無料のCRM比較10選|クラウドとオープンソースに分けて紹介

無料で使えるCRMシステム比較表

サービス名 プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
HubSpot CRM HubSpot CRM CRM 0円 0円 100万件 クラウド
Marketing Hub CRM
MA
0円 月額0円~ クラウド
Sales Hub CRM
SFA
0円 月額0円~ クラウド
Service Hub CRM
CS
0円 月額0円~ クラウド
Growth Suite CRM
MA
SFA
CS
0円 月額0円~ クラウド
FlexCRM フリー CRM
SFA
CS
0円 0円 1GB クラウド
スタンダード CRM
SFA
CS
0円 月額1,200円/1ユーザー 2GB/1ユーザー クラウド
プレミアム CRM
SFA
CS
0円 月額2,000円/1ユーザー 2GB/1ユーザー クラウド
エンタープライズ CRM
SFA
CS
0円 問い合わせ 2GB/1ユーザー クラウド
Ambassador Relations Tool フリープラン CRM
MA
0円 0円 ~10,000人 クラウド
クラウドプラン CRM
MA
0円 月額26,800円 ~30,000人 クラウド
クラウドBプラン CRM
MA
0円 月額100,000円 ~100,000人 クラウド
サーバ設置プラン CRM
MA
0円 お問い合わせ 100,000人~ オンプレミス
Fullfree Fullfree CRM
CTI
0円 0円 3,000件 クラウド
パッケージソフト
Fullfree PRO CRM
CTI
0円 7,920円 100,000件 クラウド
パッケージソフト
Zoho CRM 無料版 CRM
SFA
MA
グループウェア
0円 0円 25,000件 クラウド
スタンダード CRM
SFA
MA
グループウェア
0円 月額1,440円/1ユーザー 100,000件 クラウド
プロフェッショナル CRM
SFA
MA
グループウェア
ワークフロー
0円 月額2,400円/1ユーザー 無制限 クラウド
エンタープライズ CRM
SFA
MA
グループウェア
ワークフロー
0円 月額4,200円/1ユーザー 無制限 クラウド
フリーウェイ顧客管理 無料版 CRM 0円 0円 1,000件 クラウド
有料版 CRM 0円 月額2,980円 30,000件 クラウド

無料で使えるオープンソース型CRMシステム比較表

サービス名 プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
vtiger CRM 無料版 CRM
SFA
MA
グループウェア
CS
なし 0円 オープンソース
Salse CRM
SFA
なし 月額10ドル~/ユーザー クラウド
Help Desk CRM
CS
なし 0円~ クラウド
Vtiger One CRM
MA
CS
コラボレーション
なし 月額30ドル~/ユーザー クラウド
CiviCRM 無料版 CRM 0円 0円 オープンソース
F-RevoCRM 無料版 CRM
SFA
グループウェア
0円 0円 オープンソース
SuiteCRM 無料版 CRM
MA
CS
0円 0円 オープンソース

CRMとは

無料のCRM比較10選CRMとは

まず、CRMシステムを導入する前にCRMについて改めて理解しておきましょう。
CRMとは、日本語では「顧客管理」や「顧客関係管理」という意味です。
顧客のニーズが多様化した現代では、一人ひとりにあったアプローチをするために、CRMは重要な仕組みであるといえます。
CRMを導入すると、顧客情報を適切に管理し、その情報から、より効果的で戦略的なアプローチができます。その結果、顧客満足度の向上、そして企業の成長へとつなげることができるのです。

CRMについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【関連記事】【かんたん図解】CRMとは?CRMの基本をわかりやすく解説

CRMシステムを選ぶ際に見るべきポイント

CRMシステムを選ぶ際に見るべきポイント

CRMシステムを探そうと思っても数多くあり、どれにしようか迷ってしまうという人も多いと思います。さらに、CRMシステムを導入するにはデータ移行や管理体制を整えるなどの手間もあるため、何度も買い替えるということは難しく、慎重に選ぶ必要があります。
ここではCRMシステムを導入する際にチェックしておきたいポイントをまとめます。CRMもシステムによってさまざま特徴があるので、自社に合うCRMシステムを選ぶのに参考にしてください。

