Virtualex iXClouZの特徴・価格・機能を紹介!

顧客管理システムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。
この記事では顧客管理システムであるVirtualex iXClouZの特徴や機能・価格を紹介します。Virtualex iXClouZであれば顧客情報だけでなく、対応履歴の管理やワークフローの管理までマルチに連携可能です。コールセンター業務を効率化したい方はぜひ検討してみてください。

Virtualex iXClouZとは

Virtualex iXClouZ(バーチャレクス アイエックスクラウズ)は、バーチャレクス・コンサルティング社が開発したCRMソフトです。
新たにコールセンターを立ち上げたい方や、既存のコールセンターの問題点を改善したい方によって活用されています。

コールセンター業務を円滑に進めるにあたっては、CRMが必要不可欠です。
CRMとはCustomer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)のことで、日本語では顧客管理または顧客関係管理を意味します。

顧客からの情報発信や顧客との関係性構築は、コールセンターを運営する企業にとって大きな財産となります。
コールセンター運営のなかで獲得してきた財産を最大限に活用するためには、顧客からのリアルな意見を集約し、応対テクニックやサービスをブラッシュアップするためのツールが必要です。

Virtualex iXClouZのように、顧客情報を一カ所に集めてすべてを紐付けて活用できるクラウドサービスがあれば、コールセンターの業務効率が高まりやすくなります。
Virtualex iXClouZでは顧客情報に加え、対応履歴の管理やワークフローの管理など、業務をマルチに連携させることが可能です。また、他部門や他支店、パートナー企業との情報共有も自在におこなえます。

コールセンターの運用には大きな運用コストがかかるものです。Virtualex iXClouZを導入すれば、コールセンター運営にあたっての大規模な投資が必要なくなり、コストダウンを実現できるのです。

Virtualex iXClouZの特徴

Virtualex iXClouZの特徴として、CRMコンサルティングのノウハウが集約されている、コールセンターのテレワーク移行が実現できるといった点などが挙げられます。
それぞれの特徴を詳しく解説します。

CRMコンサルティングのノウハウが集約されている

Virtualex iXClouZは、CRMのノウハウが集約されたクラウドサービスツールです。

コールセンターの運用時には応対履歴の管理や顧客情報管理、案件情報管理などをおこなう必要があります。これらの業務を最適化することが、コールセンターの運用効率化につながります。

豊富なコンサルティングやアウトソーシングの支援実績をもとにして作られたVirtualex iXClouZには、コールセンターの運用のために必要なシステムが揃っています。
コールセンターの運用形態を問わずフレキシブルに活用できるのが、Virtualex iXClouZの魅力です。

さまざまなシステムを紐付けできる

Virtualex iXClouZのシステムにはSMSやLINEの連携機能、CTI連携機能が搭載されています。顧客との通話をおこなう電話基盤はコールセンターにおいて、大変重要な部分です。

CTI連携というかたちで電話クラウド基盤との連携をおこなえば、顧客とのやりとりをよりスムーズにおこなえるようになります。

コールセンターのテレワーク移行が実現できる

Virtualex iXClouZのシステムは、テレワーク体制の構築や運営拠点の分散化を目指すコールセンターに適しています。
働き方改革や感染症予防の観点から、コールセンターのテレワーク化を推進する企業も増えてきました。
また、集中豪雨や地震といった自然災害によって通勤が困難になる可能性も十分に考えられます。

コールセンターを有する企業は、いざというときに業務がストップするのを避けるための対策を講じておく必要があります。
Virtualex iXClouZの導入は、有事の際に業務停止のリスクを避けるためのBCP対策に役立ちます。

初期費用がリーズナブルで導入しやすい

ツールの導入には高額な費用がかかることもあります。
Virtualex iXClouZであれば、初期費用をかけず、0円からスタートすることが可能です。

ツール選びに迷っているのなら、まずはVirtualex iXClouZが業務形態に合っているのかを確認するようにしましょう。
本格導入する場合にも、すでに入力したデータを引き継ぐことができるので安心です。

ニーズに合うシステムを最短2週間で利用開始できる

最短2週間で導入できるのもVirtualex iXClouZが人気を集める理由です。
契約後にはまず、マニュアルに沿って個別サイトを構築することになります。

Virtualex iXClouZを使えば即座に自社サイトが構築されるため、タイムラグなしで即座に使用感を判断できます。
まずはVirtualex iXClouZを導入し、その後ニーズに合わせてシステムをカスタマイズするのがおすすめです。

サポート体制が整っているので安心

Virtualex iXClouZには、導入支援サービスや研修のオプションが付帯しています。
導入支援サービスでは業務内容のヒアリングをおこない、業務に必要となる機能についての操作方法を詳しく解説します。

また、導入時の困りごとを担当者に詳しく質問できるのも嬉しいポイントです。
実際にシステムを使いながら解説を受けられる操作研修もあるので、必要に応じて活用しましょう。

