BizCompassの特徴・価格・機能を紹介

企業の重要な資産である名刺をデジタルデータとして管理したいのであれば、の名刺管理ソフト「BizCompass」を活用してみましょう。BizCompassは、大量の名刺を即座にデータ化できる便利なクラウドシステムです。ここではBizCompassの主な特徴や搭載されている機能について解説します。

BizCompassとは

BizCompassは顧問バンク社が提供する、ビジネスシーンに特化した名刺管理サービスです。
従来のように名刺を紙ベースで管理していると、必要な名刺をすぐに取り出すことができず手間取ってしまうことがあります。また従業員が退職したときに、その従業員が担当していた顧客との連絡が取れなくなるなどのトラブルが発生するケースもあるものです。
これらの問題を解決するためには、社内の名刺をデジタル管理するシステムが必要不可欠です。
名刺管理サービスBizCompassを導入すればパソコンやスマートフォンで名刺を簡単に検索できるため、必要な情報をすぐに確認できます。また、各社員の名刺や営業情報を社内で共有できるため、連絡先がわからなくなったり営業先がバッティングしたりといったトラブルも起こらなくなります。

BizCompassの特徴

BizCompassはパソコンのほか、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスで操作できるクラウドサービスです。iOSやAndroidの専用アプリをダウンロードすれば、営業先やテレワークの自宅からでも名刺情報をすぐにチェックできます。
マーケティングツールとして活用できる機能性を有していながら、個人向けの名刺管理サービスと同等の手軽さで利用できるのが、BizCompassの大きな特徴です。BizCompassは画面構成がシンプルで操作しやすく、ビジネス向けのシステムに慣れていない方でもすぐに活用できます。

人力OCRなので正確性が高い

BizCompassの使用時にスキャナまたはスマートフォンのカメラで名刺画像を取り込めば、情報がシステムに自動でアップロードされます。さらにBizCompassのデータセンターに情報が送られ、専門のオペレーターが光学的文字認識をもとにデータを入力します。
専門担当者がデータをチェックすることによって、正確な情報をシステム上に登録することが可能となります。

価格・料金プラン

bizcompass500は、名刺の無料データ化サービスが500枚分付随したプランです。
こちらのプランは1ユニットあたり初期費用48,000円、月額利用料は5,000円に設定されています。
なお、導入時の最小単位は1ユニットとなっており、導入時には5IDを取得できます。500枚を超えて名刺をデータ化する場合には1枚につき30円の追加料金がかかります。
BizCompassの導入時には無料相談を受けることができるので、気になる点があれば問い合わせてみましょう。
料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 bizcompass 500
初期費用48,000円
月額費用5,000円
補足名刺データ化が500件を超える場合は別途で30円/1枚の料金発生

機能一覧

BizCompassは名刺を取り込んで使用するクラウドサービスです。データの取り込みはスマートフォンでの撮影またはスキャナでのスキャンで簡単におこなえます。
情報が両面に印刷されている名刺でも、裏面を画像として保存すれば通常通りの編集ができます。

名刺情報の検索機能

BizCompassに取り込んだ名刺情報はシステム上で正確に分類されます。情報表示画面には検索窓があり、キーワードや検索条件を設定すれば必要な情報がすぐに表示されます。もし同一人物の名刺を取り込んだ場合には、自動で名寄せがおこなわれ、1つの情報にまとめられます。
BizCompassのシステム上に社内の名刺を登録しておけば、社内人脈を検索することも可能となります。
また、BizCompassの画面上では顧客情報のカテゴリ管理もおこなえます。顧客の業態や進捗状況に応じてカテゴリ分けをしておけば、営業リストとして有効活用できます。

メール送信機能

BizCompassのシステム上では、登録された顧客情報を呼び出して直接メールを送れます。メールアドレスを都度入力する必要がないため、アドレスの記入ミスを防いで確実に連絡を取ることができます。
メールを送りたい人にチェックマークを入れれば複数名にメールを送ることもできます。

