アポ放題の特徴・価格・機能を紹介!

クラウド型CTIシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能や価格が異なります。
この記事ではクラウド型CTIシステムである「アポ放題」の特徴や機能、価格を紹介します。アポ放題あれば設備費を一切掛けずに導入可能です。アウトバウンド業務に特化したクラウド型CTIシステムを探している方は、ぜひご覧ください。

アポ放題とは

アポ放題とは、スマートフォン1台で操作できる、アウトバウンド型のCTIシステムです。場所を問わずにテレアポ業務ができるため、テレワークや在宅ワークの従業員が多い企業でも導入しやすいところが大きな特長です。

料金は定額制でシンプルなプランであるため、これからコールセンターを立ち上げ、規模の拡大を目指す企業におすすめです。

テレアポに欠かせない機能として、顧客情報を登録できる「顧客管理タグ機能」や成約率などを瞬時に確認できる「チャート機能」などが搭載されています。
定額制でありながらも豊富な機能を利用できる、魅力的なCTIシステムとなっています。

アポ放題の特徴

アポ放題の特徴として、アウトバウンド業務に特化したクラウド型CTIシステムである、設備費一切不要で導入できるといった点などが挙げられます。
それぞれの特徴を詳しく解説します。  

アウトバウンド業務に特化したクラウド型CTIシステム

アポ放題は、アウトバウンド業務に特化したクラウド型CTIシステムです。画面をクリックするだけで架電できる「ワンクリック機能」が搭載されており、電話番号を入力する手間を省いて架電をおこなうことができます。

また、数名のアポインターを1つのリストに所属させて架電する「食いつぶし機能」が搭載されています。このような機能によって、効率的に架電することができるため、無駄な手間を省いて成果につながるアウトバウンド業務が実現可能になります。

設備費一切不要で導入可能

アポ放題の最大の特徴は、設備費一切不要でCTIシステムを導入できる点です。コールセンターの設置にあたり、電話回線の開設や機器の導入は必要ないので、設備に関する初期費用はかかりません。1アカウントから導入可能で、最短翌営業日から利用を開始できます。

事業規模を拡大するときも、用意するのはアポ放題のアカウントのみです。導入コストは事業規模にかかわらず不要なので、スタートアップでありながらも、ある程度規模があるコールセンターでも、安心して導入できます。

スマートフォンからテレアポが可能

アポ放題は、スマートフォンからテレアポ業務をおこなうことが可能です。アポ放題を利用するときはアポ放題の「親機」を1つ設定し、スマートフォンを「子機」に設定します。あらかじめ設定した親機から子機を遠隔操作することで、スマートフォンのみで架電をおこなえるようになります。

なお、親機はどのようなデバイスを設定しても構いません。PCはもちろん、タブレットやスマートフォンを親機にすることもできます。そのため、最低限スマートフォンがあれば、アウトバウンドのコールセンター業務をおこなうことが可能です。

このように、場所や機器を選ばずコールセンターを設置できる点が、アポ放題の大きな魅力です。

通話料無料のかけ放題プラン

アポ放題のプランは、通話料無料のかけ放題プランのみになっています。月額8,580円で、無制限に利用することができます。

CTIシステムの導入における初期費用や電話代、毎月のシステム代が不要になるため、企業によっては、従来のCTIシステムと比べてコストを3分の1まで減らすことも可能です。

かけ放題プランを利用することによって、コストを抑えると同時にシステム運用にかかるコストを把握しやすいというメリットがあります

テレアポに欠かせない機能を網羅

アポ放題は、テレアポに欠かせない機能が十分に網羅された、優れたCTIシステムです。

発信ボタンを押すだけで架電できる「ワンクリック発信」や手軽に顧客情報を記録できる「ワンクリック顧客管理」、通話を録音し確認できる「自動通話録音機能」や成果をひと目で確認できる「チャート機能」などが搭載されています。スマートフォンで運用できる手軽さだけでなく、充実した機能性を兼ね備えています。

