Sales Crowdの機能・価格・評判を紹介!

テレアポ業務をおこなうのにPCと電話を連動させたCTIsシステムは必須といえます。さまざまなCTIシステムがあり、それぞれ機能やサービスは異なります。
この記事では「Sales Crowd」について紹介します。Sales Crowdは充実した営業リストを備えているのが一番の特徴です。「テレアポ業務をやってみたいけど営業リストがない」と悩んでいる人はぜひ検討してみてください。

Sales Crowdとは

Sales Crowdは営業リストの構築、効率的な架電、対応結果の情報共有、解析などテレアポ業務に必要な機能をほぼそろえたCTIシステムです。充実した営業リストがあらかじめ用意されているため、自社で営業リストを構築しなくてよいのがメリットです。

Sales Crowdの特徴

Sales Crowdの特徴として160万件以上の充実した営業リスト、対応結果の共有、架電の効率化、自動分析機能などが挙げられます。それぞれの特徴を詳しく解説します。

160万件以上を誇る充実した営業リスト

電話営業でもっとも重要といえるのが営業リストではないでしょうか。自らのサービスや商材に合わせたリストを作成するのがもっとも大変な作業かもしれません。

Sales Crowdはあらかじめ160万件以上のリストが用意されています。そのため、自社で一から営業リストを作る必要がありません。

リアルタイムで情報を共有

「架電禁止リストに間違えて架電してしまった…」という失敗は、テレアポ業務で起こりがちです。しかし、こういったことが積み重なってしまうと、企業の信用に傷がつきかねません。

Sales Crowdでは架電禁止リストをリアルタイムで共有できます。しかも、一つのオフィス内だけではなく、支社間や外出先の従業員とも共有が可能です。既存の営業リストへ電話番号を追加登録する際にもリストと照合することができます。

また、架電禁止リスト以外の情報についても共有することが可能です。たとえば、未架電やアポイント済み、資料送付済み、断り、掛け直しなどといった分類ごとに一覧で表示することができます。

自動コールで架電の効率化

テレアポ業務をしていると電話が繋がらないことも多いものです。しかし、あまりにも電話が繋がらないと効率が悪いうえ、オペレーターのストレスにもつながります。

Sales Crowdには自動コールシステムがあり、電話が繋がらない時は自動的に次の電話番号に電話をかける仕組みとなっています。営業リストから電話を掛ける際もリスト上でクリックするだけなので、非常に手軽です。

きめ細かい解析で成果やコストを素早く分析

営業の成果やコストなどを自分で分析しようと思うと、大変な負担です。しかし、Sales Crowdなら営業コンサルタント会社が採用している優れた解析ロジックを使ったきめ細かい解析を確認することができます。たとえば、誰がいつ何件電話をして、アポイントが何件取れたのか、といった情報を収集することが可能です。

また、営業担当者の時給やアポイント1件あたりのコストも算出することができます。なかなか成果が出ない場合でも、原因を速やかに調査できます。

ランニングコストの削減

Sales CrowdはPCを使ったIP電話なので、電話機は不要です。クラウドサービスのため、サーバー設置などの初期費用もいりません。固定電話と比べると電話料金も抑えることができます。最短で2営業日と、スピーディに導入できる点も特徴です。

価格・料金プラン

Sales Crowdの料金は月額固定です。従量制ではないためいくら使っても安心です。また、IDの数によって料金が変わることもないため、IDを多く使いたい企業におすすめです。1週間の無料トライアルも利用することができます。

プラン名
初期費用無料
月額費用20万円

機能一覧

Sales Crowdの機能一覧は次の通りです。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

Sales Crowdの提供環境と技術情報は以下の通りです。

提供形態

クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

Sales CrowdのAPI・サービス連携情報は公開されていません。詳しくは問い合わせが必要です。

セキュリティ

Sales Crowdのセキュリティ情報は公開されていません。詳しくは問い合わせが必要です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Sales Crowdはオプションで運用コンサルティングを利用することができます。テレアポ業務に慣れていない企業であれば、オペレーターの採用や教育といったコールセンター立ち上げのサポートを受けることが可能です。また、企業のサービスや商材に応じて適切なテレアポ業務がおこなえるよう、アドバイスを受けることもできます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. Zoho Sign(ゾーホー・サイン)の特徴・価格・機能を紹介!

  2. Traveler’s WANの特徴・価格・機能を紹介!

  3. ビジネスチャットを導入する際には7つの社内ルールが重要になる

  4. GrooForce for Businessの特徴・価格・機能を紹介!

  5. B-Roomの料金・機能は?インストール不要のオンライン商談ツールを解説!

  6. V-CUBE ミーティングの機能・価格・評判を紹介!

  7. 社内SNSの失敗事例と成功事例を紹介!導入のポイントも解説!

  8. ビジネスチャットのマナーとは?注意点や円滑なやりとりのコツを解説!

  9. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  10. EGGの機能・価格・評判を紹介!