WowTalkの特徴・価格・機能を紹介!

社内業務を円滑に進めるためには、従業員同士がリアルタイムでメッセージをやりとりできるコミュニケーションツールが必要不可欠です。
ワウテック社が提供するWowTalkはテレワークにも活用できるビジネスチャットツールです。国内の多くの企業がすでに導入しており、導入実績は1万社を超えています。
ここではWowTalkの機能や特徴について詳しく解説していきます。導入を検討している方は参考にしてみてください。

WowTalkとは

WowTalkは誰もが直感的に使える操作性をコンセプトに開発されたコミュニケーションツールです。導入教育無しで即座に現場に取り入れられるという魅力があります。
WowTalkでは、言語、個性、経験、距離・時間、温度・感情という5つの要素をサービスコンセプトとしています。組織連携の活性化に加え、テレワーク環境の実現や外国人との円滑なコミュニケーションの促進などを通し、すべての人が柔軟に働けるような環境を構築するために活用できます。

WowTalkにはトーク機能に加えてデータを共有する掲示板の機能、タスク管理機能、無料音声通話や無料ビデオ通話の機能も搭載されているので、業務において不都合を感じることは少ないでしょう。こうした充実の機能を網羅的に活用できるため、導入後すぐに業務効率の向上を感じることができます。

WowTalkの特徴

WowTalkの特徴として、以下3つの点が挙げられます。

  • シンプルな画面と機能で簡単に利用できる
  • グローバルでのコミュニケーションが容易にできる
  • 安否確認機能で従業員の管理ができる

それぞれについて、詳しく解説します。

シンプルな画面と機能で簡単に利用できる

WowTalkにはトークとタイムライン、通話をはじめとした多様な機能が備わっており、柔軟に活用できます。
操作画面はシンプルなため、初めてツールを使う人でも抵抗なく操作できます。社内風土になじまずツールが浸透しないというケースも少なく、WowTalk導入企業のリピート率は99%にも及びます。
また、マルチデバイス対応となっているため、オフィスではPC、外出先ではスマートフォンやタブレットなど、シーンに合わせた端末でアクセスできるのも大きな特徴です。

グローバルでのコミュニケーションが容易にできる

WowTalkの大きな特徴として、22カ国語への翻訳機能が挙げられます。
海外のクライアントとやりとりするときや、事業の海外進出をするときなどグローバルなビジネスのなかでは会話の円滑化を図る必要があります。
WowTalkを活用すれば英語や中国語をはじめとした22の言語でコミュニケーションをとることができます。WowTalkを利用できる国や地域にも制限はなく、インターネットに接続できる環境さえ整っていればどのエリアでも使えます。
WowTalkではサービスコンセプトとして「Communication-Rebuild」を掲げています。翻訳機能によって言語という壁を取り除き、あらゆる人とコミュニケーションを円滑に図ることができるのが、WowTalkの良さです。

安否確認機能で従業員の管理ができる

また、WowTalkには安否確認機能が搭載されています。安否確認機能とは、従業員の健康状態や出社可否などの確認メッセージを送付し、指定のメンバー全員に回答を依頼できる機能です。
メンバー全員の安否を一覧にまとめられる安否確認機能は、日常的な健康観察だけでなく、地震や水害など、有事の際の安否確認にも使用できます。

価格・料金プラン

WowTalkの利用料金はシンプルプランで月額300円、スタンダードプランで月額500円、プロフェッショナルプランで月額800円に設定されています。
それぞれ、搭載される機能やファイルアップロード容量などが異なっていますが、全てのプランで日本語と英語、中国語の3カ国語に対応しており、便利に活用できます。
多くの企業で導入されているスタンダードプランの場合には、ファイルアップロードの容量は月50GBとなっています。
また、こちらのプランには端末制限やIP制限がなく、機能のカスタマイズや外部連携もできるなど、フレキシブルに活用できる要素が揃っています。

