無料で使えるビジネスチャットツールおすすめ12選|機能やトライアルの比較表あり

無料プラン・無料トライアルがあるビジネスチャット比較一覧

ビジネスチャットは、実際にサービスを使ったうえで導入を検討していきたいですよね。
今回は、無料で使えるプランと無料トライアルが使えるビジネスチャットを一覧にしてまとめてみました。

➣ 無料でダウンロードできるビジネスチャット選び方ガイド【2021年版】はこちら

ビジネスチャット 無料プラン 無料トライアル
ChatWork ×
Workplace by Facebook
Tocaro
Slack
Wantedly Chat
InCircle
LINE WORKS ×
Oneteam ×
ZONE ×
ChatLuck ×
WowTalk ×
direct ×

無料で使えるビジネスチャット①:ChatWork

ChatWorkとは
HPより

ChatWorkは、ビジネスを加速するクラウド会議室として、国内で高いシェア率を誇るビジネスチャットです。

自分だけが閲覧できるマイチャットやグループメンバーとタスクを管理できる機能がとても便利です。また、過去にやりとりしたメッセージをグループチャットごとに検索できるので、「やりとりしたことを思い出したい」というときにも役立ちます。

サービス概要

主要機能 <タスク管理機能>
タスクの作成、タスクの完了、タスクの確認
<ビデオ通話、音声通話>
ビデオ・音声通話、画面共有
<ファイル共有機能>
ファイルアップロード、ファイルプレビュー、ファイルダウンロード、ファイル管理
<ユーザー管理機能>(有料プラン)
ユーザー追加、アカウント情報変更、組織名設定
料金 フリー:0円
パーソナル:1ユーザー400円/月
ビジネス:1ユーザー500円/月
エンタープライズ:1ユーザー800円/月
無料トライアル なし
対応人数 フリー:14人
パーソナル:無制限
ビジネス:無制限
エンタープライズ:無制限
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ(Chrome、Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari)

Chatwork(チャットワーク)の評判は?料金や機能、LINEとの違いも!

無料で使えるビジネスチャット②:Workplace by Facebook

Workplaceとは
HPより

Workplaceは、Facebookが提供しているビジネス向けのSNSツールで、企業内で使っているメールアドレスでアカウントを登録する必要があります。

投稿のやり方やシェア、いいねがFacebookと同じ仕様になっているのが特徴です。そのため、普段からFacebookを使っている人にとっては、使いやすいインターフェースとなっています。
仕事でFacebookを活用するような企業の場合は、ユーザーの教育コストが軽減できるというメリットがあります。

サービス概要

主要機能 <コミュニケーション機能>
ライブストリーミング、音声通話とビデオ通話、WorkplaceアプリとWorkplace Chatアプリ(iOS/Android)
<プロダクティビティ機能>
ファイルや写真・動画を容量無制限で保存可能
チームグループやプロジェクトグループの作成は無制限
ファイルストレージプロバイダーとの統合
Windows用デスクトップ通知、複数の会社間で安全に連携し情報交換が可能
<エンタープライズ機能>(有料プラン)
コミュニティを管理するための管理コントロール
ITチーム用のモニタリングツール・カスタム統合とボットのAPI
e-ディスカバリーやコンプライアンスプロバイダーと統合
シングルサインオン
アクティブディレクトリサポート
G Suite・Okta・Windows Azure ADと統合
<管理者サポート機能>(有料プラン)
1対1の管理者向けサポート
<ブラウザ切り替え機能>
Chrome、Firefox、Internet Explorer
料金 <スタンダード>
0円
<プレミアム>
1000人以下の場合:1ユーザー3ドル/月
1000人〜10,000人の場合:1ユーザー2ドル/月
10,000人を超える場合:1ユーザー1ドル/月
無料トライアル プレミアムプラン登録後、90日間無料トライアルあり
対応人数 スタンダートプラン:少人数
プレミアムプラン:無制限
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)

無料で使えるビジネスチャット③:Tocaro

Tocaroとは
HPより

Tocaroは、「チームで仕事を簡潔させること」に特化したビジネスチャットです。
グループ内でのタスク管理機能や社内外の連絡先を自動的に整理して管理することができます。

