pickuponの特徴・価格・機能を紹介!

クラウド型の電話システムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。この記事ではクラウド型の電話システムであるpickuponの特徴や機能・価格を紹介します。pickuponであればAIが通話内容の録音だけでなく、重要な部分を分析してテキスト化まで可能です。テレアポや電話業務の手間を大幅に改善してくれるのでぜひ検討してみてください。

pickuponとは

pickuponは、AIを活用して電話営業を効率化するクラウド型の電話システムです。
AIが自動で音声を記録してくれるので、手動でCRM(顧客管理システム)やSFA(営業支援システム)に入力する手間と時間を省くことができます。

テキスト化された音声をデータとして蓄積、共有すれば、営業で陥りやすいブラックボックス化問題や属人化問題の解消に役立ちます。
クラウド型システムなので初期費用の負担も少なく、手軽に電話システムを導入できるでしょう。

pickuponの特徴

pickuponの特徴として、通話内容をAIが自動でテキスト化してくれる、RM・SFAなどの外部システムとの連携が可能といった点などが挙げられます。
それぞれの特徴を詳しく解説します。
 

通話内容をAIが自動でテキスト化

pickuponの一番の特徴は、AIが通話内容を自動で要約し、重要な部分だけ記録してくれるところです。昨今のテレアポや電話業務は、顧客とオペレーターの対話を録音し、データとして保存するのが通例となっています。

ただ、録音データのすべてが有用なものとは限らず、CRMやSFAに反映させるべき情報を選別しなければなりません。そのため、オペレーターは顧客と対話しながらメモを取るか、後から録音データを聞き返す必要があります。

ただ、対話中にメモを取る場合は顧客とのコミュニケーションに集中できなかったり、後から録音データを聞き返す場合は手間と時間がかかって本業に支障をきたしてしまったりする可能性もあるでしょう。そこで、pickuponなら、AIが通話内容を自動で分析し、重要と判断した部分をピックアップしてテキスト化するので、オペレーターが作業をする手間を削減できます。

なお、保存されるのはテキストだけでなく、元になった音声も録音データとして保存されるので、「テキストだけではわからない」といったトラブルが発生する心配はありません。AIによって記録されたテキストや録音データは、顧客のニーズの把握や今後の対応方法の判断材料として活用できます。

情報共有でブラックボックス化、属人化を防止

営業活動でよく陥ってしまう問題の一つに、ブラックボックス化、属人化が挙げられます。ブラックボックス化および属人化は、物事の原理や内部構造、過程がはっきりしない状態のことです。

たとえば、あるオペレーターがAさんという顧客に電話営業をかけ、受注を成功させたとします。その場合、「Aさんに電話営業した」「受注を取れた」という結果はデータとして残りますが、Aさんはどんなニーズを持っているのか、どのようにアプローチしたのか、今後どんなフォローを期待しているのか、といったプロセスを把握することができません。

pickuponを利用すれば、重要な部分のみピックアップして記録されたデータを、インターネットを介してオペレーター全員に共有できるので、ブラックボックス化および属人化を未然に防ぐことができます。

CRM・SFAなど、外部システムとの連携が可能

pickuponは単体でもビジネスに役立つツールですが、外部システムと連携させることで、さらに業務効率化を促進させることができます。Senses、SalesforceなどのSFAやCRMツールと連携すれば、顧客とやりとりしたときの録音データとテキストを自動的にSFA、CRMに入力することが可能です。

通話でのやりとりをもとにしたデータをCRMやSFAに入力する「アフターコールワーク」を省略できるので、より本質的な業務に時間を充てることができます。

また、Sensesと連携すれば、顧客情報に登録されている電話番号をクリックするだけで架電することも可能です。
随時電話番号を入力する手間を省略できるだけでなく、電話番号の入力ミスも予防できるので、業務の効率化につながります。

一方、Slackなどのチャットツールとの連携によってAIがまとめたテキストをSlackで社内に送信、共有することもできます。
共有された情報をもとに、今後の戦略を設計するといった活用をおこなうのも一つの方法です。

閲覧のみのアカウントは無料

pickuponでは、社内でスムーズに情報共有できるよう、通常のアカウントとは別に、閲覧専用のアカウントを用意しています。
閲覧アカウントでは架電することはできませんが、AIが要約した録音データやテキストから顧客とのやりとりの内容をチェックや、顧客ニーズの把握に有効的です。