コストを抑えながら機能も妥協できないという場合は、アポ放題が非常におすすめです。

価格・料金プラン

アポ放題の基本料金は、1アカウントあたり8,580円です。ここに、1アカウントあたり2,200円の初期費用と、5アカウントごとに1台2,200円のサーバー代がかかります。

オプションとして提供されている電話帳では、利用料金は、1カウント目は3,300円、2アカウント目以降は1,100円かかります。なお、11,000円が上限として設定されているため、オプション費用が高くなりすぎることはありません。

CTIシステムのなかにはオプションが豊富に用意されているものもありますが、アポ放題はオプションが1つのみのシンプルな料金プランになっています。非常にわかりやすく、予算の計画を立てやすい点が大きな魅力でしょう。

プラン名
初期費用2,200円/1アカウント
月額費用CTIシステム代:8,580円/1アカウント
サーバー代:2,200円/1台(5アカウントごと)
補足【オプション】
電話帳利用費:3,300円(1アカウント目)
1,100円(2アカウント目以降)
※上限11,000円

機能一覧

アポ放題は、オプション無しでさまざまな機能を利用することができます。
標準搭載されている機能としては、ワンクリック発信や再コール日時のお知らせ表示、自動通話録音、発信禁止番号登録、顧客管理タグなどが挙げられます。

さらに、オプションとして使い放題の電話帳機能を搭載可能です。定額料金で、豊富な機能を自由に使うことができるため、非常にお得感のあるCTIシステムだといえます。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール×
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

アポ放題は、WindowsのPCで利用することが推奨されています。Macでも利用可能ですが、リストのインポートはExcelの互換性の問題でWindowsからしかおこなえません。

また、スマートフォンはAndroid端末からのみ利用可能です。アポ放題では、スマートフォンの貸し出しサービスもおこなっているので、Android端末がない場合は相談してみるといいでしょう。

1週間の無料お試し期間があるため、まずはお試しで利用してみて自社の環境で運用可能かどうか確認することをおすすめします。詳しい提供環境と技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android

ブラウザ

  • Google Chrome

アプリ

  • Windows
  • Android

API連携・サービス連携

アポ放題では、API連携や外部システムの連携機能について、公式サイトへの記載はありません。連携を希望するシステムがある場合は、問い合わせてみるといいでしょう。

セキュリティ

アポ放題のセキュリティ対策機能についても、現時点では公式サイトでの記載はありません。

スマートフォンから利用できるアポ放題は、社外や個人端末からの利用も想定されます。そのため企業だけではなく、個々のオペレーターによるセキュリティ対策が必要になります。利用する際は、使用するデバイスにウイルス対策ソフトをインストールするなどし、顧客情報は細心の注意を払って取り扱うようにしましょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001
(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017
(クラウドサービスセキュリティ)
SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701
(プライバシー情報)
GDPR
JIS Q 15001
(個人情報保護)
CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)
(制御システムセキュリティ)
ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000
(ITサービス)
データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

アポ放題の操作に関しては、説明書やウェブページのサポートが用意されています。加えて、電話でのサポートも設置されているため、利用に困った際は安心して相談することが可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. カイクラの特徴・料金・システムを紹介

  2. オンプレミス型ビジネスチャットを解説!フリープランありのサービスも紹介

  3. elganaの特徴・価格・機能を紹介!

  4. 経費精算とは?その流れや方法など押さえておくべき基礎知識

  5. 無料で使えるSFA比較9選|試しにSFAを導入してみよう

  6. MORA Video Conference(モーラビデオカンファレンス)の機能・価格・評判を紹介!

  7. 保険VOSの特徴・価格・機能を紹介!

  8. 企業におけるコールセンターの役割とは?その種類や求められるスキル

  9. Synergy!の機能・価格・評判を紹介!

  10. 【日本語にも対応】無料で使える3つのオープンソースCRMを比較!