タスク管理機能は、メッセージ履歴と紐付けて管理できるので、どのような経緯で仕事が必要になったのかを確認することが可能です。また、グループを超えた検索やアクセスログの蓄積ができるのもTocaroの特徴です。

サービス概要

主要機能 <コミュニケーション機能>
1対1、グループでのリアルタイムメッセージング、ビデオ会議、チーム内のToDo管理、コンタクト管理機能
<ファイルの共有、整理機能>
ファイルをアップロード・プレビュー・共有、メッセージ・ファイルの整理
<検索機能>(有料プラン)
グループ横断検索、ダッシュボードで一元管理、IPアドレスの制限、シングルサインオンの有効、アクセスログの確認
<セキュリティ機能>(有料プラン)
2段階認証、ユーザー、グループの情報管理、アクセスログの蓄積、社内セキュリティの一括管理、24時間体制のセキュリティサポート、ファイルのバックアップ
料金 FREEプラン:0円
Enterpriseプラン:1ユーザー800円/月
Enterprise with Box®:お問い合わせ
TocaroPrivateConnect:お問い合わせ
無料トライアル 当月を除いた1カ月間無料トライアルあり
(1月10日にトライアルを開始した場合、2月末日までがトライアル期間)
対応人数 記載なし
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari)

無料で使えるビジネスチャット④:Slack

Slackとは
HPより

Slackは70,000社以上の企業が導入しているビジネスチャットで、世界中のユーザーが使用しています。
ユーザー数も年々増加していて、Slackは世界中で人気のビジネスチャットです。

Slackのフリープランでは、ファイル共有や検索機能、音声通話を使うことができます。
社内SNSの導入に悩んでいる企業は、手始めにSlackのフリープランを使って、ほかのビジネスチャットと比較してみるのがいいかもしれないですね。

サービス概要

主要機能 <基本機能>
メッセージを検索、アプリとの連携、音声通話・ビデオ通話、ファイル共有、通知設定
<ユーザー認証>
Google認証、Google経由のOAuth、シングルサインオン
<コンプライアンス>
メッセージとファイルのカスタム保存ポリシー、ワークプペースのデータをエクスポートする
<管理機能>
チームや部門のためのカスタムユーザーグループ、ユーザーのプロビジョニングとデプロビジョニング、OneLogin・Okta・Pingとアクティブディレクトリのリアルタイム同期
<検索機能>
関連するメンバー・チャンネルとファイルの検索、チャンネルのレコメンド、メッセージのハイライト
<外部アクセス>(有料プラン)
ゲストアクセス、シングルチャンネルゲスト、マルチチャンネルゲスト
<コール>(有料プラン)
音声通話・ビデオ通話(1対1のみの通話は無料プランでも可)、画面共有
料金 フリープラン:0円
スタンダートプラン:1ユーザー850円/月
プラスプラン:1ユーザー1,600円/月
無料トライアル 無料トライアルあり
対応人数 記載なし
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone、Windows Phone)
タブレット(Android、iPad、Windows)
ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge)

Slack(スラック)とは?人気ビジネスチャットの使い方・メリットなど

無料で使えるビジネスチャット⑤:Wantedly Chat

Wantedly Chatとは
HPより

ソーシャルリクルーティングサービスで知られているWantedlyですが、ビジネスチャットも提供しています。

Wantedly Chatは、Googleドライブやタスク管理アプリのTrello、Googleカレンダーなどのサービスと連携することができます。Googleカレンダーと連携をすれば、スケジュールを自動的にメッセージで通知する設定ができます。
Googleカレンダーを使う機会が多いユーザーには、必見のビジネスチャットです。

サービス概要

主要機能 <基本機能>
ファイル共有(100MBまで)、グループ作成数無制限、社員アカウント数無制限
<管理機能>(有料プラン)
アカウントの一括管理、デバイスの管理、アクセスログの保存
<ログイン機能>(有料プラン)
シングルサインオン
料金 ベーシックプラン:0円
ビジネスプラン:1ユーザー400円/月
エンタープライズ:お問い合わせ
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 利用人数無制限
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ

無料で使えるビジネスチャット⑥:InCircle

InCircleとは
HPより

InCircleは、文書管理や名刺管理、スケジュール予約などの業務をチャットボットが代行してくれるのが特徴です。

チャットボットとは、人の代わりになってコミュニケーションを自動に行ってくれるプログラムのことです。
今まで行っていたルーチンワークの仕事の手間を減らすことで、大幅な業務の効率アップに繋がります。