価格

CRMシステムはこれまでの業務の効率化を図ることができ、顧客との関係をより良いものにすることができるなどの利点があります。しかし、CRMシステムを導入するにはそれなりのコストがかかります。そのため、費やした費用以上に自社にとっての利益やメリットがあるかを考えた方が良いでしょう。
CRMシステムによって価格はもちろん、ユーザー数課金や月額課金など料金形態もそれぞれ異なります。
自社の予算と、費用に対する利益を考慮してCRMシステムを選びましょう。

SFA、MA、ERPの機能と連携できるか

CRMシステムは通常、顧客管理機能や顧客サポート機能などが備わっています。
それらのCRMの機能に加えて、SFAやMA、ERPの機能が備わっているもの、連携することができるものもあります。
SFAは企業の営業活動を効率化し生産性を高める機能で、MAはマーケティングを効率化するための機能です。そしてERPは、経営に必要なヒト・モノ・カネ・情報を管理し活用するための機能です。
これらの機能も備わっていることで、CRMシステムをより効果的に活用できるでしょう。
一方で多くの機能は不要で、シンプルにCRMの機能のみ利用したいという企業もあるはずです。
自社の取り組みや課題に対してどの機能が必要なのかを見極めてCRMシステムを選択すると良いでしょう。

SFAやMA、ERPについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

クラウドかオープンソースか

システムを選ぶ際にクラウドかオープンソースかも比較するポイントです。
クラウドでは、導入の手間やコストが少ない、どこからでも利用できる、維持するのも簡単などのメリットがあります。
オープンソースは自社でカスタマイズできることがメリットが挙げられます。
それぞれメリットデメリットがあるため、こちらも考えてみても良いかもしれません。
しかし最近では、コストの少なさからや利便性からクラウド型のCRMシステムが導入されることが多くなっています。

クラウドについてもう少し詳しく知っておきたい方はこちらをご覧ください。

スマホからでも利用できるか

顧客管理だけでなく、営業支援であるSFAの機能があるCRMシステムでは、スマホ対応をしていたらより便利に活用できます。
外出先でも顧客情報を確認したり、商談履歴を残したり、スマホから入力や管理ができれば、さらに業務の効率化、顧客との良好な関係を築くことに役立ちます。
営業活動を強化する目的が大きい場合は、スマホ対応しているかもチェックしておきたいポイントの1つです。

無料で使えるクラウド型CRMシステム6選

ここでは、無料で利用できるクラウド型CRMシステムやツールの比較をします。
無料で利用できるCRMシステムは有料のものと比べると機能が多くなかったり、利用できるユーザー数やデータ容量が少なかったりと、有料のCRMシステムよりも劣るものもあります。しかし、無料でも十分に活用できるものもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

無料で使えるクラウド型CRMシステム①:HubSpot CRM

無料で使えるクラウド型CRMシステム①:HubSpot CRM
  • 無料版でも、コンタクト管理、ドキュメント、Eメール、スケジュール設定、タスクなど多くの機能がある
  • ユーザー数無制限で情報も100万件追加でき、また無期限で利用できる
  • マーケティング、セールス、カスタマーサービスなどのサービスと連携可能
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
HubSpot CRM CRM 0円 0円 100万件 クラウド
Marketing Hub CRM
MA
0円 月額0円~ クラウド
Sales Hub CRM
SFA
0円 月額0円~ クラウド
Service Hub CRM
CS
0円 月額0円~ クラウド
Growth Suite CRM
MA
SFA
CS
0円 月額0円~ クラウド

