Bitrix24の特徴・価格・機能を紹介!

Bitrix24は、900万を超える企業・組織に導入されているCRMシステムです。顧客情報の管理や営業事業の改善ができるだけでなく、社内コミュニケーションのツールにもなります。
CRMは、Customer Relationship Managementの頭文字で、顧客情報管理や顧客関係管理のことを指します。代表的なCRMシステムの機能として、顧客情報の管理・分析や問い合わせ管理、メール配信などがあります。
新型コロナウイルスのような予測できない事態が発生した場合でも、CRMシステムを導入すれば、効果的なマーケティングがおこなうことができます。
CRMシステムと基幹業務システムを連携させれば、情報の有効活用につながります。業務の効率化も図れるため、CRMシステムは近年注目を集めているツールです。
コミュニケーション・顧客情報管理・プロジェクト管理などのシステムを1つにまとめたいなら、Bitrix24の機能が役立ちます。本記事では、Bitrix24の概要と特徴、料金プランを紹介します。

Bitrix24とは

Bitrix24とは、アメリカBitrix社が提供するCRM・社内コミュニケーション・タスク管理システムです。
顧客情報の管理や営業事業の改善といったCRMシステムの機能だけでなく、社内コミュニケーションのツールにもなります。プロジェクト管理も一元管理できるため、いくつものシステムを導入する必要はありません。
情報を一元管理して、顧客が求めることや市場の動きを把握し、営業業務を効率化するのが狙いです。

Bitrix24の特徴

Bitrix24の特徴は、基幹業務システムとCRMシステムで顧客情報を一元管理できる点です。チャットボットやコールセンター機能を使って、顧客へスムーズにアプローチできます。ここでは、Bitrix24の特徴を詳しく解説します。

月額料金無料で始められる

Bitrix24は無料プランも用意されており、お試しで利用したい場合にも対応できます。無料プランでも、月5GBの容量・チャットやビデオ通話の利用・タスク管理などが可能です。CRMの導入を検討するときに役立つでしょう。
Professionalプランなら、月額費用120ドルで1,024GBの大容量・プロジェクト管理数無制限・タスク無制限で利用することができます。

コミュニケーションツールとCRMの連携で情報共有がスムーズに

Bitrix24はCRMシステムと基幹業務システムが連携しているため、顧客情報やプロジェクト情報を社内で共有するのに向いているシステムです。いくつものシステムをそれぞれ導入する手間を省くことができます。

コールセンターやチャットボットから顧客情報を集約し、分析・管理してコミュニケーション機能を用いて社内で共有するなど、スムーズな連携が可能です。ビデオ通話をしながら顧客情報を共有したり、顧客へ製品カタログを共有したりすることもできます。情報が散らばることなく、一元管理できることがBitrix24の特徴です。

プロジェクト管理機能で業務改善ができる

タスク管理やプロジェクト管理機能が付いていることも、Bitrix24のメリットです。プロジェクトごとに空間を割り当て、ファイルや会議、タスクを共有できます。
また、タスクはメンバーごとに設定できるため、それぞれに必要な情報を設定してプロジェクトの実行に移せます。タスクの経過時間も管理でき、時間がかかっている工程を増員したり、業務改善したりするときに役立つでしょう。

工程管理を確認できるガントチャートを作成すれば、プロジェクトがどこまで進んでいるか、担当者やステータスも一目で確認できます。

顧客へのアプローチにも使える

Bitrix24には、コンタクトセンターと呼ばれる機能が用意されています。コンタクトセンターとは、顧客にアプローチするための機能です。SNSで顧客の動向を分析したり、顧客サポートの窓口になったりします。チャットボットやコールセンターの設定などをおこなうことで、顧客サービスの改善につながります。

価格・料金プラン

Bitrix24は、無料プランを含めて4つの料金体系から選べます。無料プランでも、チャットやビデオ通話、グループチャットなどのコミュニケーション機能が利用できます。ただし、画面共有や通話の記録、背景の設定はできません。
また、タスク管理やCRM機能の一部はStandardプランから利用可能です。ユーザーが50人以上の企業では、機能が豊富なStandardかProfessionalプランを選ぶとよいでしょう。利用可能なGB数も多く、余裕を持って使えます。
料金プランは以下の通りです。 契約年数に応じて月の支払額が変動するので、長期契約を検討している場合は、公式HPを確認しましょう。
料金プランは以下の通りです。

プラン名 Free Basic Standard Professional
初期費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用無料
※1ヶ月契約の場合の月額
49ドル
※1ヶ月契約の場合の月額
99ドル
※1ヶ月契約の場合の月額
199ドル
※1ヶ月契約の場合の月額
補足5GB24GB100GB1,024GB

