ftelの特徴・価格・機能を紹介!

クラウド型コールセンターシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能や価格が異なります。この記事ではクラウド型コールセンターシステム「ftel」の特徴や機能、価格を紹介します。ftelでは電話回線の工事が不要で、PCとネット回線だけで導入可能です。手軽にクラウド型コールセンターシステムを導入したい方はぜひ検討してみてください。

ftelとは

ftelは、低価格で高セキュリティなサービスが特徴のクラウド型コールセンターシステムです。電話回線が不要なので、テレワーク中の従業員も比較的簡単に導入することができます。

自動振り分けをおこなうIVRやACD、コンピュータと電話を連携するCTI機能などもで利用可能です。手軽に利用できるうえ機能が豊富なため、高い費用対効果が見込めるでしょう。

ftelの特徴

ftelの特徴として、PCとネット回線だけで導入可能、コストパフォーマンスに優れているといった点などが挙げられます。それぞれの特徴を詳しく解説します。  

PCとネット回線だけで導入可能

ftelは、電話工事やソフトのインストールをせずに導入できる手軽さが特徴のシステムです。最短2営業日で利用を開始でき、PCとネット回線、ヘッドセットがあれば1回線から利用することができます。スピーディーに、かつ手間をかけずに導入できる点が大きなメリットです。

ブラウザのみで利用できるうえ、オペレーターは一般的な電話と同じような感覚で操作できます。そのため、はじめてのコールセンター設置でも安心して導入できるでしょう。

高いコストパフォーマンス

ftelは1IDあたり月額5,000円と、比較的低コストで導入することができます。また、1IDで100人以上の同時通話が可能です。利用料金は使った分だけ加算され、月ごとに使用したライセンスに対してのみの請求となります。

利用料金やシステムを柔軟にカスタマイズできるため、コストを最小限に抑えながらコールセンターを運用することができます。ただし、初期費用や詳細な料金は別途見積りが必要です。

全通話録音対応

ftelは通話中の音声を録音する機能を搭載しており、録音内容はすべて暗号化されて保存されます。無音状態が続いた時も録音が途切れることはなく、電話を取ってから通話が終了するまでしっかりと録音することができます。また、別途録音装置を用意する必要もありません。

録音された音声は日付別に整理され、管理画面で簡単に再生することができます。聞き逃し防止や対応品質の向上に役立てることができるため、より顧客満足度の高い対応を目指せるようになるでしょう。

SMS送信も利用可能

SMSとは、電話番号を用いて送るメールのことです。ECサイトの2段階認証などに用いられるSMSが利用可能です。なお、ftelではSMSを以下の2つの方法で活用することができます。

  • ECサイトのワンタイムパスワード認証として
  • コールセンターがつながらないときなどの対応策として

SMSを利用してコミュニケーションを取れば、架電許可の確認ができたり、つながりやすい時間帯を案内をしたりすることが可能です。そのため、機会ロスを減らし、より成果につながるコールセンター業務を目指すことができるようになります。

オートアウトバウンドコール機能を搭載

オートアウトバウンドコールとは、事前にメッセージや電話番号を登録し、指定日時に順次自動で電話をかけ、受電した相手にメッセージを伝える機能です。ftelに搭載されたこの機能を活用することで、電話での通知や督促業務が自動化でき、業務効率を大幅に向上して人件費にもつながります。

現在利用している電話番号の継続使用が可能

ftelでは、現在利用している電話番号を継続して使用することが可能です。「03」や「06」といった市外局番が入った番号は利用できませんが、「050」「0120」「0800」の番号は継続使用ができます。利用中の番号を変更することなくそのままコールセンターで使用したい企業は、ftelの導入がおすすめです。

低価格でIVR・CTI・ACDが利用可能

低価格でIVR、CTI、ACDを利用できる点も、ftelの特徴です。それぞれのサービスの概要は、以下の通りです。

  • IVR:音声案内で、希望に応じて専門のオペレーターに振り分けるシステム
  • CTI:顧客データベースと電話の機能を統合するシステム
  • ACD:電話をルールに沿って各オペレーターに自動で振り分ける装置

