ラインワークスの使い方とは?評判・料金・機能も解説!

無料でダウンロードできるビジネスチャット選び方ガイド【2021年版】はこちら

LINE WORKS(ラインワークス)とは

ラインワークスとは
HPより

LINE WORKS(ラインワークス)とは、ワークスモバイルジャパン社が提供するビジネスチャットです。
一言でいえば、「ビジネス版LINE」であり、コミュニケーションアプリ「LINE」のような使い方で誰でも簡単に操作できます。また、ビジネスシーンに特化した機能やセキュリティを備えています。

ラインワークスの機能|カレンダーやビデオ通話もできる

ラインワークスの機能
©Art Alex – shutterstock

ラインワークスには、業務コミュニケーションを効率化する機能がたくさん備わっています。ここでは、ラインワークスの機能について紹介していきます。

チャット機能

ラインワークスのメイン機能はチャットです。多くの人が使い慣れているLINEと同じような画面と機能のため、説明不要ですぐに使い始めることができます。「ノート」機能やスタンプなど、馴染みのある機能が備わっています。

LINEと異なる点は、既読/未読の表示です。LINEでは、既読/未読や既読人数しか確認できませんが、ラインワークスではどのメンバーが既読/未読なのかを確認することができます。そのため、社内の情報共有がきちんとできているかを詳細にチェックすることができます。

チャットの主な機能

  • 「ノート」機能で情報共有や議事録として活用できる
  • 1000種類以上のスタンプを使って感情表現をすることができる
  • 「フォルダ」機能でファイルの管理や共有が可能

カレンダー機能|シフト管理や予定の共有ができる

ラインワークスには、予定が確認できるカレンダー機能があります。個人の予定はもちろん、メンバーの予定を共有して確認することができます。予定の招待や通知もできるため、効率的にスケジュールを管理することができます。また、タスク管理機能も備わっているため、業務の進捗状況を管理することが可能です。

カレンダーの主な機能

  • 招待された予定の承諾/未定/辞退を回答できる
  • メンバーの空き時間を自動的に検出して予定招待が可能
  • タスク管理で開始前/進行中/完了などの進行状況を管理できる

ビデオ通話|チャットから簡単に電話ができる

ラインワークスでは、LINEと同じように音声通話やビデオ通話が可能です。PCやスマートフォンなど、さまざまなデバイスで利用できるため、在宅勤務や出張などさまざまな場所でつながることができます。1対1の通話はもちろん、グループでのビデオ通話もトークルームから簡単に開始することができます。

ビデオ通話の主な機能

  • 最大200人で利用することができる
  • メンバーのプロフィールから通話を発信できる
  • 通話開始前にマイク・カメラチェックが可能

ラインワークスの便利な使い方

ラインワークスの便利な使い方
©hvostik – shutterstock

ここまで、ラインワークスのさまざまな機能を紹介しました。
次に、ラインワークスの豊富な機能を活用した便利な使い方をご紹介します。

日報を作成・共有する

ラインワークスには「ノート」機能があります。トーク内でノートを作成し、メンバーに共有することが可能です。連絡事項の共有や議事録など、さまざまな活用方法があります。

たとえば、ノートを使って日報を作成・共有することが可能です。オリジナルテンプレートを作成できるため、日報用にテンプレートを作成して利用することができます。ノートを作成すれば、簡単に日報を提出することができます。また、ノートにコメントを残してフィードバックをすることも可能です。コメントが追加されると通知が届くため、フィードバック内容をすぐに確認し、業務の改善につなげることができます。

さらに、ラインワークスでは写真や文書ファイルなども共有することができるため、現場の作業報告書の共有にも役立ちます。ノートや画像・文書の共有を組み合わせることで、社内メンバーと現場担当者の情報連携を迅速化・効率化します。

