FlexCRMの特徴・価格・機能を紹介!

業務管理を支援するクラウドサービスにはさまざまな種類があり、それぞれ機能・価格が異なります。
この記事では業務管理クラウドサービスであるFlexCRMの特徴や機能・価格を紹介します。FlexCRMであれば初期導入費が掛かりませんから、試しに業務管理クラウドサービスを導入してみたい企業はぜひ検討してみてください。

FlexCRMとは

FlexCRMは、高機能なCRMをリーズナブルな価格で提供するクラウドサービスです。顧客管理はもちろん、SFA(営業支援システム)からお客さまサポート、マーケティング、業務プロセス管理、ワークフローに至るまで、CRMの基本的な要素6つをすべて網羅しているところが特徴です。

クラウド型で初期導入費は0円であるにもかかわらず、企業の収益力を上げるために必要なCRMを最大限に活用できます。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にも対応しているため、シーンに応じて使い分けることも可能です。

FlexCRMの特徴

FlexCRMの特徴として、直感でわかりやすい画面と操作性を採用、6つのCRMをオールインワン搭載しているといった点などが挙げられます。ここでは、それぞれの特徴を詳しく解説します。

直感的でわかりやすい画面と操作性を採用

FlexCRMは、CRMを初めて導入する企業でもスムーズに普及できるよう、直感的でわかりやすい画面デザインになっており、高い操作性を誇っています。初めて立ち上げた時でも、どこに何があるか一目でわかるデザインが魅力です。

また、ユーザーをサポートする機能として、検索時のフィルタ設定やサジェスト機能を搭載しています。日付や数値などの検索項目や、検索方法を自由に設定すれば、検索にかかる手間と時間を節約することが可能です。
フィルタ設定はチーム間で共有して統一化するのはもちろん、自分専用のフィルタとして活用することができ、用途や利用目的に合わせて柔軟に設定することが可能です。

6つのCRMをオールインワン搭載

FlexCRMは、企業の経営戦略に必要な6つのCRM機能群を搭載しています。
自社に合った顧客データベースを簡単に構築できる「顧客管理」をはじめ、営業日報や案件管理などを軸にした「SFA(営業支援)」、問い合わせやクレーム内容、対応ステータスを管理できる「お客さまサポート」、新規顧客の開拓や既存顧客への新たなアプローチを支援する「マーケティング」、営業の属人化を防ぐ「業務プロセス管理」、そして社内決済の効率化や高精度化を実現する「ワークフロー」などの機能があります。

CRMシステムによっては、それぞれの機能がオプションになっていたり、外部システムとの連携が必要だったりします。しかし、FlexCRMはすべてのCRM機能をまとめて活用できるところが魅力です。

簡単かつ自由にカスタマイズ可能

FlexCRMでは、企業ごとの用途やニーズに合わせて、さまざまなカスタマイズをおこなうことができます。カスタマイズにプログラム開発などの専門的な知識や技術は必要なく、ドラッグ&ドロップなどのマウス操作のみで、データを表形式で管理できる「リレーショナル・データベース」を作成し、利用することができます。

販売データや業務管理といった定番メニューを簡単に追加できるほか、必要に応じてデータ項目を自由に設定したり、操作権限や閲覧権限を設定したりと、さまざまなアレンジを加えることができるところが特徴です。
なお、作成したデータベースは、そのまま業務アプリケーションとして活用することも可能です。

情報を可視化する多彩なレポート機能

業務上、さまざまな数値を扱う職場は多いでしょう。しかし、数値などの情報を整理しておかないと現状を把握しにくく、今やるべきこと、今後に向けて取り組むべきことが見えにくくなりがちです。

FlexCRMなら、簡単操作で情報を可視化し、社内で共有するための各種レポート機能を活用することができます。情報に基づいたグラフ作成は、ウィザードに従ってExcel感覚で作成できるので、初めての人でもつまずくことなく情報を可視化することが可能です。

分析内容は任意で設定できるので、さまざまな角度からデータを分析したい場合にも役立ちます。より詳細な分析をおこないたい場合は、データをエクスポートし、外部のBIツールなどで分析することもできます。

こうして作成したグラフは、ダッシュボードに集約して一括表示することも可能です。また、よくチェックする情報をダッシュボードにまとめておけば、必要な情報をすぐに閲覧できるようになります。さらに、特別に残しておきたいレポートがある場合は、スナップショットのボタンを押せば、ワンクリック保存することも可能です。

「毎月のデータを取っておいて、時系列で分析したい」という時は、毎月自動でデータを保存するよう設定することもできます。レポートは手動で作成できるのはもちろん、あらかじめ期間を設定しておけば自動で作成されるので、定期的に情報を分析したい場合にも便利です。

価格・料金プラン

FlexCRMのプランは、ニーズや事業規模に応じて3種類に分類されています。

最もリーズナブルなスタンダードプランは中規模事業向けのプランです。しかし、CRMの基本機能はひと通りそろっているので、本格的にFlexCRMを導入したいという人にもおすすめです。

よりセキュリティや手厚いサポートを受けたい場合は、ユーザー管理の幅が広く、電話サポートも受けることができるプレミアムプランを検討するとよいでしょう。
なお、専用インスタンスでの運用を希望する場合は、システムをカスタマイズできるエンタープライズプランを選ぶという方法もあります。

スタンダードプランとプレミアムプランについては、90日間の無料トライアルを利用できます。そのため、実際に使い勝手を試してから導入を検討することが可能です。

料金プランは以下の通りです。

プラン名 スタンダード プレミアム エンタープライズ
初期費用 無料 無料 問い合わせ
月額費用 1,200円 2,000円 問い合わせ
年額費用 14,400円 24,000円 問い合わせ
補足 小規模向け 小〜中規模向け 中〜大規模向け

