InfiniTalkの特徴・価格・機能を紹介!

CTIシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。この記事ではCTIシステムであるInfiniTalkの特徴や機能・価格を紹介します。
InfiniTalkであれば操作性や視認性の高さに優れているため、誰でも簡単に操作可能です。コールセンター導入が初めての方はぜひ検討してみてください。

InfiniTalkとは

InfiniTalkは、お手頃な料金とインバウンドに特化した機能に定評があるCTIシステムです。有名企業をはじめ、配送会社や医療機関など幅広い業種で活用されており、48業種300社以上で10,000席以上の導入実績があります。

誰でも簡単に使える操作性や視認性の高さが特徴で、はじめてのコールセンター導入にもおすすめのシステムです。カスタマーサポートや受注受付、コールセンター受託などさまざまなシーンで活用することができます。

InfiniTalkの特徴

InfiniTalkの特徴として、操作性や視認性に優れている、拡張性が高いといった点などが挙げられます。ここでは、それぞれの特徴を詳しく解説します。  

操作性・視認性の高さ

InfiniTalkは、コールセンターの専門知識がなくても簡単に使えるように設計されています。シンプルかつ整理された管理画面は視認性が高く、直感で操作することが可能です。

たとえば、顧客からのメールはLINE風のチャット形式で表示されるため、いつも利用しているアプリを使う感覚でメッセージの送信ができます。
また、IVR設定のフローチャートもドラッグ&ドロップでおこなえるようになっており、複雑な操作を必要としません。

従業員がスムーズに操作できるかどうかは、CTIシステム導入時とくに重要視されるポイントです。操作性の高いInfiniTalkであれば、安心して導入できるでしょう。

拡張性の高さ

拡張性が高くさまざまな企業や事業規模に対応できる点も、InfiniTalkの特徴です。
インターネットを利用して通話をおこなう「クラウド型」と、自社内にサーバーを設置して運営する「オンプレミス型」の2種類の製品展開があり、ニーズに合わせて導入することが可能です。

クラウド型の場合、導入費用や運用コストを抑え、スピーディーに導入することができます。「低価格でコールセンターを設置したい」「まずは部門単位から利用したい」というときは、クラウド型が向いているでしょう。

それに対して、オンプレミス型の場合、自社で契約している電話回線はそのままに、社内CTI連携やカスタマイズをしながら独自のシステムを構築できます。「電話番号を変えずに使用したい」「しっかりとカスタマイズしたい」というときは、オンプレミス型が向いています。

このように、あらゆる環境やニーズへ柔軟に対応できる拡張性の高いInfiniTalkは、どのような企業でも導入しやすいCTIシステムです。

システム連携がしやすい

InfiniTalkはCRMやSFAなどの顧客システムと電話機をつなげ、対応品質を向上させることができるシステム連携APIを実装しています。
連携可能な他社製品としては、「kintone」や「楽テル」、「リピスト」などが挙げられます。

顧客管理システムはもちろんのこと、ECサイトの受注管理システムや飲食店向け予約受付システムなどとの連携も可能です。
現在、InfiniTalkが連携可能であると発表しているシステム以外の連携についても、相談すれば対応可能な場合もあります。今あるシステムを活かしながらCTIシステムを導入できるでしょう。

リーズナブルな料金

InfiniTalkは最小限のシステム規模でスタートできるため、コストを抑えてリーズナブルな価格で導入できるというメリットがあります。
クラウド版は月額35,800円からの安心価格で、基本プランは初期費用がかからないシンプルな価格設定になっているので、まずは試験的に導入して順次拡大していきたいと考えている企業にも最適でしょう。

クラウド版もオンプレミス型も、基本プランにプラスして必要に応じてオプションを契約していく料金プランになっています。
自社に必要なサービスの料金しかかからない点が、InfiniTalkの大きなメリットです。

豊富なオプション

InfiniTalkでは、さまざまなオプションが用意されています。たとえば、以下のような機能がオプションとして搭載できます。

  • 音声テキスト化サービス
  • プライベートオプション
  • オートコール
  • SMS連携
  • IVR
  • 着信ルーティング 

必要に応じて、豊富なオプションから契約するものを自由に選べます。
オンプレミス型はもちろん、クラウド型でも自社に合った機能にカスタマイズしやすい点が、InfiniTalkの特徴です。

