TIS CTI Cloudの特徴・価格・機能を紹介!

クラウド型CTIシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。この記事ではクラウド型CTIシステムであるTIS CTI Cloudの特徴や機能・価格を紹介します。TIS CTI Cloudであれば「自動音声応答機能」「通話録音」「ACD機能」まで使用可能です。コールセンター業務に役立つCTI機能を一通り搭載しているので、クラウド型CTIシステムの導入を考えている方はぜひ検討してみてください。

TIS CTI Cloudとは

TIS CTI Cloudは、PCやシステムを電話と連携し、コールセンター業務の効率化を実現するクラウド型CTIツールです。CTIは、通話時に顧客情報をコンピューターに表示したり、自動録音や架電の振り分けなどをおこなえることから、小規模なヘルプデスク業務やカスタマーセンター、テレマーケティング業などの大規模コールセンターまで、幅広く活用されています。

従来のCTIは音声品質に不安があったり、場所やネットワークに制約があったりと、さまざまな問題に悩まされることも多々ありました。
TIS CTI Cloudは、そういった悩みを解決するための機能を複数搭載しています。
コールセンター業務のコスト削減、サービス向上、業務改善、生産性の向上に貢献するツールとして注目を集めています。

TIS CTI Cloudの特徴

TIS CTI Cloudの特徴として、コールセンター業務に役立つCTI機能を多数搭載している、複数端末に対応していて場所を問わずに利用できるといった点などが挙げられます。それぞれの特徴を詳しく解説します。  

コールセンター業務に役立つCTI機能を多数搭載

TIS CTI Cloudには、コールセンター業務の効率化に役立つCTI機能が一通りそろっています。あらかじめ設定した音声で応答できる「自動音声応答機能(IVR)」をはじめとして、顧客とのやりとりを自動で録音する「通話録音」、設定されたルールやオペレーターの状況に合わせて自動的に入電を振り分ける「ACD機能」などがあります。

ほかのCTIツールのなかには、IVRやACD機能がオプション扱いになっているケースも多いのですが、TIS CTI Cloudならこれらの機能が標準搭載されているところが特徴です。

複数端末に対応しており、場所を問わず利用できる

従来のコールセンター業務は、オフィスに設置されたコールセンターでおこなうのが一般的で、使用する電話機やシステム機器もセンターに備え付けのものを使用するのが通例でした。
そのため、担当者が不在の場合はその場での応対が難しく、後に当人から再コールしてもらう必要があります。

TIS CTI Cloudなら、PCだけでなく、スマートフォンやタブレットにも対応しているので、場所を選ばず、いつでも応対することが可能です。

公衆網の利用で高音質を実現

コールセンター業務において、通話音質の良し悪しは業務効率を左右する重要なポイントになります。
通話音質が低いと、顧客とやりとりするうえで聞き間違いが発生したり、何度も聞き直したりすることによってトラブルになるリスクがあります。

TIS CTI Cloudでは、通話に公衆網回線を利用することで、キャリアと同等の音声品質を実現しています。
オフィスのコールセンターにいる間はもちろん、オフィス外でも、終始クリアな通話音質を維持できるので、顧客と円滑なコミュニケーションを取ることが可能です。

自社のニーズに合わせて無駄なく導入できる

CTIツールのプランや契約内容はベンダーによって異なりますが、なかにはライセンス契約数に下限が設けられていたり、年契約で契約内容の中途変更が不可能だったりするものもあります。
そのため、必要以上の出費が必要になることもめずらしくなく、CTIの導入を躊躇している企業もあるでしょう。

TIS CTI Cloudでは、事業規模やニーズに応じて必要なサービスを無駄なく提供できるよう、月単位でのライセンス増減に対応しています。
最初は試験導入も兼ねて少ないライセンスからスタートし、費用対効果を検討したのちに、ライセンスを増やして本格導入を開始するといったスモールスタートをおこなうことが可能です。

また、導入にあたって既存のPBXをそのまま活用できるのも大きな特徴の一つです。
今ある設備をそのまま利用することで、新しい設備の導入コストを削減し、CTIの導入負担を少なくすることができます。

価格・料金プラン

TIS CTI Cloudの価格体系は、初期導入設定費と各種ライセンスの月額費用で構成されています。
初期導入設定費とは、TIS CTI Cloudの利用を開始するために必要な作業をおこなうための費用で、テナントの開設と設定、シナリオの作成と設定、スキルグループ設定、アカウント作成、ライセンスファイル作成、ガイダンスファイル登録などが作業費として含まれています。

