Talknoteの特徴・価格・機能を紹介!

「Talknote」は社内全体のコミュニケーション向上が期待できるツールです。チャットやメッセージ、タスク管理機能だけでなく、コミュニケーションがどの程度取れているのか、社員がオーバーワークしていないかなどの情報を得ることもできます。部署やプロジェクトメンバーの結びつきを強くしたい企業におすすめのツールです。

Talknoteとは

Talknoteはカルチャーマネジメントツールです。シンプルな見た目で直観的に操作ができるため、誰でも簡単に利用できます。社内SNSやチャット機能といった社内コミュニケーションを促進させる機能だけではなく、タスク管理や社員の労働時間を把握し可視化するといった管理機能などもTalknoteでおこなえます。

社員のコミュニケーションを活性化させるのはもちろんのこと、社員の潜在的な悩みや意向を汲み取れる機能が備わっています。

Talknoteの特徴

Talknoteは社員のコミュニケーションを向上できます。ほかのチャットツールと異なり、Talknoteはメッセージを送り合うだけではありません。社員の労働状況やコミュニケーションの活性度を把握できたり、外部のプロジェクトメンバーとのスムーズなやり取りを促進したりなど、さまざまなメリットがあります。
ここではTalknoteの特徴を紹介します。

社員のエンゲージメントを高められる

社員のエンゲージメントを高めるとは、社員が会社に対する愛着や思い入れを持つということです。近年では、働き方が多様になっており時短勤務やリモートワークが増えてきています。自由に働けるメリットがある一方で、社員間のコミュニケーションが不足してしまうデメリットもあります。コミュニケーション不足の対策として、各企業が導入しているのが社内SNSです。

Talknoteでコミュニケーションを取れる機能は3つあります。

  • メッセージ機能
  • タスク管理機能
  • グループ機能

まず、メッセージ機能は気軽なやり取りが可能です。テキストだけではなく、スタンプ機能もあるためテキスト以外の表現ができるようになります。また、「いいね」などのリアクションを送ることもできます。メッセージを確認したらリアクションを送るというようなルールを決めれば、既読確認がスムーズにできるようになるでしょう。

次に、タスク管理機能です。複数のプロジェクトを担当したり、メンバーが多いプロジェクトでは業務が重なるにつれタスク管理が難しくなってしまう場合があります。タスク管理機能は、業務を可視化できるため、各担当者がどの業務をしているのか確認することができます。

最後にグループ機能です。グループ機能は情報を共有したいメンバーを選択できる機能です。たとえば、各部署やプロジェクトごとにグループを作成することで、必要なメンバーのみに情報を共有できます。
また、全社員をメンバーにして出欠確認用のグループや総務関連の質疑応答ができるグループなどを作成すると、情報の共有がしやすくなります。

独自AIがコミュニケーション活性度や業務量を検知する

Talknoteは「HR機能」という機能があります。メッセージのやりとりや、タスク分配などからコミュニケーションの活性度や業務量をAIが検知し分析する機能です。
以下の6つをAIが自動的に検知・分析し、可視化します。

機能名詳細
組織活性スコアコミュニケーションの活性度をスコア化できる
アクションリズム解析メッセージの投稿頻度や社内SNSへのアクセス頻度を解析し、管理者に通知する
オーバーワーク検知過剰な労働時間や睡眠不足を検知し、管理者に通知する
よくメッセージする人上司と部下や同じ部署内のコミュニケーション状況を把握できる
メッセージ閲覧機能管理者がメッセージ内のやりとりを閲覧でき、社内のハラスメント行為を防止する
利用ワードモニタリング機能商品名など設定したキーワードが投稿された場合に確認できる

「アクションリズム」と「オーバーワーク検知」は人事総務部や管理職のみ通知できるようになっています。社内のコミュニケーションや、労働環境に問題があった時にすぐ対応できるようになります。

専任コンサルタントが充実のサポート

Talknoteはサービス利用を申し込むとすぐに利用できるわけではありません。
まず専任コンサルタントとのヒアリングを経て、自社が抱える課題や導入目的を明確にします。課題や導入目的を踏まえて専任コンサルタントが、運用方法などを提案してくれるので、企業に合った運用ができます。専任コンサルタントはツールの導入方法から運用方法、勉強会の開催などさまざまなサポートをしてくれます。

「コミュニケーション不足が課題なのはわかっているけど、解決方法がわからない」といった企業などは、コンサルタントに相談するのが解決の近道です。

操作が簡単だから誰でも使える

コミュニケーションツールで重要になるのが操作性です。
使い方が難しいツールであると、システムを効果的に利用することができないでしょう。

Talknoteは普段利用しているメールやLINEなどと同じような感覚で利用できます。また、表示画面がシンプルで見やすいため各情報を把握しやすくなっています。

動画の添付が可能

Talknoteは動画の添付が可能です。動画を添付することで、文章では伝わりづらいニュアンスや細かい説明が可能になり、業務の効率化が図れます。

価格・料金プラン

Talknoteの価格や利用料金は公開されていないため、導入を検討する場合には見積もりを依頼しましょう。導入の前にTalknoteを試してみたいという場合は、14日間の「無料トライアル」があるので利用するといいでしょう。