価格・料金プラン

InfiniTalkの料金プランは非常にシンプルです。クラウド版は2回線5席の利用で月額35,800円から、オンプレミス版はPBX Editionで10席298,000円、CallCenter Editionで10席698,000円となります。

ここに必要に応じたオプションを追加していくことになるため、最低限の機能とコストだけでコールセンターの設置ができます。

なお、InfiniTalkのホームページには、毎月の料金をシミュレーションできる自動見積り依頼フォームが設置されています。簡単な条件を入力するだけで見積り結果をメールで受け取れるので、導入検討の際はぜひ活用してみてください。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 クラウド版 オンプレミス版
初期費用無料298,000円~
月額費用35,800円(※2回線、5席~)

機能一覧

InfiniTalkには、インバウンド業務に役立つさまざまな機能があります。IVRによる着信振り分けや電話、メールの自動分析、CRM連携による顧客情報の事前把握、通話録音と通話モニタリング機能などをしっかりと搭載されています。

ほかにも、応答率や待ち呼数をリアルタイムに把握できる機能やチャットアプリ、オペレーターのスキル分析など、対応品質を向上させられる機能が豊富です。カスタマーサポートはもちろんのこと、受注受付やコールセンター受託に必要な機能は網羅しています。

あらゆる事業形態の企業で、InfiniTalkの機能は役立てられるでしょう。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

InfiniTalkの提供環境と技術情報は以下の通りです。提供形態はクラウド版とオンプレミス版の2種類で、OSはWindows7〜10、CPUはCoreI3以上が推奨されています。

また、InfiniTalk管理画面の対応ブラウザには、ChromeもしくはFirefoxの最新バージョンが指定されています。ただし、上記以外の環境でも作動する可能性があります。自社の環境で作動するかどうか知りたいときは、事前に問い合わせておくことをおすすめします。

提供形態

  • クラウド
  • オンプレミス

OS

  • Windows

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

InfiniTalkは、オープンソースソフトウェアである「Asterisk」をベースに開発された製品です。APIとして外部システムに情報をアウトプットする「AGI」と、情報を管理する「AMI」が利用可能です。

さらに、「InfiniTalk Phone Biz」と「InfiniTalk Connector」の2つのCTIインターフェースが利用できます。このほか「Salesforce」や「kintone」、「楽テル」などといった16種類の外部システムと連携が可能です。

また、連携可能と公表されているシステム以外とも連携できる可能性があるので、希望のシステムがある場合は相談してみましょう。

セキュリティ

InfiniTalkは、内部セキュリティ機能と外部セキュリティ機能の両方を兼ねそろえたシステムです。内部セキュリティとしては、管理者権限やSV権限、オペレーターの行動を制限する設定などをおこなえる機能を搭載しています。

外部セキュリティとしては、クラウド版の暗号化通信やプライベートプランのVPN通信などが挙げられます。ただし、オンプレミス版は導入企業のセキュリティレベルに準ずるため、自社でしっかりとセキュリティ対策をおこなう必要があります。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

InfiniTalkは、月額オプションのアドバンスサポートサービスと、設定代行サービスを提供しています。導入後はサポート専用電話番号やメールアドレス、アカウントページが共有されるため、そこからサポートを依頼することが可能です。

相談すれば、土日と祝日も含めた24時間365日のサポートを依頼することも可能です。希望がある場合は問い合わせてみましょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. Zoho Expenseの特徴・価格・機能を紹介!

  2. アポ放題の特徴・価格・機能を紹介!

  3. DocuSign(ドキュサイン)とは|価格や使い方、評判などを解説

  4. メイシーの特徴・価格・機能を紹介!

  5. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  6. ビジネスチャット「Microsoft Teams」とは?料金や機能、zoomとの比較も!

  7. ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】

  8. 録音・録画機能付きのWeb会議システムを導入するメリットは?無料で使えるシステムも紹介

  9. 社労法務システムの機能・価格・評判を紹介!

  10. HubSpot CRMの料金や評判などを紹介!無料プランもあり