一方のライセンス費用は、同時ログインできるオペレーター数に応じた「シートライセンス」と、同時通話可能なキャリア回線数に応じた「回線ライセンス」、管理者権限の機能を利用する人数に応じた「管理者ライセンス」の3種類に分かれています。

それぞれ個別に1ライセンスから契約可能で、たとえばシートライセンスを20、回線ライセンスを15、管理者ライセンスを5で契約するなど、会社ごとのコールセンターの状況や規模、ニーズに合わせて柔軟に設定できます。

同時ログイン数以上のオペレーターに対してIDを用意したい場合は、1IDにつき、500円で追加ユーザーライセンスを発行することもできます。
それぞれのライセンスは月単位で柔軟に増減できるので、「もっと規模を増やしたい」または「縮小したい」というニーズにもすばやく対応できます。

料金プランは以下の通りです。

プラン名
初期費用500,000円~(1テナント毎)
月額費用シートライセンス:6,000円/ID回線ライセンス:6,000円/回線管理者ライセンス:6,000円/ID

機能一覧

追加費用なしで、IVR(自動音声応答)や通話振り分け機能(ACD)を利用できます。
通話は自動で録音されるため、後から聞き直して重要な事項をメモしたり、ほかのオペレーターのやりとりを参考にしたりすることができます。

また、オプション機能を利用すれば、外部のCRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)との連携も可能です。

顧客情報が登録されたCRM、SFAと連携した状態で入電があると、電話番号に紐づけられた顧客情報がコンピューター上にポップアップとして表示されるため、電話を取る前から「誰が電話をかけてきたか」「これまでどんなやりとりをしてきたか」「今現在、どんな対応をするべきか」を瞬時に把握することができます。

やりとり終了後は、顧客とのやりとり内容をCRMやSFAに入力し、社内全体で共有することもできるので、営業にありがちな属人化の防止にも役立ちます。
任意で付加できるオプション機能にはほかにも、録音ファイルを1カ月以上延長保存できる機能や、スキルグループごとに各種コールの累計情報を表示する機能などがあります。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

TIS CTI Cloudの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows

ブラウザ

  • Internet Explorer

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

TIS CTI Cloudは、CRMやSFA、Web、電話連動型顧客接点ソリューション「Callクレヨン」などと連携できます。
これらのツールと連携すれば、先に説明した顧客情報のポップアップ機能や、着信履歴のリスト化、通話内容の録音や保存など、多彩な機能を利用できるようになります。

また、Callクレヨンと連携することで、顧客のリアルタイムの状況をすぐに把握できるようになり、より最適な応対をおこなえるようになります。
なお、基幹システムなどとの連携は、必要に応じておこなうことも可能です。

セキュリティ

TIS CTI Cloudでは、顧客とのやりとりで得たデータや、連携したCRM、SFA上の顧客情報を安全かつ適切に管理できるよう、Tier4レベルのセキュアデータセンターを運用しています。

Tierとは、データセンターの安全性を確認するための品質基準のことでレベルの数字が大きくなるほど厳格な基準が求められます。
Tier4レベルは最高レベルにあたり、災害に対してデータ保存の安全性を保ちつつ、可用性も確保できる非常に高いセキュリティを持つことを表しています。

また、通信内容の盗聴やデータ改ざん対策のため、暗号化や承認などを設定できるVPN接続にも対応しています。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

TIS CTI Cloudは、ツールやシステムの利用についてわからないことや、トラブルがあった場合には、メールまたは電話にてサポートを提供しています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. コールセンターでのAI(人工知能)活躍シーン6つを詳しく紹介

  2. 今さら聞けないCTIとCRMの違いや基本的な活用方法

  3. List Navigator.の機能・価格・評判を紹介!

  4. CRMとCMSの違いは何?マーケティングへの活用方法も解説!

  5. メイシーの特徴・価格・機能を紹介!

  6. Chatterの特徴・価格・機能を紹介!

  7. Sales Crowdの機能・価格・評判を紹介!

  8. CRM「うちでのこづち」の使い方・評判は?LINE連携も可能!

  9. eセールスマネージャーnanoの特徴・価格・機能を紹介!

  10. IMAoSの特徴・価格・機能を紹介!