上記のようなftelのIVR、CTI、ACDの機能を活用することで、より効率的なコールセンター業務を実現できます。なお、IVRの階層は無制限に設定することができます。既存のCTIでは難しかった会話中の自動受付への対応も可能です。

価格・料金プラン

ftelを導入には、初期費用と月額費用がかかります。初期費用は10,000円からですが、企業ごとに異なる可能性もあるため、事前に問い合わせてみるといいでしょう。

月額費用は1アカウントあたり5,000円です。請求は月間に利用したアカウントにかかる代金のみなので、コストを最小限に抑えることが可能です。

なお、SMSとの連携やCTIの作成、CRMとの連携、分割管理画面などは別途見積りが必要になります。また、通話録音料は1分あたり0.375円、録音データサーバ保管料は10,000分まで無料ですが、それ以降は1分あたり0.1円の料金がかかります。

希望に応じてカスタマイズすることもでき、ボリュームディスカウントにも対応しているため、お得かつ便利に活用することが可能です。必要な機能や料金は企業によって異なるため、一概にはいえません。検討する際は、詳細な見積りを出してもらうことをおすすめします。
料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名
初期費用10,000円~
月額費用5,000円~

機能一覧

ftelには、コールセンター業務に必要となるさまざまな機能が搭載されています。たとえば、以下のような機能が利用できます。

  • オートアウトバウンドコール
  • 全通話録音
  • IVR
  • CTI
  • ACD
  • SMS連携
  • LDEランプ着信

ftelは、低コストかつ電話回線が不要でありながら、さまざまな機能を揃えています。まずは2週間無料でトライアルすることも可能なので、しっかりと機能を確認してから導入を検討するとよいでしょう。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

ftelはクラウド型なため、インターネット環境とPC、ヘッドセットがあればどこでも利用することが可能です。ただし、対応ブラウザはGoogle Chromeのみで、Microsoft EdgeやInternet Explorer、Safariでは利用できません。スマートフォンも非対応です。必ず、Google Chromeを搭載したPCで利用しましょう。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Chrome OS

ブラウザ

  • Google Chrome

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

ftelは、現在企業で利用しているさまざまなサービスと連携することが可能です。外部に蓄積した顧客データと連携することで、着信と同時に相手の顧客情報や連絡先ポップアップ表示できるため、スムーズに電話対応をすることができるでしょう。

追加料金はかかるものの、SMSと連携したり、既存アプリとの連携により在庫切れなどを自動音声でお知らせしたりすることも可能です。機能をカスタマイズして自社に合った使い方をすることができるため、連携を希望するシステムがある場合は積極的に問い合わせるとよいでしょう。

セキュリティ

ftelは、低価格でありながら高セキュリティである点が特徴のコールセンターシステムです。安全性が高い情報のみCTIで受付することもできます。

ほかにも「録音内容をすべて暗号化されて保存する」「ワンタイムパスワード対応でサイバー攻撃を防ぐ」など、セキュリティ対策に有効な機能を多数搭載しています。

ftelは多くのECサイトやメーカー、コールセンターでの導入実績があるシステムです。さらに、ftelを提供するコムソル社はオフィス向けの情報セキュリティシステムも提供していることからセキュリティ対策に力を入れていることがわかります。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

導入後のftelのサポート体制については、確認が必要です。現時点で公式サイトには、サポートの問い合わせ窓口やチャットサービスの設置、コンサルティングサービスなどについての案内はありません。そのため、サポート体制を重視したい企業は、事前に問い合わせておきましょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. ビジネスチャット「Microsoft Teams」とは?料金や機能、zoomとの比較も!

  2. GoodCallの機能・価格・評判を紹介!

  3. eセールスマネージャーを徹底分析|機能や価格、解決できる課題とは?

  4. どこでもSHOWBYの機能・価格・評判を紹介!

  5. Spendiaの特徴・価格・機能を紹介!

  6. GlobalMeet コラボレーションの特徴・価格・機能を紹介

  7. Web会議での名刺交換方法やツール選びのポイントを徹底解説

  8. 「paperlogic 電子契約」とは?料金や評判、他サービスも紹介!

  9. Amazon Connectの特徴・価格・機能を紹介!

  10. SOBA meetingの機能・価格・評判を紹介!