EMOROCOの特徴・価格・機能を紹介!

CRMシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。
この記事ではCRMシステムであるEMOROCOの特徴や機能・価格を紹介します。EMOROCOであれば人工知能を活用した顧客管理が可能です。顧客一人ひとりに効果的なマーケティングをおこないたい方はぜひ検討してみてください。

EMOROCOとは

EMOROCOは、人工知能が搭載されている画期的なCRMシステムです。EMOROCOの名称は、EMOtional Analysis(感情分析)、RObot(ロボット)、COgnitive(人工知能)を組み合わせた造語です。

EMOROCOはCRM機能だけでなく、顧客サービスに特化したAIと学習データベースも兼ね備えています。そのため、顧客の性格や感情といった深い情報まで引き出すことが可能です。

EMOROCOの特徴

EMOROCOの特徴として、顧客対応に特化したAIと学習データベースによって顧客一人ひとりの深い情報を引き出すことが可能です。また、きめ細かな分析でマーケティング業務の効率化も図れます。ここでは、それぞれの特徴を詳しく解説します。

顧客対応に特化したAIとの融合

EMOROCOの最大の特徴は、顧客サービスに特化したAIと学習データベースにより、性格や感情といったより深い情報の引き出しを実現しているところです。

従来のCRMでは、蓄積された顧客情報や行動情報をもとに、来店傾向や購買傾向を推測し、必要なアプローチをおこなうといったマーケティング手法が主流でした。しかし、統計から得ることができる情報は表面的なものが多く、顧客一人ひとりのニーズを深く掘り下げるのは困難です。

EMOROCOでは、顧客対応に特化したAIと学習データベースにより、顧客の性格や感情など、より深い情報を導き出すことが可能となっています。

「顧客」をさらに差別化する「個客化(パーソナライゼーション)」をおこなうことで、より一人ひとりの顧客にマッチしたアプローチをおこなったり、戦略を立てたりすることができます。

AIは情報が蓄積されるほど成長し、より顧客分析や差別化の精度が高まっていくため、長く使うほど、高品質なサービスを提供できるようになります。

あらゆるチャネルにある顧客情報を一元管理できる

顧客情報は来店した顧客やECサイトの購入履歴、スマートフォンの閲覧履歴など、さまざまな場面から得るものです。さらに、インターネットの普及により、オンラインから情報を入手する機会が増えています。

しかし、オンラインとオフラインの情報を別々に管理していると、全体のニーズが掴みづらくなってしまうことがあります。

EMOROCOでは、店舗やECサイト、スマートフォンのアプリなど、さまざまなチャネルから得て蓄積された情報を一元管理することができます。

全体像はもちろん、顧客一人ひとりのニーズや行動情報をより正確に把握できるようになるため、企業側が適切なセールスにつなげることが可能です。

コンタクトセンターに必要な機能を提供

EMOROCOでは、電話のみでやりとりするコールセンターと違って、メールやチャット、SNSなどさまざまなチャネルを通じて顧客とつながるコンタクトセンターに必要な機能を一通り備えています。

たとえば、複数のチャネルと連動して応対し、そのプロセスや結果を記録するインバウンドセールス機能や、顧客からのコンタクトに応じて、その内容を記録するアウトバウンド機能、顧客の属性に合わせて内容を変更することができるコールスクリプト機能などです。

受注の受付をおこなったり、クレームや事故といったサポート案件を管理したりする機能も搭載されており、顧客と企業をしっかり結びつける役割を果たします。

One to Oneマーケティングをバックアップ

EMOROCOは、顧客一人ひとりのニーズや属性、趣向などをもとに、個別にマーケティングをおこなうOnetoOneマーケティングを支援するシステムです。

エンドユーザーや得意先、代理店の情報と、マーケティングや案件管理、過去の実績などに基づいた需要予測をおこなえるため、ユーザーは今後どのような戦略を立てていくべきか、冷静に見極めることができます。

また、自社の販売実績や納入実績の管理をおこなうことができるため、売上の推移を見て次の手を考えたり、業績低迷の原因を探ったりするときに役立ちます。

リピートオーダーについては、候補の抽出や気づきのアラートを活用することで、漏れによる機会損失を防止する効果が見込めます。

きめ細かな分析でマーケティング業務を効率化

EMOROCOには、さまざまなチャネルから取得した顧客嗜好データ、来店者数、行動履歴、メールやDMの結果、イベント結果などを蓄積して分析し、検証する機能が備わっています。

複数のデータをもとに実施した統計分析は、今後のマーケティングや営業活動、経営戦略の判断材料として活用することが可能です。

統計分析の結果や内容は、ダッシュボードに表示するのはもちろん、Excel分析やビジネスインテリジェンス(BI)、機械学習(ML)を使って、より掘り下げた分析をおこなうこともできます。

