Customa!の特徴・価格・機能を紹介!

顧客管理システムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。この記事では顧客管理システムであるCustoma!の特徴や機能・価格を紹介します。Customa!であればインターネットエクスプローラーやグーグルクロームといったブラウザで使用可能です。新たにサーバーを設置する必要がないため、気軽に顧客管理システムの導入をしたい方はぜひ検討してみてください。

Customa!とは

アイバス社が提供するCustoma!は、社員5~100名規模の中小企業による使用を想定して作られた顧客管理システムです。Customa!はクラウド型であり、インターネット環境さえ整っていればあらゆるデバイスで接続できます。
そのため、離れた場所からでもデータをリアルタイムで共有でき、効果的に業務を進められます。

また、一般的にユーザー数無制限で顧客管理システムを利用しようとすると、月額費用が高額になってしまいますが、Customa!の場合は低コストで導入することができます。
そのため、社内でシステムをフレキシブルに利用でき、業務の効率化がしやすくなっています。
一般的な業務であれば追加コストをかける必要もなく、リーズナブルにシステムを活用できる点が魅力です。

Customa!の特徴

Customa!の特徴として、ユーザー数無制限で社内すべての人がシステム利用できる、機能が充実しているといった点などが挙げられます。

それぞれの特徴を詳しく解説します。

ユーザー数無制限で利用できる

Customa!はユーザー数ごとの従量課金ではなく、ユーザー数無制限で使えるシステムになっています。
ユーザー数が制限されておらず全従業員が利用できるので、最大限システムを活用することができ、効果が上がりやすくなるでしょう。

マルチデバイス対応で柔軟に活用できる

Customa!はマルチデバイス対応で、PCのほかにスマートフォンやタブレットからもアクセスできます。
Customa!のシステムは、外出先からの操作やテレワークを想定して構築されており、場所や端末の種類を問わず、その場ですぐに利用することができます。

社外で情報を参照したり見積りを作成したりと柔軟に活用できるシステムを探している場合にも、Customa!はおすすめです。

豊富な機能が揃っており便利に活用できる

Customa!には顧客管理やタスク管理といった基本的な機能のほか、メールやコメントの機能、ファイル管理機能など、あると便利な機能が豊富に揃っています。
業務に必要な見積りの作成や請求書の作成、レポートの発行、在庫管理や納入業者管理などもすべてCustoma!上でおこなえます。

また、問い合わせ履歴や回答事例をシステムにデータベース化しておくことも可能です。

システムに不慣れな人でも直感的に操作できる

Customa!は、プログラムやサーバーといったPCの専門知識をもたない人でも直感的に操作できる仕組みになっています。

Customa!の操作はブラウザ上でおこなえるため、特別な知識は必要ありません。
また、対応言語も日本語なので安心です。

手間のかかる初期設定や導入時のサーバー設定、データベース設定は提供元であるアイバス社の専門スタッフが対応します。
システムの使用中に問題が起きた場合には、担当スタッフがすぐにシステム復旧の対応をしてくれます。

ソフトウェアのインストールやサーバーの設置が不要

Customa!はInternet ExplorerやGoogle Chromeといったブラウザで稼動できる顧客管理システムです。
そのため、システムを使用するために専用のソフトウェアをインストールする必要はありません。

Customa!を導入するときには、提供元であるアイバス社のサーバーを使用することになります。社内にサーバーを設置する必要がないので、これまでITをそれほど活用していなかった企業でも気軽に導入できます。

アップデートに追加費用がかからない

Customa!の導入後にはアップデートがおこなわれることがありますが、追加費用はかかりません。
常に最新の状態で安全にシステムを利用できることが、Customa!を導入するメリットといえます。

セキュリティ対策が万全なので安心して使える

ビジネスにおいて大きなリスクとなる情報漏洩は、なんとしても防がなければなりません。Customa!には強固なセキュリティ対策が施されており、重要な情報が漏洩してしまうリスクを軽減できます。

Customa!のセキュリティシステムは、金融機関のシステム統合を主管したエンジニア等によって構築されています。
データセンターを複数箇所に置き、万全のセキュリティ監視がおこなわれているため、不安なくデータを預けられます。

また、Customa!では毎日自動的にバックアップを取得しています。バックアップは30日分が常に保存されており、万一の際にはデータの復元をおこなうことも可能です。

停電などのトラブルが生じた際や、社内スタッフが重要情報を削除してしまった際などにはアイバス社に連絡すれば、24時間以内にデータ復旧の対処をおこなってもらえるので安心です。

価格・料金プラン

Customa!は非常に低コストで導入することができます。2つのプランが用意されており、ライトプランは月額9,980円、プレミアムプランは月額17,800円で利用することができます。

導入時に発生する初期費用をあわせても、他社と比べてリーズナブルな価格設定となっています。

容量については、ライトプランが30GB、プレミアムプラン100GBが用意されています。オプションで100GBごとに容量の追加をおこなうことも可能です。
また、初年度にはオリジナルドメインを無料で使うことができます。

