AQStage IPコールセンタサービスの機能・価格・評判を紹介

コールセンターを上手く運用するには、専用のシステムの導入がおすすめです。本記事では、コールセンターシステム「AQStage IPコールセンタサービス」の特徴や機能、料金などを紹介します。コールセンターを効率的に運用し、顧客の満足度を向上させたい方は、ぜひご覧ください。

AQStage IPコールセンタサービスとは

AQStage IPコールセンタサービスは、クラウド型のコールセンター(コンタクトセンター)サービスです。NTTビジネスソリューションズ社が2003年より提供を開始し、コールセンターの採用実績数は累計30,000席以上(2020年3月現在)、6年連続国内売上No.1を達成し、大小の規模を問わず、多くのコールセンターで導入されています。

音声チャネルだけでなく、プランによってはメールやチャットの利用もできるため、自社のビジネスモデルに合ったコールセンターを運用できるでしょう。また、システム開発や設計が不要なため、電話回線とLAN設備、PC、ヘッドセットなど、最低限の設備でコールセンターの運用を始められます。

AQStage IPコールセンタサービスの特徴

クラウド型のAQStage IPコールセンタサービスなら、自社でのシステム構築が不要、初期費用を大幅にカットしてコールセンターを運用ができます。また、サービス利用料のみで運用支援や保守や点検もおこなうため、メンテナンス費用も発生しません。

座席数の一時的な増減や、センターの新規追加、移転も可能なため、事業変化に合わせて柔軟に対応できる点が特徴です。サービスは次の2種類のプランから選択できます。

音声チャネルがメインのベーシックプラン

ガイダンスやウィスパリング、三者通話など、コールセンター運用に必要な機能が一通り揃うベーシックプランは、システム構築やメンテナンスもすべて事業者に任せられる点が魅力です。

また、IPネットワーク機器や回線などは、NTTビジネスソリューションズから提供されるため、固定費の節約も可能です。製品は信頼性の高いクラウドPBX「AVAYA(アバイア)」を利用しています。

メールやチャットも利用できるオムニチャネルプラン

音声チャネルだけでなく、メール、チャット、SNSなど、複数の機能を利用できるのが、オムニチャネルプランです。チャネルごとの対応履歴を一元管理できるため、シームレスな対応ができ、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

また、席数やトークスクリプトなど、各種設定はコールセンターで柔軟に変更できるため、業務の閑散に合わせて設定できる点も特徴です。プラットフォームは、ジェネシス社の「Genesys Cloud」を利用しています。

価格・料金プラン

各料金プランの詳細は、見積りにより決定します。導入を検討する場合には問い合わせをおすすめします。

プラン名 基本(ベーシック)プラン オムニチャネルプラン
初期費用問い合わせ問い合わせ
月額費用問い合わせ問い合わせ

機能一覧

基本の電話機能をはじめ、ACD、ガイダンス、ウィスパリング、モニタリング、三者通話などの機能が利用できます。また、オプション機能として、通話録音、統計管理、OP席数表示、アウトバウンド機能の追加が可能です。

また、オムニチャネルプランではメールやチャットなども利用できます。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

AQStage IPコールセンタサービスはPCでの利用を想定しています。提供環境・技術情報は下記の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

オプション機能として、顧客管理システム(CRM)との連携をおこなっています。
ただし、連携できるシステムについては問い合わせをして確認する必要があります。

セキュリティ

24時間、365日監視に加え、主要設備はデータセンターで管理し、コールセンター側にもバックアップをおこなうことで回線障害にも対応しています。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

導入後のサポート方法(電話、メールなど)について、詳細な記述はありませんが、サービスの機能維持、保守、運用支援は24時間、365日受け付けています。

また、オプションとして、24時間、現地対応を依頼できる「オンサイト保守対応」もあるため、初めての導入でも安心して利用できるでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. NINJA SIGN(ニンジャサイン)とは|料金・使い方・評判を解説

  2. SFA比較9選|大手企業向けおすすめサービスを紹介!

  3. Synergy!の機能・価格・評判を紹介!

  4. 無料で使える経費精算システム6選|無料トライアルができるシステムも紹介!

  5. SFAの運用を効果的におこなうには?6つのポイントを解説

  6. 不動産業界向けCRM8選|不動産業で顧客管理をするメリットや選び方まで

  7. かんたん電子契約forクラウドの特徴・価格・機能を紹介!

  8. InfiniTalkの特徴・価格・機能を紹介!

  9. 電子契約の浸透率は?2020年に浸透したビジネスシーンの電子化 #SaaSトレンド

  10. transit managerの特徴・価格・機能を紹介!