機能一覧

Bitrix24の機能は大きく分けて、コミュニケーション・CRM・タスクとプロジェクト・コンタクトセンター・サイトとショップの5つです。

コミュニケーション機能は、バーチャルオフィスとして活用できる機能が備えられています。業務の開始・終了を登録できるため、出退勤の記録として利用できることがメリットです。最大24人が参加できるビデオ通話やチャット、業務記録などがあります。もちろん音声通話も可能で、時間制限なしで利用可能です。通話の録音やファイル共有もできます。

CRM機能では顧客情報を一元管理し、最適な担当を顧客に振り分けたり、営業の自動化をしたりして業務の効率化を図れます。マーケティング分析やカスタマーサポートも、CRMシステムの機能の一つです。

タスクとプロジェクト機能には、タスクの作成やガントチャートの作成など、業務を可視化する機能が充実しています。タスクの割り当てや時間管理もおこなえるため、プロジェクトの分析や修正にも役立ちます。

コンタクトセンターとは、コールセンターの構築や問い合わせフォームなどのツールです。SNSやメールで顧客へアプローチしたり、チャットボットの設定をしたりできます。

連絡先・取引先管理見込み客管理
活動履歴管理検索・フィルター
パイプライン管理商談・案件管理
ユーザー割当・アサイン機能見積書・請求書作成
承認プロセス・ワークフロースケジュール管理
タスク管理スコアリング機能
ドキュメント管理予実管理
日報管理地図機能
顧客セグメント・属性分類キャンペーン管理
メール配信Webフォーム
ランディングページA/Bテスト
アンケート機能問い合わせ管理
チケット管理サポートページ
ダッシュボードレポート作成
リアルタイム更新予測分析
RFM分析デシル分析
アトリビューション分析エリア分析
ユーザー管理組織管理
任意の管理項目自動化・RPA
組織単位のカスタマイズ個人単位のカスタマイズ
管理項目のカスタマイズレイアウトのカスタマイズ
フィード・コミュニティ機能グループチャット
個人チャットプロジェクト管理
カレンダー機能掲示板機能
データインポート(ローカルファイル)データインポート(競合システム)
APIチャットツール連携
CTI・BPX連携SNS連携
SFA連携MA連携
メールアプリ連携名刺管理アプリ連携
ヘルプデスクシステム連携Web会議ツール連携
ERP連携

提供環境・技術情報

Bitrix24は、クラウド版とオンプレミス版で提供されています。クラウド版では、ブラウザまたはアプリケーションから利用できます。アカウントを作成をすればすぐに利用開始できるため、手間や時間はかかりません。

クラウドサービスのセキュリティ面が不安な場合や、クラウド版では使用できない機能を使いたい場合はオンプレミス版がおすすめです。完全カスタマイズ制のため、自社に最適なシステムを構築できるのも、オンプレミス版のメリットです。

提供形態

  • クラウド
  • オンプレミス  Windows
  • オンプレミス  Mac

OS
問い合わせ

ブラウザ
問い合わせ

アプリ
問い合わせ

API連携・サービス連携

Bitrix24はオープンAPIのため、他社のさまざまなシステムと連携できます。オープンAPIとは、アプリケーション同士を連携するための仕組みです。Bitrix24と契約状態にある他社のシステムを連携させて、より効率的なサービスが提供されます。各種SNSや、コミュニケーションのためのアプリケーションとの連携が用意されています。

セキュリティ

Bitrix24では、AWSと2段階認証で、保存している情報を守ります。AWSとは、Amazon Web Servicesを略した言葉で、Amazon社が提供するホスティングサービスです。データのバックアップは毎日おこなわれるため、万が一のことがあっても迅速な対応ができます。

もちろんデータ通信時は暗号化され、第三者が読み取れないように対策されています。Bitrix24で提供されるセキュリティ機能詳細は、以下の通りです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)
BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Bitrix24では、有料プランのユーザーならヘルプデスクを利用できます。導入時にトラブルが起きたときや、使い方でサポートが必要なときにチャットでヘルプデスクに質問や相談すれば、その場で問題を解決できるでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. ChatLuckの特徴・価格・機能を紹介!

  2. Adobe Signとは|アドビの電子契約サービスの価格、使い方、評判を紹介

  3. Web会議での名刺交換方法やツール選びのポイントを徹底解説

  4. 電子契約サービスとは?仕組みや導入手順、おすすめのサービスも紹介!

  5. DX時代におけるセキュリティの重要性と企業が行うべき対策

  6. EMOROCOの特徴・価格・機能を紹介!

  7. MOCHICAの機能・価格・料金を紹介!

  8. PASELLYの特徴・価格・機能を紹介!

  9. WArm+の特徴・価格・機能を紹介!

  10. IMAoSの特徴・価格・機能を紹介!