ChatLuckの特徴・価格・機能を紹介!

「ChatLuck」は、セキュリティ要件が厳しい金融機関や自治体にも認められたビジネス用のチャットツールです。純国産システムであるため非常に安心感が高く、情報セキュリティ対策をしながら社内のコミュニケーション促進や業務効率の向上を目指すことができます。
使いやすさや機能性、安全性を兼ね揃えたツールで、メールより早く確実に連絡ととれる点が支持されています。セキュアな環境で利用できるチャットツールをお探しの企業は、ぜひChatLuckを検討してみてください。

ChatLuckとは

ChatLuckとは、ネオジャパン社が提供しているビジネスチャットツールです。ChatLuckは、「ITReview Grid Award 2021Spring ビジネスチャット部門」で、満足度が高い製品である「High Performer」として表彰された実績を持っています。非常に多くの利用者から支持されている信頼性の高いツールとなっています。

全ての社内外ユーザーを自己管理できる点がChatLuckの強みで、会社の枠を超えた活用が可能です。クラウド型・オンプレミス型の両方から選べ、どちらも高いセキュリティ機能でリスクを最小限に抑えながら利用できます。

ChatLuckの特徴

ChatLuckの特徴は、金融機関にも選ばれるセキュリティの高さと、社内外のユーザーを一括管理できる便利な機能性です。ここでは、ChatLuckの特徴について詳しくみていきましょう。

金融機関や自治体も認めたセキュアなビジネスチャット

ChatLuckは、アクセス権限やネットワークポリシーの設定、端末認証などといったセキュリティ機能を豊富に搭載したビジネスチャットツールです。その安全性は金融機関や自治体にも認められており、多くの企業や役所で活用されています。

送信したテキストチャットやファイルなどは、「中継サーバー」を介し、無害なデータのみが内部ネットワークに中継されます。そのため、チャットを介したウイルスの侵入や情報の外部漏洩を防止することができるのです。

ほかにも、情報やダウンロード・削除履歴の監視など、徹底的にテータを守るための体制が整っています。ChatLuckであれば、セキュリティ面の心配をすることなくビジネスチャットを導入できるでしょう。

気軽なコミュニケーションでビジネスを効率化

ChatLuckは、ビジネスチャットツールとして高い機能性を有しています。メッセージを気軽に送ることができる点はもちろんのこと、ファイルもドラッグ&ドロップで貼付できます。相手の時間を奪わず、素早く快適なコミュニケーションを実現できるのです。
また社内の従業員だけではなく、社外の協力会社の社員を招待することも可能です。すべての関係者を一つのツールで管理することで、無駄な業務を排除してビジネスを効率化できます。

クラウド版とオンプレミス版から選べる

ChatLuckは、クラウド版とオンプレミス版から選択して利用することが可能です。クラウド版は初期費用を抑えて気軽に利用を開始できる一方で、オンプレミス版は自社専用の環境を構築できて、よりセキュアな環境で利用できるというメリットがあります。
クラウド版のほうが導入しやすいですが、「セキュリティ面を気にする」「ユーザー数が多くて長く使いたい」という場合は、オンプレミス版が向いているケースがあります。それぞれにメリットがあるので、自社に最適な形態を選べるのはうれしいポイントでしょう。

利用ポリシーのカスタマイズが可能

ビジネスチャットの運用を成功させるためには、ユーザーの権限を設定して行動を制限させることが大切です。その点、ChatLuckでは利用ポリシーをカスタマイズすることが可能なので、メンバーの行動を管理しやすくて便利でしょう。
ルームの作成権限やユーザーゲストの招待権限、音声・ビデオ通話の利用権限、添付ファイルのサイズ制限など、利用ポリシーに合わせて柔軟に変更が可能です。組織に合わせたコミュニケーション環境を構築しやすいので、リスクの低減に効果を発揮してくれるでしょう。

