Tocaroの特徴・価格・機能を紹介!

ビジネスチャットツールであるTocaro(トカロ)は、ビジネスを円滑に進めていくために必要となるコミュニケーションを最適化する情報共有ツールです。
伊藤忠テクノソリューションズ社が提供するTocaroには、業務効率を高めるさまざまな機能が搭載されています。
ここではTocaroの機能の特徴、料金プラン、セキュリティについて解説していきます。導入を検討している方は参考にしてみてください。

Tocaroとは

Tocaroは仕事のプロセスを透明化して管理するワークプロセスマネジメントプラットフォームとして開発されています。運営元の伊藤忠テクノソリューションズ社が蓄積してきた独自のノウハウが結集されたサービスとなっており、すでに2,000社の導入実績を誇っています。

Tocaroの魅力は、多くの機能をワンストップで使えることや、ファイル共有サービス「box」をはじめとしたさまざまなサービスと連携できることが挙げられます。
また、Tocaroには高度なセキュリティ対策が講じられており、社内情報や個人情報のやりとりを安心しておこなえます。

Tocaroの特徴

Tocaroには仕事のプロセスを透明化し、効率化につなげるために必要な機能が備わっています。ここでは、Tocaroの特徴について解説します。

プロジェクト遂行に役立つ機能が搭載されている

Tocaroには、チームで業務を遂行するために必要とされるプロジェクト管理機能やタスク管理機能、ワークフロー画面共有機能が搭載されています。現在誰がどの仕事にあたっているかをリアルタイムでチェックできるためプロセスが可視化され、管理の手間を省くことができます。
加えて、各自の仕事にフォーカスできるワークボード画面やスケジュール機能を共有すれば、それぞれの業務の進捗をすぐに把握でき、業務効率化に寄与します。
これらの機能は使いやすく整えられているので、全ての従業員が抵抗なく活用できます。

boxとの連携ができる

ファイル共有サービスboxと連携させられるのもTocaroの大きな魅力です。容量の大きいファイルを自社サーバーやTocaroのサーバーに保存していくのは効率的ではありません。boxにファイルを蓄積することでデータの管理がしやすくなるうえ、boxの高度な検索機能によって必要なファイルをスムーズに取り出すことができます。
なお、boxには万全のセキュリティ対策が施されており、重要なデータを安全に管理できます。

価格・料金プラン

Tocaroにはスタンダードとビジネス、エンタープライズの3つのプランが用意されています。
スタンダードは1ユーザーあたり月額800円とリーズナブルな価格設定になっており、安全性と使いやすさが両立されているのがポイントです。ストレージの容量は1ユーザーあたり10GBに制限されていますが、メッセージ投稿は無制限でビデオ通話などの機能も使用可能です。
ビジネスプランは1ユーザーあたり月額1,000円となっています。ストレージ容量無制限で使用でき、機能もさらに豊富になっています。
また、大企業でも活用できるエンタープライズプランにはより高度なセキュリティ対策が講じられており安心して使用できます。

それぞれのプランには1カ月間の無料トライアルが用意されています。まずはトライアルで機能や使用感を十分に試してみることをおすすめします。詳しいプランの内容や価格帯については提供元に問い合わせください。

料金プランは以下の通りです。(※税抜価格)

プラン名 スタンダード ビジネス エンタープライズ
初期費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用800円/1ユーザー1,000円/1ユーザー問い合わせ
ストレージ容量10GB/1ユーザー無制限無制限

機能一覧

Tocaroにはリアルタイムチャット機能が付帯しており、1対1あるいはグループでのメッセージのやりとりが手軽におこなえます。社内だけでなく社外にグループを作ることもでき、より柔軟なコミュニケーションをはかることができます。

Tocaroにはチャット機能だけでなく、電話やビデオ通話の機能も備わっています。ビデオ通話で画面を共有すれば、ミーティングやプレゼンテーションを円滑に遂行できます。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

Tocaroの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態
問い合わせ

OS
Android
iOS
iPadOS

ブラウザ
問い合わせ

アプリ
スマホ – Android
スマホ – iPhone
スマホ – iPad

API連携・サービス連携

ファイルストレージサービスのboxと高度に連携させられるのがTocaroの大きな特徴です。設定をおこなえば、Tocaroから直接boxのデータを操作することができます。
この仕様により、Tocaroは、ファイルサーバーをベースとしたうえでビジネスチャット機能が加えられたようなサービスとなっており、利便性の高さが実現されています。
Tocaroではファイルの自動保存やファイル共有ができるほか、boxのUIに遷移することなくTocaroのUIからフォルダを確認することも可能です。

Tocaroには柔軟に活用できるWebhook機能や公開APIが備わっています。
チャットボットやRPAを連携させることで、業務の自動化を図ることが可能となります。
ほかにも、企業で使用している各種ツールを連携させることが可能です。メールやサポートデスクのようなツールや、情報共有サービスDocBaceなど、各種サービスとの連携をおこなえば、操作性が向上します。

セキュリティ

Tocaroには、伊藤忠テクノソリューションズ社が蓄積した技術を活用したセキュリティ対策が備わっています。そのセキュリティレベルは金融機関と同等とされており、全ての企業が安心して利用できます。

TocaroにはIPアドレス制限やモバイル端末制限といった基本的な機能のほか、先端的な暗号化アルゴリズムによるキャッシュデータログ機能も搭載されています。
自動バックアップ機能で複数の拠点にデータを自動保存することもできます。

企業の管理者は必要に応じて過去ログやアクセス履歴を取り出すこともでき、使用時には各ユーザーごとに権限の付与も可能です。また、データエクスポート機能を活用し不正行為を追跡したり、利用状況の管理や端末制限をおこなうことで外部からのアクセスを防いだりすることもも可能です。

また、boxとの連携をおこなう際も、boxの強固なセキュアと連携できるため、システム上で共有されたすべてのデータは安全に蓄積されます。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Tocaroの導入時にはサポートサイトでの案内が受けられます。また、問い合わせフォームによるサポートを受けられるため、詳しくは提供元に問い合わせてみるとよいでしょう。

Tocaroには30日間の無料トライアルが用意されています。ビジネスチャットツールの導入を検討している方は、まずはトライアルを試してみるのがおすすめです。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. コロナ禍こそ、社内SNSの活用で企業成長に導く|Talknoteの事例に見る #SaaSトレンド

  2. エクセルで名刺管理する方法は?自作でシートを作成する手順を解説!

  3. GRIDY 名刺CRMの特徴・価格・機能を紹介

  4. WArm+の特徴・価格・機能を紹介!

  5. NSTechno-phone Managerの機能・価格・評判を紹介!

  6. 大人数での利用におすすめのWeb会議システム比較7選

  7. CTIとは?仕組みを理解してコールセンター業務を効率化しよう

  8. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  9. 不動産業界向けCRM8選|不動産業で顧客管理をするメリットや選び方まで

  10. ComDeskの機能・価格・評判を紹介!