カイクラの特徴・料金・システムを紹介

顧客管理を一元化するシステムには、それぞれに製品ならではの魅力があります。
本記事では顧客管理とコミュニケーションを一元化できるクラウド型CRMシステム「カイクラ」の料金や特徴を紹介します。

カイクラとは

カイクラは、シンカ社から提供されている、顧客対応のためのクラウド型CRMシステムです。サービス提供は拠点ごとで、人数制限はありません。

カイクラなら顧客とのコミュニケーションだけでなく、顧客ごとの対応履歴が活用できるため、対応の効率化が可能です。また、顧客に関してあらゆる情報を一元管理できるので、顧客対応の効率化が望めます。

カイクラの特徴

カイクラには、業務を効率化できる特徴がいくつかあります。ここではそれぞれの特徴を詳しく紹介します。

動作はWebブラウザ上で完結

カイクラはWebブラウザ上で動作するので、端末ごとにアプリをインストールする必要がありません。アプリをインストールしないため、アップデートの必要がなく、お使いのブラウザを最新の状態に保つだけで利用できます。

サポートされている端末は、PCとタブレット、スマートフォンの計3種類です。また、スマートフォンアプリでは、以下の5つの機能がサポートされているので外出先でも顧客対応がおこなえるようになります。

  • クラウド電話帳
  • スマホに着信
  • 名刺スキャン
  • スマホ電話発信
  • モバイルCTI

さらに、ブラウザ上で使えるビデオ通話機能「カイクラFaceTalk」も魅力の一つです。ブラウザ上で完結するので、アプリをインストールせず使えます。

顧客対応に便利な機能が全て使える

カイクラには顧客を管理するデータベースだけでなく、電話対応のサポート、ショートメッセージサービス(SMS)、外部システム連携、分析など、顧客対応の利便性を向上させる機能があります。

電話対応では対応した内容のメモや、着信からの顧客登録、同時に着信した際の相手情報表示など、全21種の機能が簡単に利用可能できます。また電話がつながりにくい相手にはSMSを利用したサービスの提供ができます。DMハガキの送付サービスも付いているので、新しいサービスの紹介もカイクラ一つで完結します。

さらに通話録音や音声のテキスト化、外出先からの録音再生などで顧客の満足度向上も望めるのが、カイクラの魅力です。営業電話やクレーマーからの電話を拒否やお知らせする機能もあり、電話対応にあたる従業員のストレスも軽減させられます。

同じ拠点内での情報共有だけでなく、複数拠点でも情報が共有できるので、情報管理の手間も大幅に削減することが可能です。カイクラを利用することで、顧客だけでなく従業員の満足度も向上させることができます。

現在使っている電話番号はそのまま使える

カイクラの利用にあたり、電話番号を変更する必要はありません。フリーダイヤルを使用している企業もカイクラを導入できます。

また現在管理している顧客データは、CSVで移行することが可能です。初回導入サポートもあるので、使っている電話番号や情報をそのまま引き継げるのもカイクラの特徴です。

豊富な導入実績と安心のセキュリティ

カイクラはすでに多くの企業で使用されており、豊富な導入実績があります。電話対応が効率化できるだけでなく、録音機能や情報共有によって顧客満足度も向上するさせることができます。

もちろん、大切な顧客データは、日本国内にある大手ベンダーのクラウドサーバに保存され、しっかり守られます。

価格・料金プラン

カイクラは拠点ごとにライセンスを購入する仕組みで、利用人数の制限はありません。そのため1ライセンス、1拠点のシンプルな料金設定が魅力です。

また複数拠点で利用すれば、顧客情報が共有できるためクレーム処理の効率化が図れます。なお拠点数が多い場合は、お得な値引きが適用される可能性があります。

プラン名 スタンダード
初期費用200,000円
月額費用25,000円
補足機器設置費用:50,000円

なお対応回線や、オプション機能は以下の通りです。

通話録音オプション
SMS標準装備(従量課金)
DM送付オプション
ビデオ通話(TV電話)オプション(従量課金制・利用しない月は無課金)
対応回線光回線
電話番号1個/ライセンス
登録可能な顧客数30,000件/ライセンス

機能一覧

カイクラは、顧客とのコミュニケーションに役立つ次のような機能を標準装備しています。SFAやCRMとも連携できるので、よりスムーズな顧客対応が可能になるでしょう。  

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

Windowsについては8.1以上に対応しており、iOSは10以降に対応しています。アプリに関してはインストール不要です。
また、推奨ブラウザはGoogle Chromeです。ブラウザは最新バージョンにアップデートして利用することをおすすめします。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS

ブラウザ

  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari

アプリ

  • スマホアプリ
  • カイクラFaceTalk

API連携・サービス連携

カイクラは、SFAやCRMをはじめ、以下のようなサービスとの連携が可能です。
連携可能なシステムの詳細について知りたい方は、ベンダーに問い合わせてみるとよいでしょう。

  • SFAシステム
  • CRMシステム
  • Google Map連携
  • 企業データベース連携
  • 名刺管理システム連携

セキュリティ

カイクラではセキュリティに関して、3つの対策を取っています。

  • 大切なデータを日本国内大手ベンダーのクラウドサーバに保管
  • CTIのデータ通信(コンピューターと電話の通信)を暗号化
  • CTI機器にはデータや利用履歴を残さない

これらによって、ウイルス対策、ハッキング対策、機器の盗難や破損による情報漏洩が防げます。データバックアップは毎日自動で実施されており、プライバシーマーク(認定番号:第10824646号)も取得しています。

詳細なセキュリティに関する情報は、以下の表をご覧ください。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

カイクラを導入した後は、契約者専用の問い合わせ窓口でサポートを受けられます。また基本的な使い方を説明するオンラインセミナーは、何度でも受講可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. BizBaseテレマーケティングの機能・価格・評判を紹介

  2. EGGの機能・価格・評判を紹介!

  3. アウトバウンド・プロの特徴・価格・機能を紹介!

  4. SFA(営業支援システム)比較24選|料金・特徴・機能【最新版】

  5. eSmileCallの特徴・価格・機能を紹介!

  6. THE 名刺管理 Businessの特徴・価格・機能を紹介

  7. ApeosPlus Cards Rの特徴・価格・機能を紹介

  8. ECOAS経費・旅費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  9. DISHの機能・価格・評判を紹介

  10. JUST.SFAの特徴・価格・機能を紹介!