価格・料金プラン

ChatLuckの料金プランは、クラウド版とオンプレミス版で異なります。
クラウド版は初期費用無料で、1ユーザーあたり月額330円となっています。契約ユーザー1人あたり1GBのディスク容量が利用可能です。
オンプレミス版は、ユーザーライセンスとルームライセンス費用がかかります。ユーザーライセンスは100ユーザーから利用可能で、初期費用396,000円。月額利用料は1年目が無料で、2年目以降は年間79,200円かかります。
また、ルームライセンスとして10ルームあたり165,000円の料金が必要です。ユーザーライセンスと同様、1年目は月額利用料が無料ですが、2年目以降は年間33,000円かかる点に注意しましょう。

料金プランは以下の通りです。(※税込価格)

プラン名 クラウド版 ユーザーライセンス ルームライセンス
初期費用0円396,000円~165,000円(10ルーム)
月額費用330円/1ユーザー問い合わせ問い合わせ
年額費用問い合わせ1年目:無料
2年目以降:79,200円~
1年目:無料
2年目以降:33,000円~
補足100ユーザーから
利用可能

機能一覧

ChatLuckには、ビジネスチャットに求められる機能は一通り搭載されています。グループチャットや1対1チャット、絵文字やスタンプの使用、タスク管理やビデオチャットなどの機能は網羅しているので、使っていて困ることはないでしょう。
タスクや処理を自動化するボットユーザー機能も搭載されているため、自社が求める機能にあわせてさまざまなボットを開発することも可能です。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

クラウド版のChatLuckは、WindowsとMacの両方で動作します。WindowsはInternet Explorer、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、MacはSafariが推奨環境です。なお、AndroidやiPhone、タブレットからの利用も可能です。
オンプレミス版は、WindowsとLinuxがサポートされています。Macには対応しておりませんので、導入時は注意してください。

提供形態

  • クラウド
  • パッケージソフト

OS

  • Windows
  • iOS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Safari

アプリ

  • PC – Windows
  • PC – Mac
  • スマホ – iPhone
  • スマホ – iPad

API連携・サービス連携

ChatLuckは、さまざまなシステムとのAPI連携が可能です。チャットボットの追加やメッセージ通知連携、オンプレミス版であれば人事マスタの取り込みなどにも対応しています。
また、グループウェアである「desknet’s NEO(デスクネッツ ネオ)」を一緒に導入すれば、よりシームレスな連携が可能です。スケジュール連携やユーザー・組織情報の同期が可能となり、グループウェアのようにサービスを利用できます。

セキュリティ

ChatLuckは、非常にセキュリティ機能が高いシステムです。クラウド版にはSSL暗号化、BASIC認証、IPアドレス制限などが標準搭載されており、オンプレミス版では任意のセキュリティを適用することが可能です。
クラウド版でも十分なセキュリティ強度を持っていますが、より安心して利用したい場合はオンプレミス版がおすすめです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間356日監視AD連携

サポート

ChatLuckでは、オプションとしてインストールサービスや教育サービスを提供しています。サポートを受けながらツールを導入・活用したいという場合でも、ChatLuckであれば安心して任せることができるでしょう。
また、クラウド版とオンプレミス版の両方で操作に関するサポートサービスが用意されています。導入を検討している場合には問い合わせてみるとよいでしょう。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. コールセンターにおけるスクリプトの必要性と作り方を紹介!

  2. AURAの機能・価格・評判を紹介!

  3. SmartViscaの特徴・価格・機能を紹介!

  4. JANDIの特徴・価格・機能を紹介!

  5. 経費精算ワークフローの意味やシステム化するメリットを解説

  6. ビジネスチャットのメリット・デメリットとは?導入の利点を紹介!

  7. 経費精算システム「マネーフォワード クラウド経費」を紹介|使い方、料金、評判など

  8. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. クラウドサイン(Cloud Sign)とは?使い方、料金、評判などを解説