プレミアムプランを選んだ場合には容量が大きくなるため、提供元であるアイバス社のサーバーを専有することになります。Customa!はコストを圧縮することを意識して作られています。そのため、プレミアムプランを導入した場合でも比較的リーズナブルにシステムを活用できるのです。

また、ライセンスコストがかからないことも、Customa!のシステムを安価で提供できる大きな理由です。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 ライトプラン プレミアムプラン
初期費用19,960円35,600円
月額費用9,980円17,800円

機能一覧

Customa!には基本的な機能が揃っています。
業務に必須となる顧客管理機能には、過去の取引履歴や請求履歴のほか、マップの表示機能も連携されており便利です。

Customa!には契約管理や在庫管理の機能もあります。システムの活用によって契約状況を即座に把握できるため、商品を顧客に対して安定的に供給できます。

在庫数が減少したときにはアラートで再発注が促されるなど、在庫状況を適切に管理できるのも嬉しいポイントです。

さらに、納入業者の管理、顧客の担当者情報の管理や見込み客管理、タスクやカレンダーの管理機能なども搭載されています。これらの機能をフルに使いこなせば、業務の効率を飛躍的に向上させることができます。

連絡先・取引先管理デシル分析
見込み客管理アトリビューション分析
活動履歴管理エリア分析
検索・フィルターユーザー管理
パイプライン管理組織管理
商談・案件管理任意の管理項目
ユーザー割当・アサイン機能自動化・RPA
見積書・請求書作成組織単位のカスタマイズ
承認プロセス・ワークフロー個人単位のカスタマイズ
スケジュール管理管理項目のカスタマイズ
タスク管理レイアウトのカスタマイズ
スコアリング機能フィード・コミュニティ機能
ドキュメント管理グループチャット
予実管理個人チャット
日報管理プロジェクト管理
地図機能カレンダー機能
顧客セグメント・属性分類掲示板機能
キャンペーン管理データインポート(ローカルファイル)
メール配信データインポート(競合システム)
WebフォームAPI
ランディングページチャットツール連携
A/BテストCTI・BPX連携
アンケート機能SNS連携
問い合わせ管理SFA連携
チケット管理MA連携
サポートページメールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析

提供環境・技術情報

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS
  • Chrome OS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

  • PC – Windows
  • PC – Mac
  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

Customa!には、既存のデータやメール機能を連携させることができます。
また、カスタムAPIで操作を統合し、ほかのユーザーを呼び出したり、メッセージのやりとりをしたりといった使い方もできます。

効率よくシステムを活用するためにも、連携機能を上手に取り入れてみましょう。

セキュリティ

Customa!はオンライン上で活用できるクラウドシステムであるため、万全のセキュリティ対策が施されています。
接続IPアドレス制限やウェブアプリケーションファイアウォールの搭載など、安全性にこだわって制作されています。

また、ファイルの閲覧制限を制御するコアファイルマスクにおいては情報の暗号化がおこなわれており、データベースへの不正アクセスから大切なデータを守ることができます。

Customa!の使用サーバーは分散されているので、万一のときにもシステムが完全にストップしてしまう心配がありません。
システムを活用するときには万一のデータ流出トラブルを想定した対策が必要ですが、サーバーが分けられていればすべてのデータが失われてしまうリスクを避けられます。

さらに、Customa!には操作ログの取得機能も付帯しています。
ログを自動取得することによって不正な操作をおこなったユーザーを特定することが可能となります。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Customa!のような多機能型の顧客管理システムがあっても、使いこなせなければ導入した意味は薄れてしまいます。Customa!の機能を効率的に使いこなすためにも、ぜひ各種サポートを活用してみましょう。

Customa!の導入後には、メールサポートを無制限で何回でも受けられます。また、別途月額費用はかかりますが、電話サポートサービスを利用することもできます。

なお、Customa!の提供元であるアイバス社は、Customa!の導入に迷っている企業に対しても丁寧なアドバイスをおこなっています。問い合わせ時には、社内で現在抱えている問題や実情をヒアリングし、実際に画面共有をしながらシステムの内容を丁寧に解説しています。

システム選びに迷っているのなら、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. GRIDY SFAの特徴・価格・機能を紹介

  2. かんたん電子契約forクラウドの特徴・価格・機能を紹介!

  3. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  4. 無料で使える経費精算システム6選|無料トライアルができるシステムも紹介!

  5. ビジネスチャットで社外とやりとりする際の注意点は?おすすめツールも紹介!

  6. ハッスルモンスターの特徴・価格・機能を紹介!

  7. NetSuite CRMとは?評判・使い方・価格などを紹介!

  8. eSmileCallの特徴・価格・機能を紹介!

  9. 無料で使えるSFA比較9選|試しにSFAを導入してみよう

  10. SFA比較9選|大手企業向けおすすめサービスを紹介!