社内全体で情報を共有することによって、担当者不在時の対応や、業務の引継ぎも円滑におこなえます。
また、架電用アカウントと閲覧用アカウントを分けることにより、トータルコストを節約できるところも利点です。

価格・料金プラン

pickuponは初期費用は一律無料です。月額料金は1IDにつき6,000円で、別途通話料金が加算される仕組みになっています。

また、閲覧アカウントは無料で利用できるので、架電する人のみ通常のアカウントを発行すれば、コストを節約することができます。
プランは1つのみとシンプルなので、初めて利用する人も簡単に導入できるでしょう。
料金プランは以下の通りです。

プラン名
初期費用無料
月額費用6,000円/ID~(+通話料金)

機能一覧

テレアポや電話営業の効率化に役立つワンクリック機能が標準搭載されており、連携しているSalesforceやSenses、HubSpotといったCRM、SFA上からもワンクリックで電話をかけることができます。
外部システムとの連携は簡単におこなえるので、もともと使用していたツールと連携させるのはもちろん、新しいツールを導入する場合も、スムーズに現場に取り入れることができます。

顧客とのやりとりはすべて自動で録音されるほか、AIによる要約、文字起こしも自動でおこなわれるので、やりとりの記録や情報入力の手間を削減できます。

IVR(自動音声応答)プレディクティブコール
コールキューイング(待ち呼)通話スコアリング
通話振り分け機能文字起こし
着信履歴機能自動録音
ポップアップ機能ダッシュボード
モニタリング機能SFA連携
ささやき機能CRM連携
ワンクリック発信チャット連携

提供環境・技術情報

pickuponの提供環境と、対応OS、ブラウザ、アプリは以下の通りです。最新のChromeがインストールされたPCとヘッドセットがあれば、最短即日から利用できます。

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

  • Google Chrome

アプリ

  • PC – Windows
  • PC – Mac
  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

pickuponは、SalesforceやSenses、HubSpotなどのCRMやSFA、Slackなどのチャットツールと連携可能です。また、2021年にリリースされたWebhook連携機能により、自社で開発した顧客管理システムや基幹システムとの連携をおこなえるようになっています。

各システムと連携させれば、CRM、SFAの顧客情報からワンクリックで架電したり、コール評価をダイレクトに反映させたりすることが可能になります。

セキュリティ

pickuponでは、システム上で保存、管理している情報の漏洩や改ざんを防ぐため、サーバーへのアクセス履歴をチェックできる機能を搭載しています。
サーバーにアクセスした履歴を確認できるので、第三者による不正アクセスの予防につながります。

pickuponは情報セキュリティの国際規格であるISO/IEC 27001やプライバシーマークの認定を受けており、情報の機密性、完全性、可用性の維持に努めています。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

pickuponでは、初めてシステムを導入する人でもスムーズに使いこなせるよう、契約から導入、検証、運用フローの構築に至るまでのサポート体制が整っています。
導入後も専用窓口によるアフターサポートを提供しており、ツール利用時の疑問解消やトラブル解決の一助として活用できます。

また、定期的に無料のオンラインセミナーを実施しており、pickuponの概要や使用方法のほか、クラウドIP電話の活用術など、ビジネスに役立つ情報を発信しています。
オンラインセミナーは無料で実施しているものがほとんどなので、pickuponの概要を知りたいという人はもちろん、pickuponを最大限に活用する方法などを学びたい人は、積極的に参加してみるとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. 領収書の訂正方法|宛名や日付を書き間違えた時の対応は?訂正時の注意点を解説!

  2. SATSIGN(サットサイン)の機能・価格・評判を紹介!

  3. Talknoteの特徴・価格・機能を紹介!

  4. DeeBoardの機能・価格・評判を紹介!

  5. ビジネスチャットで社外とやりとりする際の注意点は?おすすめツールも紹介!

  6. 同時通訳機能付きWeb会議システムおすすめ3選

  7. RICOH Unified Communication System(ユニファイドコミュニケーションシステム)の機能・価格・評判を紹介!

  8. Web会議で役立つSkypeの使い方|ほかのサービスとの違いも解説!

  9. Web会議システムのハウリングトラブルを解決!6つの対策を紹介

  10. Web会議での名刺交換方法やツール選びのポイントを徹底解説