なお、初期費用、基本プランに加えて各種追加サービスが利用できるオプション費用で料金が発生します。

プラン名
初期費用問い合わせ
月額費用問い合わせ

機能一覧

Talknoteにはさまざまな機能が搭載されています。
以下では、機能の詳細をピックアップして紹介します。

予約投稿機能で忘れずにメッセージを送れる

便利な機能に「予約投稿」があります。予約投稿はあらかじめ投稿する日時を設定できる機能です。早朝や深夜にメッセージを送ると相手に迷惑がかかったり、労働上の問題になったりするかもしれません。また、翌日まで待つとメッセージを送るのを忘れてしまう可能性もあります。予約投稿機能を活用することでがそれらの問題を解消することができます。

フォーマットが用意されているので入力漏れを防げる

Talknoteには、チャットに投稿する際のテンプレートが用意されています。テンプレートを活用することで、必要な項目の記入漏れ防止や作業の短縮化につながります。

管理機能も充実している

Talknoteは管理者が使用する管理機能も充実しています。
主な管理機能として以下の3つが挙げられます。

  • ログ抽出
  • グループ一括登録・変更
  • 部署連動機能

ログ抽出ではTalknoteに投稿されたメッセージなどの一括ダウンロードが可能です。また、グループ一括登録・変更機能を活用すれば、入社や部署異動の際にグループ変更がスムーズにおこなえます。

このほかにも下表のように、さまざま機能が紹介されています。

グループチャット1対1チャット
マイチャット(自身のチャットルーム)絵文字・スタンプ
メッセージへのリアクションピン留め
ブックマークメッセージ検索
ボイスメッセージ既読者表示
オンライン状態表示コメント
ブックマーク投稿検索
公開範囲制限日報・報告書
アンケートタスク管理
アラート・通知ファイル送信
プレビューダウンロード
ファイル検索ビデオ通話
画面共有ユーザー管理
グループ管理アドレス帳
API連携メール連携
カレンダー連携SNS連携
ストレージサービス連携

提供環境・技術情報

TalknoteはPCやスマートフォンで利用できます。
スマートフォン版アプリもあるので、外出先でもTalknoteでの共有内容をチェックすることができます。

提供形態

問い合わせ

OS

  • Windows
  • macOS
  • Android
  • iOS
  • iPadOS
  • Chrome OS

ブラウザ

  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Google Chrome
  • Firefox

アプリ

  • スマホ – Android
  • スマホ – iPhone

API連携・サービス連携

Talknoteではメール連携ができます。

  • 自社の問い合わせメール
  • 予約システム
  • エンジニア向け開発支援ツール(「GitHub」や「Jenkins」など)
  • 売上、経営指標管理ツール
  • サイト解析や、マーケティングツール(「Google アナリティクス」や「facebook」など)

上記に関するメールをTalknoteで確認することができます。複数のユーザーが対応できるようにしておくと、大切なメールを見逃してしまうリスクを減らせるでしょう。

セキュリティ

端末認証により、指定されたスマートフォンのみTalknoteにアクセスできるように設定することで、不正アクセスやハッキングの防止ができます。

近年、リモートワークが推奨されておりさまざまな環境で仕事をするようになっています。不正アクセスなどの危険から守るためにも、アクセスできるスマートフォンを制限するのが有効です。

暗号化通信データバックアップ
ユーザー管理シングルサインオン(SSO)
操作ログ管理二段階認証
アクセスログ管理ワンタイムパスワード
デバイス管理IPアドレス制限
プライバシーマークVPN接続
ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)BCP対策
ISO/IEC 27017(クラウドサービスセキュリティ)SLA(サービス水準合意)
ISO/IEC 27701(プライバシー情報)GDPR
JIS Q 15001(個人情報保護)CCPA
CSMS(IEC 6244321)(制御システムセキュリティ)ダブルオプトイン
ISO/IEC 20000(ITサービス)データ閲覧制限
情報セキュリティ安全対策適合証明データエクスポート制限
24時間365日監視AD連携

サポート

Talknoteで障害が発生した場合は、公式サイトでアナウンスされます。また、もしトラブルや問題が解決しない場合は、公式サイトの問い合わせフォームから相談できます。公式サイト上には「よくあるご質問」が用意されているので、解決方法をチェックすることも可能です。

電話
メール
チャット
運用コンサルティング
サポートサイト
ユーザーコミュニティ
セミナー

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. DX戦略が注目される理由や成功させるためのポイントを解説

  2. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  3. DXの進め方7つのプロセスや注意すべきことを詳しく解説

  4. 営業のDXとは?その意味や成功させる4つのポイントを解説

  5. DXリテラシーの意味や必要性・向上のポイントを徹底解説

  6. DX推進組織の編成タイプや作り方のポイント・成功事例

  7. 自治体DX推進計画とは?重要事項や4ステップを詳しく解説

  8. DX推進のための取り組み内容や6つの手順・成功事例

  9. DX戦略におけるフレームワークの重要性や5つの活用ポイント

  10. 中小企業こそDXを取り入れるべき理由と導入する際のポイント

  1. DX推進の必要性とは?導入するメリット・デメリットを解説

  2. クラウドサイン(Cloud Sign)とは?使い方、料金、評判などを解説

  3. Live!アンケートの機能・価格・評判を紹介!

  4. 【法務DX】電子契約推進のカギは組織横断的コミュニケーションにあり #SaaS導入ストーリー(クラウドサイン×ウォンテッドリー)

  5. CRMとSFAの違いとは?導入前に機能を比較してみよう!

  6. ComDeskの機能・価格・評判を紹介!

  7. Slack(スラック)とは?人気ビジネスチャットの使い方・メリットなど

  8. BizBaseテレマーケティングの機能・価格・評判を紹介

  9. BizMagicの特徴・価格・機能を紹介!

  10. JUST.SFAの特徴・価格・機能を紹介!