MiiTelの機能・価格・評判を紹介!

近年、営業支援システムの導入による営業活動の効率化が注目されています。MiiTelは、電話での営業に役立つ機能を搭載したクラウド型IP電話ツールです。ソフトウェアのダウンロードは不要で、スマートフォンからも利用できます。今回は、電話営業の録音・文字起こし・データ分析などができるMiiTelの特徴や機能、価格を紹介します。

MiiTelとは

MiiTelとは、話す速度・会話のラリー回数・被せ率などを定量評価し、電話営業の分析ができる機能をもつクラウド型IP電話です。会話の内容を分析し、電話営業の成約率や顧客満足度の向上に役立ちます。

会話内容の分析だけでなく、電話での会話を自動録音したり文字起こしをしたりすれば、後から客観的に見直せます。社内研修や新人教育に利用することで、営業力の底上げにもつながるでしょう。

MiiTelの特徴

MiiTelは、単純な営業用電話ツールではありません。電話営業に必要な分析機能や記録機能、黄体履歴の参照など、電話がかけやすく、しかも後から分析しやすい機能が満載です。ここでは、MiiTelの魅力ともいえる特徴をそれぞれ紹介します。

クラウド型で固定電話は不要

MiiTelは固定電話ではなく、クラウド型の電話ツールです。電話機を用意したり、工事をしたりする必要がありません。クラウドとは、インターネット経由でサービスを提供することを指します。従来のように、ハードウェアの購入やソフトウェアのダウンロードは不要なため、より手軽にサービスを利用できます。

クラウド型IP電話であるMiiTelは、インターネット環境があれば、どこからでも電話業務をおこなえることが特徴です。電話回線を引く必要がなく、簡単にツールを導入できます。

スマートフォンアプリから外出先でも利用可能

MiiTelはクラウド型サービスのため、利用の場所は事業所内にとどまりません。インターネット環境のある場所ならどこでも利用でき、パソコン・スマートフォン・タブレットなどのデバイスで電話営業ができます。

スマートフォンでMiiTelを使うときは、専用アプリを使用してパソコン版と同じように使用可能です。近年はリモートワークが増えており、自宅で電話営業をする機会も増えているため、MiiTelのスマートフォンアプリは重宝します。

AIによる定量評価で営業成績向上につながる

MiiTelを使って電話すると、AIが会話の内容を定量評価します。実際のデータを用いて客観的評価をできるため、業務改善・営業成績の向上につながります。
定量評価されるのは、主に以下の項目です。

  • 会話速度:1秒あたりに何文字話しているかを速度で表したもの
  • ラリー回数:会話のやり取りの回数
  • 被せ率:相手の会話に被せて発言した割合

会話速度が速すぎると、顧客が聞き取りにくかったり威圧感を与えてしまったりする原因になります。特に音声だけでやり取りをする電話営業では、相手が聞き取りやすく、丁寧なイメージをもってもらえる会話速度が重要です。

しかし、会話速度は自分では把握しにくいため、気付かないうちに早口になっている可能性もあります。また、一方的に話し続けてしまったり、顧客の話に自分の話を被せてしまったりすると、「話を聞いてくれない営業」との悪いイメージを与えてしまうかもしれません。

電話営業の会話をMiiTelで客観的に分析すると、営業成績の向上に役立てられます。

コールセンター機能も充実

MiiTelは、単なる電話営業の分析ツールではありません。自動音声ガイダンス機能やオペレーターを呼び出すときの待ち呼など、コールセンターとしての機能も充実していることも特徴です。

また、設定した連絡先に自動で電話をかけ、応答した先にのみ電話をつなぐプレディクティブコール機能もあります。1件ずつ電話をかける必要がないため、電話営業を効率よくおこなえる仕組みです。
上記のようなMiiTelのコールセンター機能を使えば、オペレーター業務の軽減と顧客満足度の向上を図れます。

価格・料金プラン

MiiTelの料金体系では、ID制を導入しています。1つのIDを発行するごとに月額利用料がかかります。数十個のアカウントがセットになった料金体系は、利用する従業員数が少ないと余計なコストが必要です。またも、通信量でプランが異なる料金体系では、通信量によって割高になることもあります。

しかし、MiiTelの料金体系は1IDごとの契約のため、無駄なコストはかかりません。
さらに、単月から契約でき初期費用は無料。一時的に利用したい場合や、お試しで使ってみたい場合にも導入しやすい価格です。

プラン名
初期費用0円
月額費用5,980円/1ID
補足10ID以下の単月契約には事務手数料が発生
年次契約の場合の月額料金

機能一覧

MiiTelに搭載されている機能は、大きく分けて以下の5つです。

  • 標準機能:通話や自動録音機能など、電話の標準的な機能
  • 業務効率向上機能:対応履歴の登録や文字起こしなど、業務効率を向上させるための機能
  • 教育・セルフコーチング:会話中のキーワード自動認識や会話内容の定量評価など、電話営業を改善するための機能
  • コールセンター機能:自動音声ガイダンス機能やオペレーター呼び出しに関わる機能。
  • 外部連携:外部SFAやSlackなどの外部サービスとの連携機能。
  • セキュリティ:データ保全や情報漏洩対策などのセキュリティ対策機能。

パソコンやスマートフォンさえあれば、工事やメンテナンスの必要なく以下の機能が使えます。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

MiiTelはクラウド型IP電話のため、パッケージソフトのインストールは必要ありません。提供形態や利用環境を以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

MiiTelは、外部SFAサービスと連携させて使うことも可能です。SFAとは、Sales Force Automationの頭文字を取ったもので、日本語では営業支援システムと表します。簡単にいうと、営業活動を効率化するためのツールです。

MiiTelでは、SalesforceやKintoneなどの営業支援システムと連携し、顧客情報を一元化できます。電話営業と顧客情報の登録を一度におこなえるため、業務の効率化を図れます。また、HubSpotと連携すれば、登録済みの顧客にワンクリックでMiiTelから発信可能です。

MiiTelのサービス連携機能を利用すると、営業活動をより効率化できます。

セキュリティ

MiiTelを通じて録音した会話は、すべて暗号化されてAWSに保存されます。AWSとは、Amazon Web Servicesの略称で、世界で広く使用されているクラウドプラットフォームです。セキュリティも万全で、データの保管も安心しておこなえます。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

MiiTelを導入すると、オンラインミーティングにて画面を共有しながら、スタートアップセミナーを受けられます。1回1時間のセミナーで、複数回開催できるため、忙しい管理職にも対応しやすいことがメリットです。

また、スタートアップセミナーのほかに、活用セミナーも実施しています。月1回程度の開催で、こちらもオンラインで開催されるため、忙しい方でも参加しやすいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. GoodCallの機能・価格・評判を紹介!

  2. eセールスマネージャーを徹底分析|機能や価格、解決できる課題とは?

  3. inspirX(インスピーリ)の機能・価格・評判を紹介!

  4. 議事録機能付きWeb会議システム3選|議事録作成を効率化しよう!

  5. やずや通販CRM基幹システムの特徴・価格・機能を紹介!

  6. 【最新版】主要な電子契約サービス比較14選|価格や機能を紹介!

  7. KDDI TeleOfficeの機能・価格・評判を紹介!

  8. 経費精算をエクセルで効率化!無料の経費精算表テンプレートあり

  9. 自治体こそWeb会議システムが役に立つ!実際の導入事例も紹介!

  10. V-CUBE ミーティングの機能・価格・評判を紹介!