Ever Callの機能・価格・評判を紹介!

テレアポ業務を効率良くおこなうためには、PCと電話を連動させたCTIが必須といえます。CTIにはさまざまなサービスがあり、それぞれ機能やサービスが異なります。本記事ではCTIシステム「Ever Call」の特徴や機能、料金などを紹介します。CTIの導入を検討している方はぜひご覧ください。

Ever Callとは

Ever Callは保険・通信企業が監修したCTIです。またEver Callを提供しているEver Bank社では、アウトバウンド業務をおこなっていたことから、テレアポ業務の現場の声がよく反映されています。実際のテレアポ業務で活用できる、本当に必要な機能を採用しているCTIです。

Ever Callの特徴

Ever Callの特徴として「Ever Catch」というオートコール機能による架電効率アップ、オペレーター本位の使いやすいシステム、クラウドを活用した一括管理、詳細な集計機能などが挙げられます。それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

無駄な時間を減らして効率アップ

テレアポ業務をしていると、使われていない番号や誰もいないオフィスに架電してしまうことがあるでしょう。一つひとつはちょっとした時間でも、積み重なればかなりの時間損失になってしまいます。

Ever Callはそのような損失を少しでも減らすための工夫がなされています。まずEver Catchと呼ばれる事前在宅確認システムにより、事前にリスト上の連絡先が不在かどうかを自動で確認して、不在リストと在宅リストへ振り分けます。

さらにプレディクティブコールでは、オペレーターがリストから一件ずつ架電していくのではなく、システムが自動でまとめて架電することができます。架電した先が不在の場合は、自動で切断して次の連絡先へ架電します。そして電話がつながったところだけ、オペレーターへ接続する仕組みです。つまりオペレーターは自動で電話がつながるまで待っていればよいので、業務負担が減り、架電効率も大幅にアップします。1日の架電数が2倍になった事例もあるそうです。

オペレーター本位の使いやすいシステム

CTIは多くの企業から提供されていますが、なかには使っていて違和感のある機能や不要な機能も多いのではないでしょうか。オペレーターの仕事は顧客との会話です。それ以外の操作に気を取られて、本来の業務効率を落とすべきではありません。

その点Ever Callは保険・通信企業の監修を受けるなどしており、現場の声がよく反映されています。オペレーターが使っていて違和感を感じにくいしっくりとくるシステムといえるでしょう。

たとえば架電する際は画面をワンタッチで発信するだけなので、電話番号の入力ミスを防げます。もちろん必要なときは電話番号を入力して架電することもできます。また対応した結果もワンタッチで選択可能です。毎回キーボードで入力する必要がないため、時間が大幅に短縮され、集計や解析がおこないやすくなります。

クラウドを利用した一括管理

営業拠点が複数ある場合、各拠点の業務を管理するのは大変です。とくに最近では在宅ワークも増えているため、さらに管理が複雑になっているでしょう。

しかしEver Callを使えば複数拠点でも一括で管理ができます。拠点ごとでの集計や録音された通話も確認可能です。離れた拠点間での電話転送や通話をリアルタイムでモニタリングすることもできます。

オペレーターの出退勤や休憩時間の管理も可能です。また、タイムカードの出力機能や休憩時間を計測して休憩時間が終わると画面上にポップアップで通知する機能もあります。

CRMとの連携

またCRM(Customer Relationship Management)という顧客管理・顧客対応システムとの連携機能もあります。CTIやCRMを導入していない場合、営業リストはバラバラに作られてしまいがちです。その結果見込み顧客やクレームの管理もバラバラという状態になってしまいます。

Ever CallではCTIとCRMを一体化させたシステムを構築できるため、統一したリストに基づいて営業をおこない、見込み顧客やクレームの管理も一元的に対応することが可能です。アポイントが取れた顧客はCRMに自動連携されるため、バックオフィスとの情報共有が容易になります。その結果確実な顧客フォローをおこなうことができます。

見込み顧客を逃さない仕組み

テレアポ業務の成約率を向上させるためには、見込み顧客を逃さないことは非常に重要なのではないでしょうか。しかし毎日大量の電話対応をしていると、ついつい見逃してしまう見込み顧客が出てくるのも事実です。

Ever Callには見込み顧客管理機能があり、確保した見込み顧客を一覧表示できるようになっています。そのリストを元に集中して架電することもでき、見込み顧客を埋もれさせるようなことがありません。

また見込み顧客の中には、時間をおいてまたかけてくれということもあるかと思います。しかし間が空いていると再架電を忘れてしまうこともあるのではないでしょうか。Ever Callには再コール予約機能があります。通話終了時に再コールを登録しておけば、再コール時期がきたときにEver Callが自動的に知らせてくれます。

きめ細かな集計機能

テレアポ業務は集計・分析による戦略の練り直しが不可欠といえますが、膨大なデータを分析するのは大変な負担です。Ever Callではコール数やコール時間などといったデータが自動的に記録・集計されるため、さまざまな分析が可能です。

