TAGSの特徴・価格・機能を紹介

「TAGS」は、機能性とセキュリティの高さに優れたビジネスチャットツールです。APIとBOTによって多彩なシステムとの連携が可能で、自社環境にあわせてより利用しやすいように柔軟にカスタマイズができる利点があります。
さらにスマートフォンからも利用でき、外出が多い社員や在宅勤務の社員とのコミュニケーションもサポートしてくれます。機能性とセキュリティ、価格帯のすべてを網羅したチャットツールを探している企業は、ぜひTAGSを検討してみてください。

TAGSとは

TAGSとは、鈴与シンワート社が提供する、法人に特化した高セキュリティ・高機能性のビジネスチャットツールです。簡単かつスピーディーに導入することが可能で、テレワークや外勤営業などをおこなっている社員のコミュニケーション不足も解消してくれます。

マルチデバイス対応でセキュリティ対策も手厚いため、社外からも安心して利用できる点が大きな特長です。TAGSは、システム連携機能も豊富でビジネスを効率化してくれる、多機能なビジネスチャットツールです。

TAGSの特徴

TAGSの特徴は、安価な価格で便利な機能を使える点と、高いセキュリティがある点です。ここからは、TAGSの詳しい特徴について見ていきましょう。

180円から利用できるビジネスチャットツール

TAGSは、1ユーザーあたり180円から利用できる安価なビジネスチャットツールです。しかし、TAGSにはスピード感のあるチャット機能はもちろん、ファイルの添付やステータスの確認、既読表示や一斉同報などの機能もしっかりと搭載されています。
多彩な機能を有していながら、わかりやすい操作方法になっている点もポイントです。導入時の負担を最小限にとどめられるため、すぐに従業員に活用してもらえます。

3段階暗号化でセキュリティ面も安心

TAGSには多くのセキュリティ機能が搭載されており、堅牢な環境でメッセージやファイルのやりとりをすることができます。とくに特徴的なのが、3段階暗号化をおこなっている点です。チャットサービスでは一般的である「DB暗号化」「通信の暗号化」はもちろんのこと、3段階暗号化によってクライアント端末のキャッシュも暗号化してくれるため、セキュアな環境でシステムを利用できます。

ほかにも、多彩なポリシー設定やアクセス制限などの機能を搭載しており、外部だけではなく、内部からの不正を防げるチャットツールに仕上がっています。

多彩なサービスと連携が可能

TAGSの大きな魅力のひとつが、さまざまなサービスとの連携が可能なところです。メール連携やスケジュール連携、名刺管理連携や監視カメラ連携など、あらゆるシステムと連携して効率よくビジネスを進める手助けをしてくれます。
スケジュールやメールシステムなどを連携して社外からもチェックできるようにすれば、外出先やテレワーク中も必要な情報を確認できるようになるでしょう。業務の効率化や働き方改革を促進する効果が非常に高いため、とくにおすすめの機能です。

ダッシュボード機能で稼働状況の管理をしやすい

TAGSには、全体の稼働状況をひと目で把握できるダッシュボード機能が搭載されています。時間帯別に送受信されているメッセージの数が把握できるため、従業員の労働状況などを管理するときに役立ってくれます。労働時間に課題を抱えている企業は、TAGSを活用することで労働環境改善のヒントを得られるかもしれません。
また専用の管理コンソールでは、ユーザー登録や削除、各種ポリシーの設定が自由におこなえます。CSVによる一括登録も可能なので、効率的に各種情報の管理ができるでしょう。

価格・料金プラン

TAGSは、初期費用無料で1ユーザーあたり月額180円の料金ですべての機能を利用できます。ただし、最低契約IDが30ユーザー以上である点に注意しましょう。
多機能かつ高いセキュリティ設計があるうえ、180円で利用できる料金プランになっている点は、導入企業にとっては大きなメリットです。TAGSは、コストの低さと機能性をかね揃えた優秀なツールだと言えるでしょう。
料金プランは以下の通りです。