マップ機能

BizCompassには、登録された住所をマップ表示する機能が搭載されています。ワンタップで地図を表示できるので、訪問前に所在地を確認したり、営業先で地図を参照したりと柔軟に活用できます。
また、BizCompassのアプリはGPSと連動しており、地図に現在地を表示すれば名刺交換をしたことがある周辺の会社をピンで表示することもできます。この機能を活用すれば現在地から近い訪問先をすぐに探すことができ、営業効率が高まります。

データ出力機能

BizCompassに登録した名刺情報はCSVファイルとしてデータ出力できます。名刺情報や付帯情報のすべてまたは一部を出力すれば、顧客情報を年賀状ソフトやメルマガなどのアプリケーションに転用することが可能となります。

名刺データ化・OCRオンライン名刺
名刺検索メール送信
社内共有機能名寄せ機能
SNS機能(つながり機能)名刺データ自動更新
データインポート(ローカルファイル)API連携
SFA連携CRM連携
企業データベース連携

提供環境・技術情報

BizCompassの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態

  • クラウド

OS
問い合わせ

ブラウザ
問い合わせ

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

BizCompassは、サイボウズ社が提供するkintoneをはじめとした各種アプリと連携させて使用できます。kintoneとの連携をおこなう場合には、1ユニットあたり月額2,500円の追加料金がかかります。
既にkintoneをオフィスに導入しているのであれば、連携プランに申し込むだけでBizCompassを使用できます。さらに、サイボウズ社が提供する営業日報や顧客データベースなどのアプリを導入することも可能です。
また、BizCompassはリモートメール法人サービスとも連携しています。リモートメールサービスを契約していれば自動で連携がおこなわれ、メール作成ボタンを押したときにリモートメールのメーラーが立ち上がります。
BizCompassにはほかにも社内の既存システムを連携できる可能性があります。詳しくはBizCompassの提供元にお問い合わせください。

セキュリティ

名刺は個人情報の宝庫ともいえるため、管理には細心の注意を払う必要があります。
BizCompassは、サービス利用時に発生するすべての通信にSSL通信が採用されており、情報が自動的に暗号化されます。また、データベースやアプリケーションサーバーにはIPアドレス制限がかけられているなど、厳重なセキュリティ対策をおこなっています。
BizCompassのオペレーションセンターは国際的な基準であるISO/IEC27001に基づいた監視体制が敷かれています。また、利用企業ごとにデータベースを分けたり、バックアップデータを毎日取得したりといった対策も施されています。
BizCompassにパソコンやスマートフォンからアクセスする際には定期的にパスワードを変更する必要があります。また、一定時間操作がなかった場合には自動ログアウトされ、端末にデータが残ることもないので安心です。
BizCompassの導入時には、名刺データの入力を専門のオペレーターに依頼できます。データ入力センターでは名刺画像データが自動で分割され、別々のオペレーターによって入力されます。このシステムであれば、オペレーターが個人情報を目にすることがないため、情報の漏洩を防ぐことができるのです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

BizCompassの導入時には、名刺データ化代行サービスの初期サポートを受けられます。
BizCompassのプランを申し込むと、提供元である顧問バンク社のスタッフがスキャナを持参して企業に足を運び、直接サポートをおこないます。豊富な専門知識をもつスタッフがその場で設定や名刺の読み込みの手順を解説してくれるので、スマートにシステムの利用をスタートさせられるのです。
また、BizCompassの使用時に発生した不明点は適宜メールで問い合わせられます。お困りの際にはウェブサイトの問い合わせフォームから質問してみましょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算の特徴・価格・機能を紹介!

  2. CTIとは?仕組みを理解してコールセンター業務を効率化しよう

  3. hokanの特徴・価格・機能を紹介!

  4. コールセンターでのAI(人工知能)活躍シーン6つを詳しく紹介

  5. SFAを活用するには?事例や連携できるシステムもあわせて紹介!

  6. クラウド型名刺管理システム比較10選|法人向けから個人向けまであわせて紹介

  7. FlexCRMの特徴・価格・機能を紹介!

  8. ジョブカン経費精算とは|料金や評判、使い方などを紹介

  9. Appvisor Push(アップバイザープッシュ)の機能・価格・評判を紹介!

  10. ビジネスチャットのメリット・デメリットとは?導入の利点を紹介!