見えTEL君の特徴・価格・機能を紹介!

CITシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。
この記事ではCITシステムである見えTEL君の特徴や機能・価格を紹介します。見えTEL君であれば事業規模に合わせたプランを選択することが可能です。自社の規模に適したCITシステム導入を考えている方はぜひ検討してみてください。

見えTEL君とは

見えTEL君は、あらゆる業種や業務に対応したCITシステムです。販売元は20年以上前からCTIパッケージを提供してきたサクシード社で、「かんたん・シンプル・低価格」を掲げています。

見えTEL君は事業規模に合わせて3つのプランから選ぶことが可能です。そのため、希望する機能や対応PC台数に合わせた、自社にとって最適なCITの導入を目指すことができます。

見えTEL君は、既存の電話機や主装置に、CTIアダプターを追加するだけでシステムを実装することができる手軽さが魅力です。そのため、現在使っているシステムを活かしながらCTI機能を追加し、手間もコストも最小限に押さえてコールセンター業務を効率化することができます。

見えTEL君の特徴

見えTEL君の特徴として、受信管理機能に特化したCTIシステムになっている、事業規模に合わせて3つのラインナップから選べるといった点などが挙げられます。ここでは、それぞれの特徴を詳しく解説します。  

受信管理機能に特化したCTIシステム

見えTEL君は、顧客からの電話着信を管理する機能に特化したCTIシステムです。あらかじめ電話と顧客情報を連動させておくことで、発信や着信と同時に相手の住所や名前などが自動表示される「発着信表示機能」を搭載しています。

見えTEL君は、着信すると受話器を取る前に相手の情報が表示されるため、オペレーターが詳細を把握してから対応できる点が最大の強みです。コールセンター業務自体が効率よくなるだけでなく、顧客とのやりとりがスムーズになる効果も期待できます。

基本的な情報はもちろん、担当者や趣味嗜好などの詳細事項も登録可能です。そのため、オペレーターは顧客一人ひとりにパーソナライズした高品質な対応がしやすくなります。

また、顧客情報を表示したり登録したりするだけではなく、検索機能や出力機能も搭載しています。住所ラベルを作成したり、レポートの作成や分析をおこなったりするときにも活用することが可能です。

既存システムを活用して導入できる

見えTEL君の大きな特徴は、今使っている電話機器や主装置がそのまま使える点です。CTIアダプターを追加するだけで機能を実装できるため、システム導入のために高価な機器を導入したり、今ある機器を処分したりする必要はありません。

外部システムと連携できる機能が標準搭載されているので、今使用しているデータベースやシステムを活かしながら効果的な業務をおこなえるようになります。

簡単かつ低コストで導入できる

見えTEL君は、短納期でCTI環境を構築することができる点も大きなメリットです。通常設置工事とインストール作業は1日で完了し、長くても1カ月以内でCTIシステムの構築することができます。

すぐにでもCTI環境を構築して利用したい場合も、見えTEL君であれば安心して導入できます。

事業規模に合わせて3つのラインナップから選べる

見えTEL君には3つのプランが提供されており、事業規模に合わせて自社に最適なものが選べます。利用する回線数や回線の種類、希望する機能によって最適なプランは異なるため、注意しましょう。

また、あまり多くの回線や機能を必要としない場合は、最小限の機能を搭載したプランを選ぶことで、コストを抑えることができます。それぞれのプランの機能は、以下の通りです。

プラン名 見えTEL君Single 見えTEL君SmallOffice 見えTEL君Multi
対応PC数1台5台以下複数
対応回線数2回線4回線まで4回線から最大60回線まで
顧客管理
外部システム連携対応
発着信表示機能着信表示のみ着信表示のみ着信と発信表示の両方に対応(着信拒否にも対応)
通話録音機能
自動音声応答機能
着信拒否機能

2つの通話履歴自動記録機能を搭載

見えTEL君には、以下の2つの通話履歴自動記録機能が搭載されています。

  • 全プラン:発信と着信両方の通話記録を自動で記録する「ログ機能」
  • Multiプランのみ:すべての通話を自動録音する「通話機能」

ログ機能があれば、電話に出るまでにかかった時間や通話時間の集計ができ、業務改善に役立てられます。また、通話機能があれば聞き間違いを防止できるので、クレームの予防につながるでしょう。