機能一覧

FlexCRMには、CRMの基本機能がオールインワンで搭載されており、多彩な機能を活用することで、顧客管理からSFA、マーケティング、お客さまサポートなど、幅広いシーンの業務をカバーできます。

なお、プレミアムプランおよびエンタープライズプランでは、コンタクトセンターオプションや、SMS送信オプションなどのオプション機能も任意で付加することが可能です。

連絡先・取引先管理 デシル分析
見込み客管理 アトリビューション分析
活動履歴管理 エリア分析
検索・フィルター ユーザー管理
パイプライン管理 組織管理
商談・案件管理 任意の管理項目
ユーザー割当・アサイン機能 自動化・RPA
見積書・請求書作成 組織単位のカスタマイズ
承認プロセス・ワークフロー 個人単位のカスタマイズ
スケジュール管理 管理項目のカスタマイズ
タスク管理 レイアウトのカスタマイズ
スコアリング機能 フィード・コミュニティ機能
ドキュメント管理 グループチャット
予実管理 個人チャット
日報管理 プロジェクト管理
地図機能 カレンダー機能
顧客セグメント・属性分類 掲示板機能
キャンペーン管理 データインポート(ローカルファイル)
メール配信 データインポート(競合システム)
Webフォーム API
ランディングページ チャットツール連携
A/Bテスト CTI・BPX連携
アンケート機能 SNS連携
問い合わせ管理 SFA連携
チケット管理 MA連携
サポートページ メールアプリ連携
ダッシュボード 名刺管理アプリ連携
レポート作成 ヘルプデスクシステム連携
リアルタイム更新 Web会議ツール連携
予測分析 ERP連携
RFM分析

提供環境・技術情報

FlexCRMの提供環境と技術情報は以下の通りです。
PCはWindowsとMac、スマートフォン、タブレットはiOSとAndroidの両方に対応しており、オフィスや自宅ではPC、出先ではスマートフォンやタブレットを利用するなど、シーンに応じて便利に使い分けることができます。

クラウドシステムなので特別な機器や設備は必要なく、PCやモバイル端末、インターネット環境があればすぐにでも利用を開始できます。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • iOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Safari

アプリ

  • PC – Mac
  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

FlexCRMは、FlexAPIを利用することによって、基幹システムなどの外部システムとの連携が可能になります。たとえば、ExcelファイルやCSVファイルをFlexCRMにインポートして一括登録したり、CTIシステムと連携してコールセンターに活用したりすることもできます。

また、PC操作をソフトウェアのロボットに実行させるRPAとの連携によって、単純作業を自動化することが可能で、ヒューマンエラーの予防や生産性の向上が期待できます。

セキュリティ

FlexCRMでは、機密性の高い顧客情報や業務データを安心して管理できるよう、充実したセキュリティ対策を実施しています。

すべての情報を暗号化するのはもちろん、24時間にわたるアクセス履歴の保存、利用範囲の制限、IPアドレスによるアクセス制限など、悪意ある第三者からの不正アクセスを未然に防ぐ対策が取り入れられています。また、サーバーはクラウドサービスに定評があり、かつ金融機関や政府にも導入されているAWSを利用しています。

徹底したセキュリティ対策は第三者機関からも評価されており、ISO27001認証や、国際的な個人情報保護認証制度TRUSTe、CSPAクラウドサービス認定など、セキュリティにまつわる各種認証を取得しています。

暗号化通信 データバックアップ
ユーザー管理 シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理 × 二段階認証
アクセスログ管理 ワンタイムパスワード
デバイス管理 IPアドレス制限
プライバシーマーク VPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ) BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ) SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報) GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護) CCPA
CSMS(IEC 62443-2-1)(制御システムセキュリティ) ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス) データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明 データエクスポート制限
24時間365日監視 AD連携

サポート

FlexCRMの導入にあたっては、全プランでメールによるサポートを受けることが可能です。プレミアムプランとエンタープライズプランは、さらに電話によるサポートも受けることができます。

また、任意で導入コンサルティングやデータ移行などのサポートも受けることも可能です。システムの導入と移行をすべてお任せしたい場合は、別途相談するとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DXとAIの関係性とは?その役割や課題点・活用事例を紹介

  2. DXとデジタル化の違いやそれぞれの定義を分かりやすく解説

  3. 領収書を電子化するメリット・デメリットや導入時のポイント

  4. 領収書の発行義務がある場合や再発行するときの注意点を解説

  5. 領収書の保管期間は何年?押さえておくべき基本ルールを紹介

  6. 領収書の但し書きとは?基本的な書き方や注意点を詳しく解説

  7. 領収書に貼る収入印紙の使い方や購入方法を分かりやすく解説

  8. 【2022年1月】電子帳簿保存法改正4つの要点をわかりやすく解説

  9. 「領収書在中」や「請求書在中」の書き方とは?封筒の選び方や書き方の注意点を解説

  10. 領収書の郵送にまつわるマナーや注意点とは?郵送方法や送付状のポイントを解説

  1. TAGSの特徴・価格・機能を紹介

  2. CanSeeの特徴・価格・機能を紹介

  3. Genesys Cloud CXの特徴・価格・機能を紹介!

  4. Sakura CTIの機能・価格・評判を紹介!

  5. jinjerワーク・バイタルの機能・価格・評判を紹介!

  6. コールセンターでのAI(人工知能)活躍シーン6つを詳しく紹介

  7. 電子契約プラットフォームβの特徴・価格・機能を紹介!

  8. コールセンターのインバウンドとアウトバウンドの違いを解説

  9. ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】

  10. sincloの機能・価格・評判を紹介!