【関連記事】HubSpot CRMの料金や評判などを紹介!無料プランもあり

無料で使えるクラウド型CRMシステム②:FlexCRM

FlexCRMのHP
  • カード形式で各顧客の情報を見ることができたり、検索したいときはExcel形式で閲覧でき、顧客データを管理しやすい
  • 業種や業態別のテンプレートが用意されているため、Excelファイルや名刺管理ソフトなどのデータベースを簡単に構築できる
  • 簡単な設定だけで最適な業務アプリケーションを構築できる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
フリー CRM
SFA
CS
0円 0円 1GB クラウド
スタンダード CRM
SFA
CS
0円 月額1,200円/1ユーザー 2GB/1ユーザー クラウド
プレミアム CRM
SFA
CS
0円 月額2,000円/1ユーザー 2GB/1ユーザー クラウド
エンタープライズ CRM
SFA
CS
0円 問い合わせ 2GB/1ユーザー クラウド

無料で使えるクラウド型CRMシステム③:Ambassador Relations Tool

Ambassador Relations Tool
  • CRMとMAの機能があり顧客情報の一元管理と、効果的なアプローチができる
  • 無料版でもNPSを計測するアンケートメールを定期的に実施でき、効果的なアンバサダーマーケティングができる
  • 業種別にテンプレートがあるため、顧客満足度調査のアンケートメールが簡単に送れる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
フリープラン CRM
MA
0円 0円 ~10,000人 クラウド
クラウドプラン CRM
MA
0円 月額26,800円 ~30,000人 クラウド
クラウドBプラン CRM
MA
0円 月額100,000円 ~100,000人 クラウド
サーバ設置プラン CRM
MA
0円 お問い合わせ 100,000人~ オンプレミス

無料で使えるクラウド型CRMシステム④:Fullfree

Fullfree
  • Excelのようにシンプルな表示形式で全ての項目をカスタマイズできるため、利用しやすいCRMシステム
  • CTIシステムとも連携でき、顧客情報を見ながらなどの電話対応ができる
  • Gmailなど他のシステムと連携が可能で、既存システムを電話連動にできる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
Fullfree CRM
CTI
0円 0円 3,000件 クラウド
パッケージソフト
Fullfree PRO CRM
CTI
0円 7,920円 100,000件 クラウド
パッケージソフト

無料で使えるクラウド型CRMシステム⑤:ZOHO CRM

ZOHO CRM
  • メールや電話、SNS、チャットなどの情報をすべて一元管理でき、多くの機能が揃ったオールインワンシステム
  • AIによって個人やチームの活動を学習し、その傾向から受注や取引終了の察知・予測することができる
  • メールがいつ配信されたか、そのメールが開封されたか、いつ読まれたかがわかり、管理することができ、顧客がメールを開いたら通知がすぐに来るため、顧客への迅速なアプローチができる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
無料版 CRM
SFA
MA
グループウェア
0円 0円 25,000件 クラウド
スタンダード CRM
SFA
MA
グループウェア
0円 月額1,440円/1ユーザー 100,000件 クラウド
プロフェッショナル CRM
SFA
MA
グループウェア
ワークフロー
0円 月額2,400円/1ユーザー 無制限 クラウド
エンタープライズ CRM
SFA
MA
グループウェア
ワークフロー
0円 月額4,200円/1ユーザー 無制限 クラウド

【関連記事】Zoho CRMの料金・機能・使い方を紹介!無料版もあり

無料で使えるクラウド型CRMシステム⑥:フリーウェイ顧客管理

フリーウェイ顧客管理
  • 無料版でも1,000データの追加、3人まで共有が可能
  • 簡単な操作で項目なども自由に設定できるため、自社に合った情報を管理できる
  • 金融機関などで使われるAWSを採用しているため、セキュリティー面で安心できる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
無料版 CRM 0円 0円 1,000件 クラウド
有料版 CRM 0円 月額2,980円 30,000件 クラウド

