Linkitの特徴・価格・機能を紹介

「Linkit」は5,000社以上に採用されている注目のビジネスチャットツールです。オフィスにビジネスチャットツールを導入すれば、コミュニケーションの円滑化によるスピーディな意思決定が期待できます。また、テレワークの環境構築にも役に立つでしょう。ここでは、ビジネスチャットツールLinkitの概要や特徴を説明します。導入を検討している方は参考にしてみてください。

Linkitとは

Linkitは、企業の業務を強力にバックアップしてくれる低価格かつ多機能なビジネスチャットツールです。
提供元であるACCESS社は、Linkitシリーズとして以下のサービスをリリースしています。

  • Linkit チャット
  • Linkit Maps
  • Linkit GPS Tracking
  • Linkit エリア検索
  • Linkit 勤怠

もちろん、これらのツールは個々で使用することも可能です。しかし、複数のツールを組み合わせて使うことで、より業務の効率化が進みやすくなります。
なかでも、Linkitチャットは1IDあたり月額170円という非常にリーズナブルな価格で使用できる点が魅力です。必要な機能は十分に搭載されているうえ、高度なセキュリティ対策も施されています。

Linkitの特徴

Linkitにはビジネスに特化した機能が取り揃えられています。
ビジネスツールというと操作が難しい印象がありますが、Linkitは誰でも気軽に操作できるよう、機能性にこだわって構築されているので安心です。メッセージのやりとりだけでなく、チャット欄では資料や連絡先の送付、メッセージの検索、引用などを簡単におこなえます。また、ビジネスで使用できるデザインのスタンプが多数用意されており、適宜チャットで活用できるのもポイントです。
さらに、Linkitには十分な容量が確保されており、写真や動画、音声の送信に手間や時間がかかることもありません。
Linkitはマルチデバイスに対応しているため、PCのほか、スマートフォンやタブレットからもアクセスできます。オフィスだけでなく、外出先やテレワークの自宅からでも問題なく使用できるのがLinkitの魅力です。

チャットツール以外の機能の活用もおすすめ

Linkitを使用するときには、チャットツール以外の機能を活用するのもおすすめです。

GPS共有チャットLinkit Mapsは、地図とチャットを組み合わせることができるツールです。この機能を活用すれば、営業社員のルート共有や居場所確認が簡単にできるようになります。
マップ機能は物流や保守管理、訪問看護などの業種でも役立ちます。また、災害時に安否確認をしたいときにも、GPS共有ができていれば手間がかかりません。 加えて、位置情報資産管理Linkit GPS Trackingを活用するのもおすすめです。

Linkit GPS Trackingでは、対象ビーコン対応のGPSトラッカーを使用することで位置情報をシームレスに把握します。営業や物流の車にビーコンを設置して位置情報を把握したり、高所作業の作業位置のGPSを取得したりと柔軟に活用できます。

なお、Linkitには、人や物の可視化対策になるLinkitエリア検索という機能も用意されています。
Linkitエリア検索では、携帯型ビーコンと専用の受信機を搭載したゲートウェイの活用によって、社員の位置や移動履歴を記録管理します。社員の移動履歴管理は、新型コロナウイルスの濃厚接触者特定レポートとしても活用することが可能です。 Linkitの小型ビーコンは、Linkit勤怠の非接触時刻打刻にも対応しています。社員がビーコンを携帯するだけで勤怠が全自動で記録されるため、打刻機やICカードによる記録が必要なくなります。また、勤怠のミスや不正を防ぐことができ、自動で記録されるため、管理の手間もかからなくなります。

価格・料金プラン

Linkitには30日間無料で使えるお試しプランの設定があります。初期費用0円でお試しプランを利用すれば、Linkitの使用感を確認することができます。
Linkitの通常プランは1IDあたりの月額料金は170円というリーズナブルな価格に設定されているため、負担を少なくして導入を進められます。登録ユーザー数に上限がなく、1ファイルあたりのアップロード容量も10MBと十分なサイズを有しています。
なお、Linkitの最低契約ID数は10IDからです。ストレージの追加や機能追加によって導入時の価格が変動するため、詳しい料金プランについては事前に問い合わせておきましょう。
また、企業がシステムを導入するときには、経済産業省が主幹するIT導入補助金を受けることができる可能性があります。Linkitを提供するACCESS社では、補助金申請に関わる一連の業務のサポートをおこなっています。
補助金を申請してお得にシステムを導入したい場合には、一度問い合わせをしてみるとよいでしょう。

Linkitの料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用170円/1ID

機能一覧

Linkitのビジネスチャット機能には、1対1のチャットやグループチャットの機能が備わっています。文字情報のほかにファイルも手軽に送信でき、従業員同士の密な連携をはかることができます。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

Linkitのの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態
クラウド

OS
Windows
macOS
Android
iOS

ブラウザ
Internet Explorer
Microsoft Edge
Google Chrome
Firefox
Safari

アプリ
スマホ – iPhone
スマホ – iPad

API連携・サービス連携

LinkitをリリースするACCESS社では、複数のツールを開発提供しています。
チャットツールのLinkitチャットや位置情報を活用できるLinkit Maps、Linkit GPS Tracking、Linkitエリア検索といったツールとシームレスに連携すれば、業務効率化が促進されます。また、ACCESS社では、先述したビーコンを従業員に持たせて勤怠管理をおこなうLinkit勤怠というサービスも提供しています。
LinkitはAPI機能によってメッセージフレームワークとして多彩に活用できます。多くの企業で導入されている各種基幹業務システムやチャットボットなどのツール、ロボットシステムや介護記録システムなど、あらゆるシステムとの連携が手間なくおこなえます。

セキュリティ

Linkitには、金融機関でも採用される高度なセキュリティが施されています。たとえばLinkitの通信には256bit SSLが採用されており、情報の漏洩リスクを限りなく軽減しています。

Linkitを運営するACCESS社はLinkitを使用する顧客の情報資産をリスクから守ることを重視しています。そのために社内に情報セキュリティ委員会を設置するなどし、高いセキュリティ対策を講じています。

ACCESS社は2019年4月15日に情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格「ISO/1EC 27001:2013」及び「JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。これは、情報資産の取り扱いや情報管理体制が適切であることが第三者機関によって認められたことを表しています。

セキュリティ詳細については、ACCESS社にお問い合わせください。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Linkitの導入時や運用時に活用できるサポートポータルサイトがあります。サポートポータルサイトではご利用ガイドに加えて、よくある質問やお知らせがまとめられています。
また、Linkitの使用時には電話によるサポートを受けることも可能です。不明点を詳しく相談したいときには、電話サポート窓口を有効活用するのがおすすめです。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. CONTRACTHUB@absonneとは|nssolが提供する電子契約サービス

  2. GRMarketingの特徴・価格・機能を紹介!

  3. TIS CTI Cloudの特徴・価格・機能を紹介!

  4. 自分で機能が選べて組み合わせられるSFA「Ecrea」の特徴や機能、料金は?

  5. Web会議システム「Zoom」とは?使い方や料金などを紹介!

  6. ハイ!経費の特徴・価格・機能を紹介!

  7. 大人数での利用におすすめのWeb会議システム比較7選

  8. welogの機能・価格・評判を紹介!

  9. PASELLYの特徴・価格・機能を紹介!

  10. Surveroidの料金や機能は?簡単スピーディに配信できるWebアンケート