価格・料金プラン

EMOROCOは汎用性の高いシステムなので、これまで病院や百貨店、大学、保険会社、ホテル、コールセンターなど、幅広い業種の企業に導入されています。

なお、価格や料金プランはシステムの導入方法や導入スタイルによって異なります。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

EMOROCOの機能は、データの統合管理機能を用いて分析をおこなう「DWH」、さまざまなチャネルを通して顧客とつながる「コンタクトセンター」、マーケティング業務の効率化を図る「マーケティングオートメーション」、OneToOneマーケティングをサポートする「セールスアシスタント」、そして人材情報やスキル/リソース情報を管理し、分析したうえで人と人、人と物をつなぐ「EMOROCOマッチングサービス」の5つが柱になっています。
また、上記の標準機能に加え、任意でオプションサービスを追加することも可能です。

具体的なオプションサービスとしては、PCやタブレットからWebミーティングを開催し、参加できるオンライン商談支援ツールや、カメラ画像解析によってこれまで取得できなかった来店者数や顧客属性を取得する顔認識サービス、顧客と画像や文書などのドキュメントを共有できる画像・文書管理などが挙げられます。

連絡先・取引先管理デシル分析
見込み客管理アトリビューション分析
活動履歴管理エリア分析
検索・フィルターユーザー管理
パイプライン管理組織管理
商談・案件管理任意の管理項目
ユーザー割当・アサイン機能自動化・RPA
見積書・請求書作成組織単位のカスタマイズ
承認プロセス・ワークフロー個人単位のカスタマイズ
スケジュール管理管理項目のカスタマイズ
タスク管理レイアウトのカスタマイズ
スコアリング機能フィード・コミュニティ機能
ドキュメント管理グループチャット
予実管理個人チャット
日報管理プロジェクト管理
地図機能カレンダー機能
顧客セグメント・属性分類掲示板機能
キャンペーン管理データインポート(ローカルファイル)
メール配信データインポート(競合システム)
WebフォームAPI
ランディングページチャットツール連携
A/BテストCTI・BPX連携
アンケート機能SNS連携
問い合わせ管理SFA連携
チケット管理MA連携
サポートページメールアプリ連携
ダッシュボード名刺管理アプリ連携
レポート作成ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新Web会議ツール連携
予測分析ERP連携
RFM分析

提供環境・技術情報

提供形態

問い合わせ

OS

問い合わせ

ブラウザ

問い合わせ

アプリ

問い合わせ

API連携・サービス連携

EMOROCOは、コンタクトセンターに必要なPBXやマルチチャネルPBXと、CRMのUIをCTI連携することができます。
CTI連携をおこなうと、電話がかかってきた時に、電話番号に関連した顧客情報がコンピューターにポップアップ表示され、電話を取る前からお客さまの情報や過去のやりとりをチェックすることができます。

また、セールスアシスタントの領域では、Sansanや名刺de商売繁盛などの名刺管理サービスと名刺情報を連携させることが可能です。
手動で取引先の情報を入力しなくても、相手の氏名や会社名、本社の住所、連絡先、メールアドレスなどの情報をEMOROCO内のデータベースに反映させることができるため、取引先情報管理の手間と時間を省けます。

また、在庫・商品管理システムと在庫や商品仕様、図面情報を連携することが可能です。さらに、販売管理システムと案件や受注、売上実績を連携することもできます。

セキュリティ

EMOROCOのセキュリティ機能は公開されていないため、詳しくは問い合わせが必要です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

EMOROCOの提供元であるアーカス・ジャパン社は、元日本マイクロソフト社のプリセールスエンジニアで、CRM事業の専門人材が率いる会社です。

ユーザーはITコンサルティングからシステムインテグレーション、保守や運用に至るまで、ワンストップでの導入支援を受けることができます。

また、企業の自衛手段の一つとして、「EMOROCO反社チェックサービス」の提供も始まっています。システムに顧客情報を入力するだけで簡単に反社チェックをおこなえるため、「知らない間にフロント企業と取引していた」「反社との取引で社会的な信用を失った」といったリスクを低減することができます。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. Sakura CTIの機能・価格・評判を紹介!

  2. EMOROCOの特徴・価格・機能を紹介!

  3. CRM導入のメリット・デメリットやSFAとの違いを徹底解説!

  4. pickuponの特徴・価格・機能を紹介!

  5. Adobe Signとは|アドビの電子契約サービスの価格、使い方、評判を紹介

  6. CTIの機能を理解・比較したうえで理想的なシステムを導入しよう

  7. kinconeの機能・価格・評判を紹介!

  8. Sales Force Assistantの特徴・価格・機能を紹介!

  9. Workplace from Facebookの特徴・価格・機能を紹介!

  10. SFAの運用を効果的におこなうには?6つのポイントを解説