無料で使えるオープンソース型CRMシステム4選

ここでは、無料で使えるオープンソース型CRMシステムを紹介します。社内の業務にあわせてカスタマイズしたい場合、このなかから選ぶと良いでしょう。

無料で使えるオープンソース型CRMシステム①:vtiger CRM

vtiger CRMのHP
  • インドvtiger社が開発を主導するオープンソースのCRMシステムで、日本語版は無償で提供されている
  • マーケティング、販売、カスタマーサポートなど多くの分野で利用できる
  • リードを得点化し、ランキングで表されるなど、全ての販売取引に関わる情報を視覚的に把握できる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
無料版 CRM
SFA
MA
グループウェア
CS
なし 0円 オープンソース
Salse CRM
SFA
なし 月額10ドル~/ユーザー クラウド
Help Desk CRM
CS
なし 0円~ クラウド
Vtiger One CRM
MA
CS
コラボレーション
なし 月額30ドル~/ユーザー クラウド

【関連記事】CRM「Vtiger」の評判や機能、料金は?日本語版のインストールも!

無料で使えるオープンソース型CRMシステム②:CiviCRM

CiviCRM
  • 非営利団体が利用する目的で開発されたCRMシステムで、名簿管理として活用されている
  • 国際的なコミュニティの協調で開発されており、各国の言語に翻訳されているため、複数の言語で利用することができる
  • WordPressやDrupal、Joomla&Backdropと統合して利用できる
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
無料版 CRM 0円 0円 オープンソース

無料で使えるオープンソース型CRMシステム③:F-RevoCRM

F-RevoCRMのHP
  • マーケティング・営業支援・保守サポート・販売管理・コミュニケーション機能など、基本的な機能が揃っている
  • オープンソースのため、特定の開発者に依存せずにカスタマイズも簡単にできる
  • 自社でオープンソースでの構築・運用が難しい場合は、有料でクラウドサービスの構築運用代行もおこなっている
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
無料版 CRM
SFA
グループウェア
0円 0円 オープンソース

無料で使えるオープンソース型CRMシステム④:SuiteCRM

SuiteCRM
  • リードを迅速に読み込み、最良のリード顧客を洗い出し、分類できるため、明確に把握できる
  • マーケティング機能も揃っており、キャンペーンメールの作成・送信、結果の確認などを自動でできる
  • 未来や過去の顧客リストを作成し、ニュースメールやキャンペーンなどのアプローチをすることができ、リードを育てることに役立つ
プラン 対応種別 初期費用 料金 データ量 形態
無料版 CRM
MA
CS
0円 0円 オープンソース

無料で使えるCRMシステムを活用してみよう

今回は無料で利用できるCRMシステムを紹介しました。無料版でも多くの機能があり、十分に活用できるものもありますが、有料版には劣ることが多いでしょう。
顧客との良好な関係構築が重要となる現代は、CRMは重要となっています。
そのため、顧客管理を適切におこない、顧客データを活用することで、企業の成長につなげていきたい場合は、費用をかけてでも、高性能なCRMシステムを導入する価値はあります。

無料のCRMシステムに限らず、多くのCRMシステムのなかから最適なものを見つけて導入したいという方はこちらをご覧ください。

【関連記事】【最新版】CRMツール26選を徹底比較!料金・特徴・メリットなど

「システムの選び方がわからない!」という方は、CRM・顧客管理システム選び方ガイドを参考にしてみてください。8つの選定軸をもとに、自社に合うサービスの選び方をご紹介します。

こちらから無料でダウンロードいただけます。

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. 電子契約プラットフォームβの特徴・価格・機能を紹介!

  2. 経費精算とは?その流れや方法など押さえておくべき基礎知識

  3. FlexCRMの特徴・価格・機能を紹介!

  4. WaWaFrontierの特徴・価格・機能を紹介!

  5. WAVE225旅費・経費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  6. オンプレミス型ビジネスチャットを解説!フリープランありのサービスも紹介

  7. GRIDY SFAの特徴・価格・機能を紹介

  8. ネオキャリア「jinjer経費」の機能やメリットを詳しく紹介

  9. MessagePODの特徴・価格・機能を紹介

  10. アプリ対応のSFA6選|営業活動をさらに効率化しよう!