サービス概要

主要機能 <基本機能>
既読表示、送信したメッセージを削除、トークにラベル
メッセージ検索、画像・動画・添付ファイルの送信、ユーザーの「オンライン」「取り込み中」の状態を確認、パスコードの設定
<管理機能>(有料プラン)
ユーザの登録・編集・削除、IP制限・端末認証
<チャットボット>(有料プラン)
LINEお問い合わせボット、文書管理ボット、アンケート、Sansanボット、QAボット、メール受信ボット、SMSお問い合わせボット、Office365ボット
料金 <クラウド版>
トライアルプラン:1ユーザー0円/月
ライトプラン:1ユーザー180円/月
スタンダートプラン:1ユーザー360円/月
プレミアムプラン:1ユーザー600円/月
<オンプレミス版>
お問い合わせ
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 トライアルプラン:20ユーザー
ライトプラン:30ユーザー以上
スタンダートプラン:30ユーザー以上
プレミアムプラン:30ユーザー以上
オンプレミス版:100ユーザー以上
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ(Internet Explorer、Chrome)

無料トライアルありのビジネスチャット①:LINE WORKS

LINEWORKSとは
HPより

LINE WORKSは、LINEとつながる唯一のビジネスチャットです。

社外のLINE WORKSのユーザーやLINEユーザーとやり取りするには、外部トーク連携機能を使う必要があります
普段使っているLINEと同じ操作でメッセージや通話ができるので、操作に困ることが少ないという特徴があります。
使いやすさや効率的なコミュニケーションを重視するのであれば、LINE WORKSをおすすめします。

サービス概要

主要機能 <トーク機能>
音声・ビデオ通話、画面共有、ノート、予定、フォルダ
<カレンダー機能>
予定の作成、メンバーを検索して招待、会議室の選択、開催可能な時間から選択、スケジュールの管理、メンバーの予定表確認
<メール機能>(有料プラン)
マルウェアの検知、なりすましメールの警告、多様な分類フィルタと詳細検索、通知条件の詳細設定、受信メールのリマインダー、送信取り消し機能
<Drive機能>※フォルダやファイルを社内で共有できる機能
Driveエクスプローラー(Officeファイルを直接編集・保存する)、アクセス制限をしてファイルのリンクを共有、ドキュメントの全文検索
料金 ライト:1ユーザー360円/月(年間契約の場合は1ユーザー300円/月)
ベーシック:1ユーザー600円/月(年間契約の場合は1ユーザー500円/月)
プレミアム:1ユーザー1200円/月(年間契約の場合は1ユーザー1000円/月)
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 記載なし
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ(Internet Explorer、Chrome、Firefox、Safari)

ラインワークスの使い方とは?評判・料金・機能も解説!

無料トライアルありのビジネスチャット②:Oneteam

Oneteamとは
HPより

Oneteamは、複数人での情報共有したいときに便利なビジネスチャットです。

メールと掲示板を掛け合わせたような画面となっていて、ユーザーはトピックと書き込むことができます。トピックは、アカウントを持っている人は誰でも確認が可能です。
ユーザー同士で内容の確認ができて、迅速なコミュニケーションにつながります。

30日間の無料トライアル期間では、全機能を無料で使うことができるので、一度試して使ってみるのがいいかもしれないですね。

サービス概要

主要機能 <ドキュメント作成>
リッチテキスト、Markdown対応、履歴管理、編集差分表示、テンプレート
ファイル添付、プレビュー、外部コンテンツ(動画など)埋め込み、下書き保存
<情報整理、管理>
キーワード検索、お気に入り、保存する機能、グループ機能、既読者一覧・既読表示
共有範囲指定
<コミュニケーション>
コメント機能、「いいね」などリアクションボタン、絵文字対応、通知設定
メンション機能、チャット機能
<管理者向け>
管理者向け機能、ドメイン制限、権限管理、AD連携(オプション)、SAML認証によるシングルサインオン(オプション)
<データ>
データ容量無制限、保存期間制限なし、トピック数制限なし、投稿数制限なし
<その他>
Webhook連携、Slack連携
料金 SMALLプラン:5,500円/月(年間契約の場合は4,950円/月)
MIDDLEプラン:13,000円/月(年間契約の場合は11,700円/月)
LARGEプラン:19,500円/月(年間契約の場合は17,550円/月)
ENTERPRISEプラン:お問い合わせ
無料トライアル 14日間無料トライアルあり
対応人数 SMALLプラン:まで10人
MIDDLEプラン:11~20人
LARGEプラン:21~30人
ENTERPRISEプラン:31人以上
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer)