録音した音声は受注内容の確認だけではなく、オペレーターやクレーマー対策として活用することも可能です。リアルタイム通話モニター機能も搭載されおり、トラブル時のサポートをスムーズにおこなえる点も大きなメリットです。

価格・料金プラン

見えTEL君の料金は、導入企業や希望するオプションによって大きく異なります。そのため、正確な料金については個別で見積りを依頼する必要があります。

一例ですが、以下の金額を最低価格の目安と考えておくと、導入をスムーズに検討できるでしょう。

  • Single:80,000円~
  • SmallOffice:325,000円~
  • Multi:800,000円~

※税抜価格となります。
※導入工事費などは別途必要です。

プラン名 Single SmallOffice Multi
初期費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ

機能一覧

見えTEL君で使える機能は、プランによって異なります。SingleとSmallOfficeのプランでは、着信表示機能やログ機能、顧客管理機能、外部連動機能が利用可能です。電話に出る前に氏名や住所、対応履歴といった顧客情報を確認できるため、対応力の向上を目指すことができるでしょう。

Multiプランでは、上記に加えて通話録音機能や通話モニター、音声応答とIVR機能に対応しています。より豊富な機能で電話対応業務をサポートしてくれます。
ただし、回線の種類によって利用できる機能は異なります。念のため、事前に問い合わせておくことをおすすめします。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

見えTEL君は電話回線にCTIアダプターを設置し、電話機とPCを連携しなければならないため、PC以外のデバイスから利用することはできません。また、テレワークのように遠隔でおこなう業務にも対応していないため、導入時は十分に注意しましょう。

見えTEL君の提供環境と技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • オンプレミス – Windows

OS

  • Windows

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

見えTEL君は、今使っているさまざまな業務システムとの連動が可能です。着信時は業務システムのデータベースから顧客情報を検索したり表示したりすることができます。さらに、見えTEL君から外務システムに電話番号を引き出すこともできます。既存システムにそのままCTI機能を付与できる点が、大きな魅力です。

見えTEL君は、スポーツ施設予約、ホテル予約、レストラン受付、歯科、動物病院向けなど多様なシステムと実際に連携した実績があります。したがって、基本的にどのようなシステムであっても連携できると考えておいて問題ないでしょう。

とはいえ、100%すべてのシステムと連携できると言い切ることはできません。連携評価用に用意された「評価版」の貸し出しや、電話回線がなくても試せる「デモ版」も利用できるため、導入前に希望するシステムと連携が可能かどうか確認しておくとよいでしょう。

セキュリティ

見えTEL君には、ユーザーに機能ごとの利用権限を設定できる「ユーザー管理機能」が搭載されています。グループごとに利用できる機能を制限できるため、管理者以外によるログの削除やデータの出力を制限することが可能です。
ただし、暗号化通信やそのほかのセキュリティ機能の搭載については確認できませんでした。セキュリティの詳細を知りたい場合は、問い合わせが必要です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

見えTEL君では、運用コンサルティングや電話、チャットなどを通したサポートサービスを提供していません。リモートサポートサービスがあるため、システムを利用するうえで問題が発生したりわからないことが出てきたりした場合は、サポートを受けることができる可能性が高いです。しかし、はじめてのコールセンター設置でしっかりと指導を依頼したいという場合は、ほかのCTIシステムを検討したほうがよいかもしれません。

企業によってサポートの要否は異なるでしょう。サポートやコンサルティングを希望する際は、問い合わせをおすすめします。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. グルーフォース980の特徴・価格・機能を紹介!

  2. 不動産業界向けCRM8選|不動産業で顧客管理をするメリットや選び方まで

  3. 名刺管理アプリ「マイブリッジ」とは?機能や他のアプリも紹介!

  4. EMOROCOの特徴・価格・機能を紹介!

  5. TENWAの特徴・価格・機能を紹介!

  6. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  7. jinjer給与の機能・価格・評判を紹介!

  8. 経費精算がめんどくさいと感じる原因と対策とは|システムの選び方も

  9. eKeihiの特徴・価格・機能を紹介

  10. J’sNAVI NEOの特徴・価格・機能を紹介!