詳しいプランや料金は、WowTalkを提供するワウテック社に問い合わせください。

料金プランは以下の通りです。

プラン名 シンプル スタンダード プロフェッショナル
初期費用問い合わせ問い合わせ問い合わせ
月額費用300円500円800円

機能一覧

WowTalkには離れた場所にいるメンバーとリアルタイムでコミュニケーションをとれるチャット機能に加えて、音声通話やビデオ通話の機能も付いています。
これらのコミュニケーションツールは1対1だけでなく多人数でも利用できます。

WowTalkの運用時にコミュニケーショングループを設定しておけば、部署や管理者のグループ、あるいは協力会社のグループなど、コミュニケーション範囲を制限しながら使用できます。

グループトークに参加していないメンバーにはトークルームが表示されないため、第三者に内容を閲覧される心配はありません。

また、WowTalkには日報の送信機能や共有掲示板機能なども付帯しています。
これらの機能を活用すれば社内の動きをリアルタイムで共有でき、業務を効率的に進めていくことができます。

管理機能が充実しているのも、WowTalkの大きな特徴です。
WowTalkはカスタマイズの幅が広く、管理者が企業ポリシーに合わせて個人単位で機能やセキュリティを設定できるようなシステムになっています。

管理者が一括で設定をおこなえばメンバーリストなどの設定も難しくありません。WowTalkには、最大1万人のトークグループを作れる機能も備わっています。
WowTalkは最短翌日から利用開始できるため、すぐにコミュニケーションツールの運用を開始することが可能です。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

WowTalkの提供環境・技術情報は以下の通りです。

提供形態
クラウド
オンプレミス Windows
オープンソース

OS
Windows
Android
iOS

ブラウザ
Internet Explorer
Google Chrome
Firefox

アプリ
スマホ – Android
スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

WowTalkには、Web API提供サービスであるWowTalk業務改革オプションパックをプラスして使うことができます。
オプションパックにはユーザー情報・組織変更APIやチャット投稿API、掲示板投稿APIが搭載されています。
オプションパックは今後随時アップデートされ、新たな機能が加わっていく予定です。
さらに、WowTalkにはカレンダー連携やストレージ連携などの各機能も搭載されています。これらの機能を活用すれば、社内の既存ツールと連携させながら幅広い業務に着手できるようになります。

セキュリティ

WowTalkには、高度なセキュリティ対策が講じられており、行政機関での導入実績もあります。
たとえば通信はSSL/TSLで完全暗号化されており、さらにサーバーストレージはAES-256で暗号化されています。ほかに、IPアドレスの通信制限、携帯デバイスの端末ID制限といったセキュリティ対策も講じられています。

やりとりしたデータは日本国内のAmazon Web Serviceデータセンターに設置したクラウドサーバーに保存され、厳重に守られています。
サーバーではストレージごとの暗号化がおこなわれ、メンテナンス時には特定のIP以外をはじくなど、情報漏洩を防ぐ高い技術が採用されています。

ツールを導入したあとには、従業員が会社から支給された端末だけでなく、私用の端末からアクセスするケースもあるでしょう。WowTalkには十分なセキュリティ対策が講じられており、私用端末からでも問題なく安全にアクセスすることが可能です。
また、個人情報の保護についてISO27001を取得している点も安心できるポイントです。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

WowTalkには導入時に活用できるサポートページが用意されています。
サポートベージ内を総合検索できる機能があるので、不明な点をすぐに調べることができ、スムーズに問題を解決できます。
さらに、WowTalkの導入時には平日日中に使用できる電話サポートサービスと、年中無休のメールサポートサービスを受けることが可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. 社内SNSのメリットとデメリット|成功させる秘訣も解説!

  2. CRM「Dynamics 365」とは?価格・機能・評判などを紹介!

  3. ラインワークスの使い方とは?評判・料金・機能も解説!

  4. ジョブスイート キャリア(JobSuite CAREER)の機能・価格・評判を紹介!

  5. アクションコックピットの特徴・価格・機能を紹介!

  6. セールスフォースとは?使い方や料金、評判などを紹介!

  7. eventos(イベントス)の機能・価格・評判を紹介!

  8. 名刺管理の方法を徹底紹介!おすすめアプリやエクセルでの管理もあわせて解説

  9. jinjer人事の機能・価格・評判を紹介!

  10. TeleOfficeの特徴・価格・機能を紹介