無料トライアルありのビジネスチャット③:ZONE

Zoneとは
HPより

ZONEはトーク画面を最大5つまで別のウィンドウとして開くことができるのが特徴のビジネスチャットです。
同時に複数のユーザーとやり取りができるため、効率よく情報共有をすることができます。

セキュリティ面では、IPアドレス制限などの情報の漏洩を防ぐ構築がされています。

サービス概要

主要機能 <基本機能>
アカウント作成、ファイルの保存、ファイルのアップロード、グループの作成
<管理機能>(有料プラン)
レポート機能、一括登録
<ユーザーサポート機能>(有料プラン)
メール・電話(無料)、訪問、導入研修、初期設定代行
<セキュリティ機能>(有料プラン)
セキュリティシート、IPアドレス制限
料金 ライトプラン:1ユーザー560円/月(年額一括払いの場合は500円/月)
スタンダートプラン:1ユーザー890円/月(年額一括払いの場合は800円/月)
プレミアムプラン:1ユーザー1670円/月(年額一括払いの場合は1,500円/月)
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 ライトプラン:50人
スタンダートプラン:無制限
プレミアムプラン:無制限
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
ブラウザ(Internet Explorer)

無料トライアルありのビジネスチャット④:ChatLuck

ChatLuckとは
HPより

ChatLuckはセキュリティ対策がしっかりしたビジネスチャットです。
Windows認証によるログイン認証やパスワードの有効期限が設定できるパスワードポリシー、削除データの監査やメッセージやファイルのログ管理などのセキュリティ機能が充実しています。

ChatLuckには、自社にサーバーを設置してソフトインストールして使う、パッケージ版もあります。パッケージ版はルーム数やユーザー数で金額が異なるため、組織の規模に合わせたプランを選びましょう。

サービス概要

主要機能 <基本機能>
絵文字・スタンプ、画像・動画共有、既読状況の確認、投稿後の変更、投稿・送信の取消し、音声・ビデオ通話
<作業効率化機能>
ユーザーの在席状態の表示、ルームインフォメーション、公開ルーム、プッシュ通知の時間帯設定
<ゲストユーザー(取引先や外部スタッフ)機能>
アクセス範囲の指定、ゲストユーザー招待権限、アカウントロック、アクセス状況の確認、ファイルダウンロード履歴の確認、利用端末制限
<セキュリティ機能>
ファイル別ポリシーの適用、ファイルダウンロード履歴、削除データ監査、ログイン認証、パスワードポリシー、アカウントロック、ファイルダウンロード制限
料金 <クラウド版>
1ユーザー300円/月
※20GBのディスク追加の場合は、1ユーザー1,000円/月
<パッケージ版(オンプレミス)>
10ルームまで:初年度150,000円/年(ライセンス120,000円+サポートサービス30,000円)、2年目以降30,000円/年
100~200ユーザーまで:360,000円/年(ライセンス288,000円+サポートサービス72,000円)、2年目以降72,000/年
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 プランにより異なる
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 <クラウド版>
スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
ブラウザ(Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safari)
<パッケージ版>
OS(Windows、Linux)

無料トライアルありのビジネスチャット⑤:WowTalk

WowTalkとは
HPより

WowTalkは管理者機能が充実したビジネスチャットです。

管理者は全社員のIDとパスワードを発行して、ユーザーを管理することができます。また、ユーザーやチーム単位で、各機能の使用権限を設定することもできます。
さらに、管理者は全ユーザーに対して発信できるので、災害時などの不測の事態が起きたときの連絡網としても役に立ちます。