基本機能に加えてオプション機能を導入したいときには、オプション機能操作説明を受けておくのが安心です。

価格・料金プラン

初期費用0円でというリーズナブルな価格で運用をスタートさせられるのがVirtualex iXClouZの魅力です。
初期メニューにはデータ量120GBまでのサイト構築費用に加え、Virtualex iXClouZのガイドマニュアルやQ&Aが付帯します。

Virtualex iXClouZの月額基本使用料は1ユーザー単位で9,800円、同時10ユーザーで98,000円という価格帯になっています。
また、必要に応じてさらに各種オプションを付帯させることもできます。

オプションは機能ごとに価格が設定されているので、必要なものを無駄なく導入することが大切です。

料金プランの表は以下の通りです。

プラン名 基本料金
初期費用無料
月額費用98,000円
ドメイン使用料/更新料10,000円/年

機能一覧

Virtualex iXClouZの基本プランには、月額使用料やサイト構築費用に加え、ドメイン使用料と更新料、サーバー証明書の費用が含まれています。
さらに、オプションとしてCTIの連携、チャットやSMS、LINEやメールとの紐付けをおこなうことが可能です。

これらの機能を導入すれば顧客にメッセージを送信したり、従業員同士でチャットのやりとりをしたりすることができます。
Virtualex iXClouZには、コールセンターのアンケートなどに活用できるアウトバウンドのキャンペーン管理やコンタクト管理機能もあります。

また、案件を後続タスクとして管理できるワークフローオプションや、顧客への次アクションをオペレーターに引き継げる、アクションメッセージオプションも搭載されています。
こういった機能を導入すれば、自社内でスマートに業務を引き継いでいくことが可能となります。

これらの機能は必要に応じてカスタマイズできます。
自社のコールセンター運営に必要な機能を、無駄なく取捨選択することが肝心です。

連絡先・取引先管理デシル分析
見込み客管理アトリビューション分析
活動履歴管理エリア分析
検索・フィルターユーザー管理
パイプライン管理組織管理
商談・案件管理任意の管理項目
ユーザー割当・アサイン機能自動化・RPA
見積書・請求書作成組織単位のカスタマイズ
承認プロセス・ワークフロー個人単位のカスタマイズ
スケジュール管理管理項目のカスタマイズ
タスク管理レイアウトのカスタマイズ
スコアリング機能フィード・コミュニティ機能
ドキュメント管理グループチャット
予実管理個人チャット
日報管理プロジェクト管理
地図機能カレンダー機能
顧客セグメント・属性分類掲示板機能
キャンペーン管理データインポート(ローカルファイル)
メール配信データインポート(競合システム)
WebフォームAPI
ランディングページチャットツール連携
A/BテストCTI・BPX連携
アンケート機能SNS連携
問い合わせ管理SFA連携
チケット管理MA連携
サポートページメールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析

提供環境・技術情報

提供形態

  • クラウド

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

Virtualex iXClouZの導入時にはAmeyoJ、PureCloud、BIZTELをはじめとしたCTI連携ができます。電話クラウド基盤との連携によって着信ポップアップやクリックトゥーコールがおこなわれるため、コールセンターの電話をより便利に活用できます。AmeyoJ、PureCloud、BIZTEL以外のCTIシステムとも連携可能なので、まずは同社に相談してみましょう。

また、ほかの既存システムとVirtualex iXClouZを連携させて使うこともできます。
チャットやメールなどのサービスを連携させれば、業務内容の共有や引き継ぎがおこないやすくなります。

セキュリティ

コールセンター業務においては機密情報や顧客情報を取り扱うことになるため、セキュリティ面に細心の注意を払いながら運用することが大切です。

セキュリティ対策に関して不安があるときには、ツール導入前に問い合わせてみることをおすすめします。

Virtualex iXClouZのセキュリティ機能について詳しく知りたい方は、直接問い合わせてみてください。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Virtualex iXClouZのサポートは単純に不明点を問い合わせて、答えてもらうという一方通行型のシステムではありません。
Virtualex iXClouZの導入後には、必要に応じて利用状況の確認や新たな提案など、継続的な支援を受けられます。

伴走型のサブスクリプションサービスによる手厚いサポートを受けられるのが、Virtualex iXClouZの魅力の一つです。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  2. Cyber CTIの機能・価格・評判を紹介

  3. ビジネスチャットで社外とやりとりする際の注意点は?おすすめツールも紹介!

  4. AIを活用したSFAシステム「Senses」の魅力や特徴、料金プランをご紹介

  5. 経費精算をエクセルで効率化!無料の経費精算表テンプレートあり

  6. Tetraの特徴・価格・機能を紹介!

  7. Web会議に必要なものとは?これさえあれば導入できる!

  8. NSTechno-phone Managerの機能・価格・評判を紹介!

  9. ビジネスチャットを導入する際には7つの社内ルールが重要になる

  10. PASELLYの特徴・価格・機能を紹介!