Zoho CRMの料金・機能・使い方を紹介!無料版もあり

Zoho CRMとは

ZohoCRMのHP

Zoho CRMとは、2005年にシンガポールのZoho Corporationが開発し、日本ではゾーホージャパン社が提供しているクラウドCRMサービスです。顧客管理に必要な顧客データベース機能や顧客分析機能だけでなく、セールスを快適にする営業支援システム(SFA)の機能もそろっています。安価な導入価格でCRMとSFAを一元管理できることから、全世界で4万社以上の導入実績があります。

Zoho CRMには、同社が開発した人工知能のZia(ジア)が搭載されています。Ziaには、購買予測や売上予測といったCRMの機能だけでなく、作業パターンやワークフローを分析し、業務改善に役立つアドバイスをおこなう機能もあります。

また、Zohoシリーズの製品に加えて、Google Workspace、Microsoft 365、Slack、Chatworkなどの外部サービスともAPI連携でき、柔軟なシステム設計が可能なCRMです。

Zoho CRMの5つの主な特徴

ここでは、ほかのCRMサービスと比較しながら、Zoho CRMの特徴を5点解説します。

1.登録後すぐに無料ではじめられる

Zoho CRMの最大の魅力は、契約時に初期費用が発生せず、ライセンス登録後すぐに無料ではじめられる点です。
有償プランのなかでもっとも安価なスタンダードプランでも、月額換算すると1カ月当たり1,440円の料金で、通常のCRM機能に加えてベーシックなSFA機能を利用できます。高額な製品が多いクラウド(SaaS)市場では、比較的低コストで導入や運用ができるCRMサービスです。

初期費用が無料だからといって、導入支援やサポートが存在しないわけではありません。使い方の説明動画やトレーニングプログラムを提供しており、初めての方でも安心して利用できます。

2.Zohoシリーズと連携ができる

Zoho Corporationは、Zoho CRMのほかにも、さまざまなプロダクトを提供しています。Zohoサービス連携機能を利用することで、ほかのZohoシリーズとシームレスに連携し、1つのプラットフォーム上で一元管理が可能です。

たとえば、Zoho CRMと連携可能なZohoシリーズには、次のようなものがあります。

サービス名 サービス概要
Zoho Campaigns メルマガやメールDMなど、メールを活用したキャンペーンをサポート
Zoho Analytics 顧客データや営業データを分析し、スムーズな戦略決定をサポート
Zoho Desk 問い合わせ対応やヘルプデスク業務を効率化し、問題解決までのリードタイムを短縮

3.ワークフロー機能で承認作業も簡単

Zoho CRMに搭載された人工知能のZia(ジア)は、購買予測や顧客分析に役立つだけでなく、メンバーの作業パターンを監視し、ワークフローの改善を提案する機能があります。

Ziaが提案するワークフローは、作業のムダがなく、時間効率が最適化されているため、業務効率化や生産性向上が期待できます。

4.外部サービスとのAPI連携が充実

Zoho CRMはZohoシリーズだけでなく、外部サービスともAPI連携をおこなうことが可能です。
たとえば、Googleアカウントのサービスと連携する「Google連携」、Microsoft OutlookやMicrosoft Officeなどと連携する「Microsoft連携」により、Zohoシリーズ以外のプラットフォームもかしこく活用できます。

また、ソーシャルメディア(SNS)のアカウントとの連携や、Slack、Zoom、Chatworkといったコミュニケーションツールとの連携も可能です。さまざまな外部サービスをZoho CRMの1つの管理画面からアクセスし、効率よく運用できます。

5.マニュアルなどサポート情報が充実

Zoho CRMは、初めてクラウドCRMサービスを導入する方におすすめの製品です。マニュアルやヘルプドキュメントはもちろん、使い方の説明動画や、親切なトレーニングプログラムが用意されているため、導入後の運用体制づくりに手間取りません。

サポート体制やファンコミュニティも充実しているため、いつでもわからない点を質問することができます。

Zoho CRMの使い方

Zoho CRMの使い方や導入の流れは以下の通りです。

  1. 公式サイトで、15日間の無料トライアルを申し込む
  2. Zoho CRMに顧客情報をインポートする
  3. 機能を追加したい場合はアップグレードをおこなう

