enjoy.CRMⅢの機能・価格・評判を紹介!

企業と顧客をつなぐ役割を果たすコンタクトセンターは、顧客満足度を左右する重要なポジションの一つです。「enjoy.CRMⅢ」は、そんなコンタクトセンター向けに開発されたクラウド型のCRMシステムです。
オペレーターの使い勝手を追求した利便性の高いシステムが、顧客対応の品質向上をサポートします。ここでは、enjoy.CRMⅢの概要や特徴、料金についてわかりやすく解説します。

enjoy.CRMⅢとは

enjoy.CRMⅢは、Microsoftが自社開発した統合型CRMアプリケーション「Microsoft Dynamics 365」をベースにしたクラウド型のコールセンター向けCRMシステムです。Dynamics 365の優れた拡張性や機能性はそのままに、より使いやすさを追求することで、オペレーターの満足度向上に貢献します。
コールセンター内だけでなく、営業や保守サポート部門など、各部門との情報連携も容易におこなえるので、企業全体で一貫性のあるカスタマーサポートを実現します。

enjoy.CRMⅢの特徴

国産のCRMシステム「enjoy.CRMⅢ」の特徴と魅力を紹介します。

見やすさ・使いやすさにこだわったUI設計

enjoy.CRMⅢでは、コールセンターのオペレーターが必要な機能を集約した「コールパレット」と呼ばれる画面を採用しています。顧客情報や、それに関連する情報、問い合わせ履歴、対応履歴などを一目で確認できるので、顧客と会話しながら、必要な情報をすばやくチェックできます。
画面操作もシンプルでわかりやすいので、初めてCRMシステムを利用する企業でも、現場へスムーズに浸透させることが可能です。

FAQや模範検索、チャット機能で適切に回答できる

顧客からコールセンターに問い合わせがあった場合、オペレーターは迅速かつ適切な回答をおこなう必要があります。enjoy.CRMⅢでは、FAQ検索や類似検索をおこなうことによって、スピーディに模範解答を探し出すことが可能です。
他事業部のヘルプが必要な場合は、チャットで連携することで、リアルタイムに最適な回答を得ることができます。

関連部門との情報共有で一貫性のある顧客応対が可能

enjoy.CRMⅢでは、営業・保守サポート・外部業者など、部門を横断した情報連携が可能です。部門間でリアルタイムに情報を共有することで、顧客に対して一貫性のある応対をおこなえるようになります。
ポータル画面は各部門の業務に合わせて作成できるので、どの部門で使っても高い利便性をキープできます。

コードなしでセルフカスタマイズできる

enjoy.CRMⅢは、カスタマイズ性に優れたMicrosoft Dynamics365をベースにしたシステムなので、各種サービスの基盤を活用したカスタマイズをおこなえる仕様になっています。
面倒なコードは必要なく、ドラッグ&ドロップの簡単操作でGUIを自由にカスタマイズできるので、よく使う情報を手軽に集約して表示することができます。
さらに、業務効率向上のためにチャットボットを導入したり、AIによる音声認識でオペレーターの回答をテキスト化し、FAQに活用したりと、先進的な機能を手軽に導入できるところもenjoy.CRMⅢの魅力です。

価格・料金プラン

enjoy.CRMⅢの価格は公開されていません。公式サイトに設置されている専用フォームを利用して問い合わせが必要です。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

着信履歴の表示や、必要な情報を集約したカスタマイズ可能なダッシュボードなどの機能が標準搭載されています。
また、SFAやCRM、CTIとの連携が可能で、着信時に顧客情報を表示するポップアップ機能や、顧客情報管理、案件管理などの機能を活用して業務の効率化をサポートします。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

enjoy.CRMⅢの提供環境、技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

enjoy.CRMⅢはMicrosoft Dynamics365を基盤にしたシステムなので、多彩なアプリケーションと容易に連携できます。
Excelとの連携をはじめ、Microsoft Teamsとの連携によるコミュニケーション性の強化、チャットボットの導入など、ニーズに合わせてさまざまな機能を活用することができます。

セキュリティ

enjoy.CRMⅢのベンダーであるOKIソフトウェアは、プライバシーマークや情報セキュリティの国際基準ISO/IEC 27001、個人情報管理の日本産業規格であるJIS Q 15001など、セキュリティに関連する規格を複数取得するなど、大切な情報を安全・適切に管理する体制を整えています。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 6244321)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

enjoy.CRMⅢでは、メールによる問い合わせに対応しているほか、Microsoft Teamsを利用したコールセンター・CRMの無料相談を開催しています。
また、Web会議システム「Zoom」を利用したオンラインセミナーなども随時開催しており、コールセンターの運用ポイントやCRMの活用方などを学ぶ機会が設けられています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. Dialpadの特徴・価格・機能を紹介!

  2. 「会社電話」と「ビジネスチャットツール」の連携から見る #SaaSトレンド

  3. 領収書に印鑑は必要ない?個人事業主はシャチハタでもいいのか?印鑑の押し方も解説!

  4. ラインワークスの使い方とは?評判・料金・機能も解説!

  5. LegalForceキャビネの特徴・価格・機能を紹介!

  6. SFAとは?機能やメリットなどを徹底解説!システム比較も!

  7. UPWARDの特徴・価格・機能を紹介!

  8. コールセンターの応対品質管理や向上のためのポイントを解説

  9. Blue Beanの特徴や料金を紹介

  10. Ci*X Expenseの特徴・価格・機能を紹介!