GRIDY 名刺CRMの特徴・価格・機能を紹介

名刺管理システムはさまざまなサービスが販売されていますが、「GRIDY 名刺CRM」はグループウェアとの同時契約によってSFAシステムやメールシステムと連携できる網羅的なサービスです。今回はGRIDY 名刺CRMの特徴や料金プラン、各種機能を紹介します。

GRIDY 名刺CRMとは

GRIDY 名刺CRMは名刺取り込みに特化したシステムです。取り込んだデータの活用は、セットで契約されるSFAシステムやメールシステムからおこないます。
これらのシステムはすべてナレッジスイート社から提供されているため、システムを揃える手間はありません。名刺の取り込みはスキャナだけでなく、スマートフォンアプリからも簡単におこなえます。

GRIDY 名刺CRMの特徴

GRIDY 名刺CRMの主な特徴は高い取り込み完了率と、データ活用方法の充実度です。ナレッジスイート社では各種業務改善システムを取り扱っているため、取り込んだ名刺データを幅広く活用できます。

OCRによる名刺取り込み率100%

GRIDY 名刺CRMでは、名刺の画像取り込み率100%を誇っています。一般の名刺管理システムではOCRによる名刺取り込みが100%ではありません。
これは名刺にさまざまなフォントや言語があるためです。GRIDY 名刺CRMでは取り込み率を100%にするために、取り込めなかったデータはオペレーターによって手動入力します。
ほかのシステムではオペレーター入力がオプション料金となっていますが、GRIDY 名刺CRMでは基本機能として提供しているのも特徴です。

名刺取り込み後活用できる機能が満載

GRIDY 名刺CRMで取り込んだデータは、「GRIDY SFA」や「GRIDY メールビーコン」など、ナレッジスイート社が提供する各種機能と組み合わせて活用できます。
一般の名刺管理システムに比べて、使える機能やシステムが多いのがポイントです。

価格・料金プラン

GRIDY 名刺CRMはサービスを提供するナレッジスイート社のグループウェアとセットでの契約なります。

GRIDY 名刺CRMを使えるプランは、「SFAスタンダード」と「SFAプロフェッショナル」の2つです。
使える機能は変わりませんが、プロフェッショナルになると各システムの容量が増量します。
また、いずれのプランもオプションとして、API連携や導入支援サービス、セキュリティ強化オプションが購入できます。スマートフォンアプリやユーザーサポート、基本セキュリティは基本機能として提供されています。
料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 SFAスタンダード SFAプロフェッショナル
初期費用
月額費用50,000円80,000円
補足・ID数:無制限
・容量:5GB※超過1GBあたり8,740円/月
・名刺月々500件まで
※超過分は40円/枚
・KnowledgeSuite API(API連携):35,000円/月
・導入支援サービス:個別見積り
・GRIDY Secrity(IPアドレス接続制限):3,000円/月
・ID数:無制限
・容量:50GB※超過1GBあたり8,750円/月
・名刺月々1,000件まで
※超過分は40円/枚
・KnowledgeSuite API(API連携):35,000円/月 
・導入支援サービス:個別見積り 
・GRIDY Secrity(IPアドレス接続制限):3,000円/月

機能一覧

GRIDY 名刺CRMには優れた名刺取り込み機能があります。取り込んだ名刺の活用機能は契約時にセットで付属されるグループウェアやSFAシステムに備えられています。

名刺取り込みはスマートフォンアプリケーション、もしくはスキャナから実行します。スマートフォンを利用する場合はOCRによる文字認識で画像から簡単に読み込めます。
ただしOCRによる画像認識には限界があるので、読み込めたデータはSFAシステムにそのまま取り込み、読み込めなかったデータはオペレーターによって手動で入力します。そのためGRIDY 名刺CRMでは100%データ化できるようになっています。

名刺データ化・OCRオンライン名刺
名刺検索メール送信
社内共有機能名寄せ機能
SNS機能(つながり機能)名刺データ自動更新
データインポート(ローカルファイル)API連携
SFA連携CRM連携
企業データベース連携

提供環境・技術情報

GRIDY 名刺CRMはスマートフォンとPCの両方から利用できます。スマートフォンの場合はアプリケーションを使い、PCの場合はPC用アプリケーションと市販のスキャナを使って名刺を取り込みます。

提供形態

  • クラウド

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

GRIDY 名刺CRMはナレッジスイート社が提供するグループウェアとSFAシステムと連携が可能です。基本的にはGRIDY 名刺CRMで取り込んだ名刺データを、SFAシステムで活用します。
またオプション契約によって、ほかのサービスとも連携できるようになります。

セキュリティ

GRIDY 名刺CRMで取り込んだ名刺データは国内のサーバに保存されます。国内のデータサーバは厳しい国内法が適用されているため、セキュリティ面も安心といえます。
グループウェアとして提供しているGRIDY Securityにより、シングルサインオン(SSO)は基本機能として、IPアドレス接続制限はオプション契約によって利用可能です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

GRIDY 名刺CRMは問い合わせ窓口から問い合わせすることで、メールまたは電話でサポートが受けられます。操作マニュアルやよくある質問のページも公開されています。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. 電子印鑑GMOサイン(旧:GMO電子印鑑Agree)とは?人気の電子契約サービスを紹介

  2. 360度評価支援システムの機能・価格・評判は?

  3. sincloの機能・価格・評判を紹介!

  4. TASKALの特徴・価格・機能を紹介!

  5. TeleOfficeの特徴・価格・機能を紹介

  6. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  7. DXとIoTの違いは?その関係や導入する際のポイントを解説

  8. SFA(営業支援システム)比較24選|料金・特徴・機能【最新版】

  9. PhantomIIの機能・価格・評判を紹介!

  10. Call Hackerの機能・価格・評判を紹介!