まずはZoho CRMの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成しましょう。その後、15日間の無料トライアルに申し込むことができます。トライアル期間中は、Zoho CRMのすべての機能を利用することができます。

自社の顧客情報をZoho CRMにインポートする方法は2つあります。
1つめは、インポートボタンをクリックし、顧客情報のファイルを参照するか、直接ドラッグアンドドロップする方法です。
2つめは、専用のデータ移行ウィザードを利用して移行する方法です。他社製品やほかのZohoシリーズからデータ移行する際には、この方法でインポートをおこないます。

そして、お試し期間後、ユーザーや機能の追加をおこないたい場合は、スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズ、アルティメットの4つのエディションにアップグレードが可能です。アップグレードはZoho CRMの公式サイトから可能です。

Zoho CRMの料金

Zoho CRMはクラウド(SaaS)市場のなかでも、コストパフォーマンスに優れるCRMサービスです。
Zoho CRMは無料プランのほか、4つのエディションが存在します。

それぞれの料金やできることの違いは以下の通りです。

プラン 機能 モバイル対応 月額料金
無料プラン 顧客データベース、ドキュメント管理など、CRMの基本機能を利用可能 永久無料/3ユーザーまで
スタンダード 無料プランのCRMに加えて、ベーシックSFA機能を利用可能 1,440円/1ユーザー
プロフェッショナル スタンダードプランよりも高機能なプロフェッショナルSFA機能を利用可能 2,400円/1ユーザー
エンタープライズ エンタプライズSFA機能に加えて、人工知能のZia(ジア)を活用した高精度な分析機能を利用可能
最新機能が追加された場合、エンタプライズのユーザーはいち早く利用可能
4,200円/1ユーザー
アルティメット エンタープライズよりも機能制限がさらに拡張され、大人数のチームでの運用に適したプラン 5,400円/1ユーザー

Zoho CRMは無料ユーザーでもCRMの基本的な機能を利用することができます。
SFA機能を利用できるのはスタンダードプランからで、1ユーザーにつき月額1,440円の料金で利用できます。

大人数のチームでの運用を想定したアルティメットプランでも、1ユーザーにつき月額5,400円と低コストで利用できます。

Zoho CRMの評判や口コミは?3つの事例から紹介

新しいサービスを導入するときに気になるのが、サービスの評判や口コミです。ここでは、Zoho CRMの導入事例を3つ紹介し、Zoho CRMの導入によってどのように経営課題を克服できたかを解説します。

マーケティングオートメーションを実現|ジーニアスウェブ社

Webサイトの制作や運用をおこなうジーニアスウェブ社は、Zoho CRMの導入をきっかけとして、マーケティングオートメーション(MA)の効率化に成功しています。

同社は200社のパートナー企業に対し、ホームページ更新代行サービスを展開していますが、顧客情報は営業担当者が個別に管理している状況にありました。そのため、顧客とのコミュニケーション履歴が把握しづらく、リピート営業が困難な状態でした。

そこで、Zoho CRMを導入し、顧客情報や案件情報を「見える化」することで、顧客の要望やニーズをつかみ、顧客単価の増加を実現させました。他社サービスと比べ、低コストで運用できる点もZoho CRMの導入の決め手だったようです。

参考:顧客分析を徹底し、MAを最適化する方法とは|Zoho CRM 導入事例

情報共有を一元化して学生評価を統一|筑波大学法科大学院

筑波大学法科大学院は、学生一人ひとりに対して細やかなフォローをおこなうため、情報の一元管理を目的としてZoho CRMを導入しました。Zoho CRMによって、高いセキュリティのなかで学生情報をいつでも確認でき、教員間の引き継ぎがしやすい環境の実現に成功しました。

その結果、一人の学生を注視しない「放牧型」と言われる大学教育において、同大学は教員の意識改革に成功し、学生一人ひとりを個人指導するという意識が向上しました。
学生側も指導されていることを実感し、以前よりも個人面談が浸透してコミュニケーションの場が増えたそうです。