LINEと連携して外部ユーザーと連携が可能

ラインワークスがほかのビジネスチャットと異なるのは、LINEと連携することができるという点です。
ラインワークスの「外部トーク連携」機能を用いて、LINEユーザーや組織外のラインワークスユーザーとやりとりすることが可能です。
LINEユーザーとは、友だち追加をしてもらうことでトークをすることができます。ラインワークスユーザーとは、IDやQRコード、招待用リンクを使ってつながることができます。ラインワークスユーザーであればトークだけでなく音声・ビデオ通話も可能です。

また、ラインワークスには「アンケート」機能があり、外部のラインワークスユーザーやLINEユーザーにアンケートを実施することが可能です。この機能を使って、簡単に顧客や取引先に顧客満足度調査や意見調査をおこなうことができます。アンケートのLINEやラインワークスで実施することで、回答の回収や結果の集計をスピードアップさせることができます。

ラインワークスの料金は?無料・有料プランの比較も!

ここまで、ラインワークスの機能や便利な使い方を紹介してきました。
ここでは、ラインワークスの料金プランについて解説します。

ラインワークスには、フリープランを含め4つの料金プランがあります。無料プランでは、100人まで利用することができます一部機能の制限はありますが、チャットや音声通話、ノートなど基本的な機能を使うことが可能です。

有料プランは1ユーザーあたり月額300円から利用することができます。無料プランとの違いは、ユーザー数が無制限で使えること、使用できるストレージの容量や音声通話が可能な人数が増えること、カスタマーサポートを利用できることです。有料プランには広告が付かないため、使いやすさも向上します。

また、無料プランは監査ログやセキュリティの機能が限定的になっており、SLA保証(サービス品質保証)もありません。セキュリティの安全性や管理機能の充実を求める場合には、有料プランの利用が望ましいでしょう。

 
項目 フリー ライト ベーシック プレミアム
月額費用 0円 300円/1ユーザー 500/1ユーザー 1,000/1ユーザー
ユーザー数 100人まで 無制限 無制限 数無制限
ストレージ 5GB 100GB(1人当たり1GB追加) 1TB(1人当たり1GB追加) 10TB(1人当たり1GB追加)
音声通話・ビデオ通話・画面共有 1:1 200人まで 200人まで 200人まで
グループ機能(ノート/カレンダー/フォルダ)
ホーム(掲示板)
アンケート
管理とセキュリティ 限定的 制限なし 制限なし 制限なし
監査ログ/ダウンロード 監査ログ2週間/ダウンロード不可 監査ログ6カ月/ダウンロード可能 監査ログ6カ月/ダウンロード可能 監査ログ6カ月/ダウンロード可能
SLA保証 ×
カスタマーサポート ×
広告の表示なし ×
メール × × 30GB/ユーザー 無制限
Drive × × 30GB/ユーザー 1TB/ユーザー
タスク管理 × ×
アーカイブ × × ×

ラインワークスとLINE(ライン)の違いとは?

ラインワークスとラインの違い
©Bibit Unggul – shutterstock

ここまで、ラインワークスの機能や料金について解説してきました。
次に、ラインワークスとLINEとの違いについて紹介します。

ラインワークスとLINEの大きな違いは、法人向けの「管理機能」です。企業にとって情報管理は大切です。
ビジネスチャットを導入する際には、情報漏洩のリスクやトラブルに備えることが必要です。
ラインワークスの有料プランには、監査・モニタリング機能があり、利用履歴やIPアドレスなどのログを確認することができます。履歴の確認が可能なため、トラブル発生の場合にも安心です。

また、万が一、スマートフォンを紛失した場合にも、データ削除を遠隔でおこなうことができます。
また、ログインやファイル保存ができる端末を制限することもでき、情報漏洩を防止することができます。

ラインワークスの評判は?導入事例を紹介

ラインワークスの評判
©VectorKnight – shutterstock

ここまで使い方やLINEとの違いなど、ラインワークスの特徴について解説してきました。ラインワークスの評判はどのようなものなのでしょうか。ここでは、実際にラインワークスを導入した事例を紹介します。