プラン名 基本料金プラン
初期費用0円
月額費用180円/1ユーザー
補足最低契約ID数:30~

機能一覧

TAGSには、基本的なチャットに関する機能がしっかりと搭載されています。1対1のチャットはもちろんのこと、複数人とのグループチャット、ファイルの添付にも対応しています。iPad最適化機能もついているので、タブレットからでも快適に利用可能です。
また、ステータス表示やメンバー編集、既読表示や一斉同報などといった「あったら嬉しい機能」も網羅しています。これだけの機能が搭載されているのに、スマートフォンのメッセージアプリのような直感操作で簡単に使いこなすことができます。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

TAGSの対応OSは、Windows7以降とMacOS(ブラウザのみ)です。対応ブラウザは、ChromeとFireFoxの2つです。なお、管理コンソールのブラウザはChromeもしくはInternet Explorerが推奨されているため、注意しましょう。

TAGSはマルチデバイス対応なので、iPhoneとAndroid、iPadからも利用できます。ただし、それぞれiOS8.0以上、Android4.1以上が推奨されているため、古いOSを使っている人は注意してください。

機種によっては正しく動作しないことも考えられるので、あらかじめ自社の環境で問題なく動くかどうか、確認しておくと安心でしょう。

提供形態
問い合わせ

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS

ブラウザ

  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

  • PC – Windows
  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

TAGSでは、さまざまなシステムとの連携が可能です。たとえば、以下のようなシステムと連携ができます。

  • メール連携:Active!mail、CyberMail
  • スケジュール連携:POWER EGG 3.0
  • 名刺管理連携:i-Connection
  • 監視カメラ連携:さば録

また、既存システムとの連携BOTをオリジナルで制作してもらうことも可能です。上記以外にも多くのシステム連携BOTが用意されているので、連携を希望するシステムがある場合は、気軽に問い合わせてみるといいでしょう。
ただし、連携するシステムによってはオプション料金がかかる可能性があるため、しっかりと見積りを依頼してから検討してください。

セキュリティ

TAGSには、多数のセキュリティ機能が搭載されています。「データベース暗号化」、「通信の暗号化」、「クライアント端末のキャッシュ暗号化」といった3段階の暗号化で安全を確保してくれる点が特徴的です。
またTAGSは、データセンターおよびクラウド基盤を自社で所有して運用しています。そのため、高度なセキュリティを確保しながら低価格でサービスを提供できるのです。

TAGSはそのセキュリティの高さから以下の3つの国際基準を取得しています。

  • クラウドセキュリティ認証の国際規格である「ISO/IEC27017」
  • 情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格である「ISO/IEC27001」
  • 品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO9001」

このように、多くのセキュリティ対策機能が搭載されています。TAGSであれば、安心してビジネス上のやりとりをおこなうことができるでしょう。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

TAGSでは、導入に関する質問や相談、導入後のサポートに関することについて問い合わせができる窓口が用意されています。電話もしくはお問合せフォームからコンタクトが可能なので、導入にあたり困ったことがあれば相談しやすいでしょう。

ただし、運用コンサルティングやユーザーコミュニティサイトなどについては公式サイトに記載がないので、希望する場合はしっかりと確認しておきましょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. ジンジャー経費の機能・価格・評判を紹介!

  2. LaXiTera(ラクシテラ)の機能・特徴・料金を解説

  3. クラウドCRMサービスを比較!無料など安い順に紹介

  4. SHOP FORCEの特徴・価格・機能を紹介!

  5. コールセンターの研修内容や流れをわかりやすく解説!

  6. プレディクティブダイヤルの機能・価格・評判を紹介!

  7. 経費精算をキャッシュレス化する5つのメリットを徹底解説

  8. 企業におけるコールセンターの役割とは?その種類や求められるスキル

  9. クラウドテレコールの特徴・価格・機能を紹介!

  10. LiveOnの特徴・価格・機能を紹介!