参考:学習の進捗管理を徹底し教育指導を強化|Zoho CRM導入事例

バックオフィス業務の廃止に成功|Kaien社

発達障害に特化した人材サービス事業を展開するKaien社は、Zoho CRMの導入をきっかけとして、紙やスプレッドシート中心のバックオフィス業務を廃止しました。

福祉業界ではまだまだ紙ベースでの書類管理がメインのなかで、同社はいち早くクラウドサービスを導入し、Zoho CRMで顧客情報や請求書の一元管理を進めたことで、運用プロセスの効率化に成功しました。現場の社員の負担も減り、従業員満足度の向上にもつながっているそうです。

参考:事業拡大には脱アナログ管理が不可欠だった|Zoho CRM 導入事例

【関連記事】CRMの事例集|EC・通販業界・スポーツ業界での導入効果はいかに

Zoho CRMを導入する際の3つの注意点

ここでは、Zoho CRMを導入するときの注意点を3つ紹介します。
導入時のポイントを押さえておくことで、Zoho CRMの導入効果を高めることが可能です。

1.海外発のCRMのため言語対応が必要

Zoho CRMは、シンガポールのZoho Corporationが開発した海外発のCRMサービスです。
日本語へのローカライズがされていますが、一部日本語対応がされていない部分もあるため、導入時には部分的に言語対応する必要があります。

一方で、海外発のサービスゆえの多言語対応や、現地時間や通貨への対応が進んでいるため、海外進出やグローバル展開を目指す企業には適したCRMです。

2.データの入力項目が多い

Zoho CRMは、大容量の顧客データベースを管理できる本格的なCRMサービスです。それゆえに、データの入力項目が多いという口コミも存在します。

シンプルなインターフェイスをお求めの方にはある程度の慣れが必要ですが、顧客分析や購買予測をおこなうには、膨大な顧客データが必要です。使い方の説明動画やトレーニングプログラムを活用し、顧客データベースの使い方を学びましょう。

3.モバイル対応に機能制限がある

Zoho CRMは無料プランも有料プランもモバイル対応しており、スマートフォンやタブレットから利用できます。
そのため、外出先や移動中でも営業支援ツールを使えます。

しかし、モバイルアプリには機能制限があることも知っておきましょう。顧客レポートや活動レポートの詳細表示や、検索システムの一部機能がモバイルアプリでは制限されています。

モバイルアプリにできること、できないことを知り、ブラウザとアプリをかしこく使い分けることが大切です。

Zoho CRMはコスパの高いサービス!まずは無料トライアルを

ここまで、Zoho CRMの特徴や機能、料金を紹介しました。Zoho CRMは初期費用無料、月額1,440円から利用でき、コストパフォーマンスに優れるクラウドCRMサービスです。CRMとSFAの両方を1つの管理画面でシームレスにも運用できるため、業務効率化や生産性向上が期待できます。

CRMやSFAには、Zoho CRMのほかにもさまざまなサービスがあります。IT基盤の構築に取り組む企業は、サービス内容や料金をよく比較検討し、自社に合うサービスを選ぶことが大切です。

【関連記事】【最新版】CRMツール26選を徹底比較!料金・特徴・メリットなど

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. 経費精算システムを導入する6つのメリット|注意点とおすすめのサービスも紹介

  2. Spendiaの特徴・価格・機能を紹介!

  3. ビジネスチャットのメリット・デメリットとは?導入の利点を紹介!

  4. クラウドビートの特徴・価格・機能を紹介!

  5. SFA「サスケ」の機能、料金、評判は?事例も紹介!

  6. 【徹底比較】チャットとメールの違いは?メリットや使い分け方も

  7. 有料のWeb会議9選|ZoomやWebexなど無料版との違いを比較!

  8. VQSコラボ Businessの機能・価格・評判を紹介!

  9. CECTRUST-Lightの特徴・価格・機能を紹介!

  10. COLLABOS PHONEの機能・価格・評判を紹介!