現場担当者とのコミュニケーションを効率化|中村建設社

中村建設社では、ラインワークスを導入しました。同社ではオンプレミス型のグループウェアを使用していましたが、情報共有のスピードや情報セキュリティに課題を抱えていました。

そこでラインワークスを導入し、同時に社員にスマートフォンを支給して、社内の情報共有をラインワークスに移行させました。ラインワークスとスマートフォンの活用により、社内のコミュニケーションを迅速化することに成功しました。また、外部トーク連携を活用することで、外部の協力会社との連携もスムーズになっているといいます。

参考:東海地方で土木・建築・不動産業を展開する中村建設が全社員176名に「LINE WORKS」を導入|PR TIMES

顧客との非対面コミュニケーションを円滑に|中外製薬社

中外製薬社では、医療関係者とMR(医薬情報担当者)のコミュニケーションツールとしてラインワークスを導入しました。顧客との対面のコミュニケーションが難しくなっているなかで、非対面でも円滑な問い合わせ対応や情報共有をおこなうことを目的として導入されました。
医療関係者が使用しているLINEと連携できること、普段使い慣れているLINEと同じように使える点などが評価されています。

参考:中外製薬、MRを中心とする約2,400名にワークスモバイルジャパンの「LINE WORKS」を導入|PR TIMES

ラインワークスを活用して業務を効率化しよう!

いかがでしたか?ラインワークスにはLINEのような使用感や豊富な機能、安心のセキュリティ対策など、さまざまな魅力があります。ラインワークスを導入することで、社内外のコミュニケーションを効率化し、業務の生産性を向上させることができます。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、ビジネスチャットには、ラインワークスだけではなくさまざまなものがあります。以下の記事では、ビジネスチャットの特徴を比較・紹介しています。ビジネスチャットの導入を考えている方は、こちらもぜひご覧ください。

【関連記事】ビジネスチャットツール比較16選|機能や料金プラン【2021最新版】

また、「システムの選び方がわからない!」という方は、ビジネスチャット選び方ガイドを参考にしてみてください。8つの選定軸をもとに、自社に合うサービスの選び方をご紹介します。

こちらから無料でダウンロードいただけます。

関連記事

ピックアップ

新着記事 おすすめ
  1. 電子印鑑「シャチハタクラウド」とは?電子印鑑のメリット・デメリットも紹介!

  2. SMART Communication & Collaboration Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  3. 電子署名の仕組みをわかりやすく解説!立会人型・当事者型などの方式も

  4. 電子印鑑とは?電子署名との違いを比較│メリットや注意点も解説

  5. タイムスタンプとは|目的や方法、無料で使えるソフトも紹介!

  6. 電子署名を無料で作成する方法は?おすすめアプリも紹介!

  7. 電子署名とは?電子サインや電子印鑑との違い│効果やリスクも解説

  8. Desk@Cloudの機能・価格・評判を紹介!

  9. Lite FreshVoice(ライトフレッシュボイス)の機能・価格・評判を紹介!

  10. xSync Prime Academicの機能・価格・評判を紹介!

  1. Chat&Messengerの特徴・価格・機能を紹介

  2. InfiniTalkの特徴・価格・機能を紹介!

  3. RemoteMeetingの機能・価格・評判を紹介!

  4. コールセンターの立ち上げ方とは?必要なシステムやポイントを理解しよう

  5. 社内SNSのルール8選|導入を成功させるためのルールを紹介!

  6. HR PRIMEの機能・価格・評判を紹介!

  7. List Navigator.の機能・価格・評判を紹介!

  8. Web会議に必要なものとは?これさえあれば導入できる!

  9. InCircleの特徴・価格・機能を紹介!

  10. Zoho Sign(ゾーホー・サイン)の特徴・価格・機能を紹介!