue Beanは以下で記載しているように、多くのサービスと連携することができます。またBlue Bean独自のAPIを利用した顧客情報インポート、対応記録エクスポートもサポートされています。

  • Salesforce
  • Kintone
  • 楽テル
  • Zoho CRM
  • たまごリピート
  • Googleスプレッドシート
  • Microsoft Access
  • Microsoft Excel

セキュリティ

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Blue Beanの公式サイトでは、ユーザー向けのサポートとして、操作動画が公開されています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. 名刺ファイリングCLOUDの特徴・価格・機能を紹介

  2. enjoy.CRMⅢの機能・価格・評判を紹介!

  3. 社労法務システムの機能・価格・評判を紹介!

  4. PhantomIIの機能・価格・評判を紹介!

  5. クラウドCRMサービスを比較!無料など安い順に紹介

  6. ラインワークスの使い方とは?評判・料金・機能も解説!

  7. CRMパッケージを比較!シェア率の高いサービスと選び方のポイント解説

  8. イースタンプの特徴・価格・機能を紹介!

  9. Google Keep・Evernote・OneNoteで名刺管理をおこなう方法

  10. AirCourse(エアコース)の機能・価格・評判を紹介!