たとえばオペレーターの効率を分析しようと思えば、通話時間以外のアイドルタイムや休憩時間、コール数、アポイント獲得率などさまざまな角度からおこなうことが可能です。今まで手動で集計・分析スタッフの業務効率は大幅に改善されることでしょう。

それぞれのサービスや商材に応じた最適なリスト

本格的に電話営業をしてみたいけど、よい営業リストがないという企業もあるのではないでしょうか。Ever Callの保有する法人データは約800万件。このデータは人力も含めたあらゆる手法による地道な作業の末に築き上げられたものです。しかも定期的にデータをチェックして、有効なデータかそうでないかをチェックしているため、常に鮮度が保たれています。この膨大なデータの中から地域や業種などに応じて最良のリストを作り出すことができます。

リストにはタグ付け機能があるため、さまざまな顧客属性を分類することができます。たとえばBtoBの場合であれば、業種や従業員数、事務所の所在地、ニーズなどといったものでタグ付けができます。こういったタグによる分類により精度の高いリストを構築可能です。

リストはグループ機能で複数管理ができるため、商材やサービスが複数ある場合でも商材ごとの管理が可能です。

オペレーターのブラッシュアップ

Ever Callの通話はすべて録音されています。録音データはオペレーターの教育に使えるほか、業務効率の解析や、トラブル防止にも活用することが可能です。またオペレーターの通話は管理者側からモニタリングができるので、必要なときは電話の相手側に聞こえないようにアドバイスができるささやき機能もあります。これらの機能を活用して不慣れなオペレーターも迅速に育成できます。

フレキシブルなシステムでコスト削減

CTIの導入を検討はしているが予算が不足してなかなか導入に踏み切れない、今使っているCTIのランニングコストが高いなどといった不満がある場合もEver Callを検討してみてはいかがでしょうか。

Ever Callはクラウドを利用したシステムのため、サーバーや設備を新規設置する必要がありません。そのため初期費用はかかりません。導入も申込みから最短2営業日で可能です。

ランニングコストは利用するライセンス数や電話回線数(チャネル数)によって料金が変わるため、事業規模に応じたフレキシブルなシステムを組むことが可能です。IP電話を利用しているため固定電話と比較すると通話料が安く済みます。

安定したシステム

IP電話は回線の状況で声が途切れるなど通話品質が悪くなってしまうこともあるでしょう。大事な通話をしているときにそのようなことになるのは避けたいものです。Ever CallではサーバーやIP電話のゲートウェイ機器、ルーターなどを二重、三重に冗長化しており、サービスの安定化を図っています。

価格・料金プラン

Ever Callは月額料金制で1名から利用できます。利用するライセンスや番号によって料金が変わるため、中小企業から大規模なコールセンターまで幅広く対応可能です。

プラン名
初期費用無料
月額費用ライセンス利用料:8,000円/ライセンス
サーバーレンタル料:5,000円~
チャネル利用料:1,200円/チャネル
番号利用料:100円/番号
フリーコール利用料:1,000円/番号
Ever Catch:6,000円/チャネル
プレディクティブコール:6,000円/チャネル
補足最低利用人数:1名
最低利用月間:6カ月
通話料(固定):0.06円/秒
通話料(携帯):0.25円/秒

機能一覧

Ever Callの機能一覧は次の通りです。プレディクティブコールやモニタリング・ささやき機能等も備えており、非常に多機能なシステムとなっています。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携×

提供環境・技術情報

Ever Callの提供環境と技術情報は以下の通りです。クラウドサービスのため端末やOSによる制限はありません。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

CTIツールは外部サービスとの連携ができ、Ever CallはCRMとの連携が可能です。
Ever CallとCRMを連携することで、バックオフィスと同時進行で情報を共有できます。

セキュリティ

Ever Callのセキュリティ情報に関する記載は、公式HPにありませんでした。
導入を検討している場合は運営会社への問い合わせが必要です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Ever Callを導入する際には、導入企業の社内ネットワークの安定性やセキュリティ機器等による不具合リスクを現地調査して、安定したサービスが提供されるように対策がおこなわれています。

導入時には使い方や機能、活用方法のレクチャーをおこなっています。その後も運用に関するKPIを確認してさらなるブラッシュアップを図っています。

またサポートダイヤルが開設され遠隔によるサポートもおこなわれています。営業時間外でも専用チャットでサポートを受けられます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. コールセンター業務に役立つCRM7選|システムの機能やメリットも紹介

  2. アクションコックピットの特徴・価格・機能を紹介!

  3. イースタンプの特徴・価格・機能を紹介!

  4. Dr.オフィスBackupEYE2の機能・価格・評判を紹介!

  5. CRMとSFAの違いとは?導入前に機能を比較してみよう!

  6. CTIの機能を理解・比較したうえで理想的なシステムを導入しよう

  7. 経費精算がめんどくさいと感じる原因と対策とは|システムの選び方も

  8. 名刺ファイリングCLOUDの特徴・価格・機能を紹介

  9. コールセンターにおけるスクリプトの必要性と作り方を紹介!

  10. 議事録機能付きWeb会議システム3選|議事録作成を効率化しよう!