サービス概要

主要機能 <トーク機能>
メンション機能、グループトークごとの通知オンオフ、既読・未読マーク、トーク履歴検索、スタンプ
<共有機能>
「いいね」と「コメント」活用、情報シェア、業務連絡やリソース情報・商談成功例の共有、タイムラインの情報をまとめて整理、投稿記事の全文検索
<タスク管理>
タスク作成・編集、アラート通知、チャット機能
<無料通話>
相手のプロフィール画面から直接電話、複数通話機能、クリアな音質、ビデオ通話
<管理機能>
ユーザー単位の機能カスタマイズ、ユーザーが閲覧・連絡できるメンバーの表示範囲の設定、アクセス制限、ログの閲覧、全ユーザーへの一斉配信
料金 ベーシックプラン:1ユーザー300円/月
プレミアムプラン:1ユーザー500円/月
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 記載なし
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows)
ブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Chrome)

無料トライアルありのビジネスチャット⑥:direct

directとは
HPより

directは、料金プランが5つに分かれていて、利用人数の上限やファイル保存の容量がプランごとに異なります。
利用可能人数が最大のマックスプランでは、上限人数が100ユーザーです。

オプションサービスのゲストモードを使うと、企業内のコミュニケーションだけでなく社外のお客様や提携企業とのやり取りも可能になります。また、大規模の企業向けのエンタープライズ版(オンプレミス)を使うとセキュリティ機能がさらに強化されて、利用人数の上限もなくなります。

サービス概要

主要機能 <基本機能>
スタンプ、ファイル添付、Yes/Noスタンプ、セレクトスタンプ、タスクスタンプ、今ココスタンプ、写真・動画共有、ボイスメッセージ、全文検索、未読・既読表示、ゲストモード
<管理ツール>
アカウント管理、組織メンバーの招待・削除、組織メンバー数やストレージ使用量を月間のメッセージ数をグラフで確認、ユーザー権限、エクスポート、一斉連絡(トライアルプラン、プレミアムプラン、マックスプランのみ利用可)、組織の設定
料金 <クラウド版>
トライアルプラン:0円(30日間)
ベーシックプラン:6,000円/月
プラスプラン:12,000円/月
プレミアムプラン:27,500円/月
マックスプラン:50,000円/月
<エンタープライズ版(オンプレミス)>
お問い合わせ
無料トライアル 30日間無料トライアルあり
対応人数 トライアルプラン:10人まで
ベーシックプラン:10人まで
プラスプラン:20人まで
プレミアムプラン:50人まで
マックスプラン:100人まで
対応デバイス スマホ、タブレット、PC
動作環境 スマホ(Android、iPhone)
タブレット(Android、iPad)
デスクトップアプリ(Windows、Mac)
ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer、Microsoft Edge)

ビジネスチャットを無料で試してみよう

ビジネスチャットは、業務を効率化するうえで、障害となる課題を解決するツールとして注目されています。
ビジネスチャットを使うことで、「素早く気軽にコミュニケーションを取りたい」、「1つのグループで情報共有をしたい」などの課題の解決が期待できます。

働き方改革への取り組みが進むなか、今後ビジネスチャットを導入する企業は増えていくでしょう。
ビジネスチャットの導入を考えている企業は、一度無料プランや無料トライアル期間でビジネスチャットを試してみてください。

また、「システムの選び方がわからない!」という方は、ビジネスチャット選び方ガイドを参考にしてみてください。8つの選定軸をもとに、自社に合うサービスの選び方をご紹介します。

こちらから無料でダウンロードいただけます。

【関連記事】社内SNSツール比較34選|価格と機能の比較表あり

【関連記事】ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. Traveler’s WANの特徴・価格・機能を紹介!

  2. CT-e1/SaaSの機能・価格・評判を紹介!

  3. クラウドテレコールの特徴・価格・機能を紹介!

  4. COLLABOS CRMの特徴・価格・機能を紹介!

  5. 360度評価支援システムの機能・価格・評判は?

  6. OSORAの機能・価格・評判を紹介!

  7. IP Messengerの特徴・価格・機能を紹介!

  8. ミエルカ・クラウドの機能・価格・評判を紹介!

  9. BtoBプラットフォーム 契約書の機能・価格・評判を紹介!

  10. 「クラウドサイン」とIDを統合管理する「KDDI Business ID」のシステム連携から読み解く #SaaSトレンド